小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

加速する円安と共にFXなどの為替取引が増加傾向

2022.06.12

2022年3月以降、円安が急激に進行し、米ドル/円をはじめとした為替相場全体が大きく動いた。日米金利差の広がりにより、3月1日に1ドル=114円台だったドル円相場は129円台に到達した。

その後、4月27~28日に開催された日銀の金融政策決定会合では大規模金融緩和の維持が決定され、利上げを行う米国との金融政策の方向性の違いが色濃く浮き彫りになり、4月末から5月頭には、一時1ドル=131円を超える水準まで円安が進み、2002年4月以来およそ20年ぶりの円安・ドル高水準となった。

5月のFOMC(連邦公開市場委員会)後、米金利上昇が一段落し円安も調整局面に入って反発の兆しも見えてきたが、マネックス証券はこのほど、ここまでの期間、為替が大きく動いた際の顧客の取引動向や求められている情報をまとめた上で公表した。

マネックス証券におけるFX(外国為替証拠金取引)の取引状況

1-1 約定金額(全通貨ペア)

1-2 約定金額(米ドル/円)

1-3 米ドル/円の為替相場とマネックス証券でのFXの相関(月次)

マネックス証券における2022年4月のFXでの取引は、2021年4月と比べ全通貨ペアで約定金額が増えた。特に米ドル/円は他の通貨ペアに比べ、さらに増えている。為替相場と約定金額を重ねてみると、相場の変動が見られたタイミングに取引が顕著に増えていることがわかる。今回の円安は、FXを行う人にとって大きな取引機会となった。

為替レポートの閲覧状況

マネックス証券のオウンドメディア「マネクリ」に掲載されたレポートの、4月、5月のPVランキングが公表された。

為替や、米国および日本国内の金融政策に関するレポートに注目が集まっていることがうかがえる。急激な相場変動を体感し、今後の為替相場、金融政策に関する情報を求めている人が多く、アクセスが伸びたといえるだろう。

マネックス証券 チーフ・FXコンサルタントである吉田恒氏の為替レポートの人気ランキングを見ると、5月に入ってからも続く円安についての情報を求め、4月以上にレポートが読まれる状況になっている。引き続き、為替相場、金融政策についてのニュース、識者のレポートが求められていることがわかる。

出典元:マネックス証券株式会社

構成/こじへい

DIME最新号の大特集は「今こそ大チャンス!2022下半期・逆襲の資産運用プラン」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

※主要オンライン書店は完売しています。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適です。1台持っておくと便利な今号の付録、ぜひ、ご活用ください。

※主要オンライン書店は完売しました。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

文/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。