小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

求職者のスキルよりパーパスを重視する企業の採用担当者が増えている理由

2022.06.10

 

一般的に「目的」「意味」と訳されるパーパス。ビジネスの現場においては近年、このパーパスが「企業の存在目的や社会的意義」といった意味合いで語られることが増えている。

ウォンテッドリーはこのほど、求職者1,182名、採用担当者158名からなる1,340名を対象とした「企業のパーパスと採用に関する調査」の結果を発表した。その一部を抜粋し、以下にて紹介する。

パーパスを〝かなり重視〟して入社する人は直近5年間で倍増

入社時にパーパスを重視した求職者の割合を入社タイミング別で比較すると、「かなり重視した」という回答が2017年の18%から2022年の36%へと倍増した。

一方、「採用時にスキルよりもパーパスへの共感度合いを重視することがある」と回答した採用担当者は32%に達している。

パーパスを重視すると回答した採用担当者を対象に、その理由を自由回答形式で聞くと、以下のようなコメントが寄せられた。

「スキルは身に着けるものであって、スキルを身に着けられる力、素養があるかを判断している。」(IT企業、創業10年以内、東京都)

「スキル要件に満たない方が選考に参加されている場合でも、パーパスへの共感度が高ければその後の成長や組織への貢献が増大すると考えております。具体的には最終面接時に2時間かけて擦り合わせをいたします。」(IT企業、創業11~30年、新潟県)

「特に新卒採用においてはそのようにしています。中途採用でも20代の第二新卒のような人材は、あまりスキルは問わず、パーパスへの共感度の方を重視しています。」(教育系企業、創業31~50年、東京都)

<調査概要>
・調査名:企業のパーパスと採用に関する調査
・対 象:求職者 及び 採用担当者(Wantedly利用者/非利用者の双方とも含む)
・期 間:2022年4月15日〜4月22日
・人 数:1,340名(求職者1,182名 及び 採用担当者158名)

出典元:ウォンテッドリー株式会社

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。