小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この秋登場するアップル「watchOS 9」進化のポイントをおさらい

2022.06.08

これまでにない心房細動履歴機能や、まったく新しい服薬アプリが登場

心電図や血中酸素濃度の測定など、次々と新しい機能を導入しているApple Watch。Appleは、そんなApple Watchをさらに進化させるべく、この秋予定の「watchOS 9」の詳細を発表した。

すべての人のための文字盤

Apple Watchの体験は、自分らしいスタイルを表現する機会を提供しながら、コンプリケーションを通じて適切な情報を一目で確認できる、文字盤から始まる。

watchOS 9には、中国文化、イスラム文化、ヘブライ文化などの多くの文化圏で使用されているグレゴリオ暦と太陰暦の関係を表現した「ルナー」、アーティストJoi Fulton氏とのコラボレーションによって生まれたApple Watchだけのダイナミックなアート作品「プレイタイム」、クラシックでDigital Crownを回すとスタイルが変化するタイポグラフィが強調された文字盤「メトロポリタン」、完全に生まれ変わり、新しい星図と現在の雲のデータを表示したオリジナル文字盤「アストロノミー」の4つの新しい文字盤が追加さた。

watchOS 9では、「ユーティリティ」「シンプル」「アクティビティアナログ」などのいくつかの最もクラシックな文字盤に強化され現代化されたコンプリケーションが新たに追加されているほか、「モジュラー」「モジュラーコンパクト」「特大」の背景色を編集してさらにパーソナライズが可能に。

新しい「ポートレート」の文字盤では、猫、犬、風景などのより多くの写真で深度エフェクトが使える。また「カリフォルニア」と「タイポグラフィ」の文字盤にはオプションとして漢字が追加された。

集中モードでは、「パーソナル」集中モードの間は「写真」の文字盤を表示するといったように、iPhoneで特定の集中モードを開始した際にApple Watchに自動的に表示される文字盤を選択できるため、ユーザーが集中するのに役立つ。

ワークアウトアプリケーションのアップデート

Apple Watchで最も人気の高いアプリケーションの1つであるワークアウトアプリケーションがアップデートされ、パフォーマンスの測定のためのより詳しい指標と新しいトレーニング体験がユーザーのフィットネス目標の達成をサポートしていく。

お馴染みのセッション中の表示は、Digital Crownを回して読みやすいワークアウト表示を切り替え、ユーザーはさまざまなトレーニングスタイルの重要な指標を確認できるようになる。

「心拍数範囲」は、手動で作成することも、パーソナライズされたヘルスケアのデータを使って自動的に計算することもでき、ワークアウトの強度のモニタリングに役立つ。

インターバルトレーニングはどのようなトレーニング計画でも重要な役割を占めている。watchOS 9ではワークアウトアプリケーションにカスタムワークアウトが追加され、運動と休憩のインターバルを含む構造化されたワークアウトを作成できるようになった。

ペース、パワー、心拍数、ケイデンスなどの新しい通知を追加し、ワークアウト全体を通じてユーザーをガイドする。

トライアスロン選手向けに、ワークアウトアプリケーションは「マルチスポーツ」という新しい種類のワークアウトに対応するようになり、モーションセンサーを使用して動きのパターンを認識し、スイミング、サイクリング、ランニングの一連のワークアウトが自動的に切り替わるようになる。

それぞれのワークアウトが終わると、フィットネスアプリケーションの新デザインの概要ページに、その他の詳細とインタラクティブなグラフが表示され、より正確な分析に役立つ。

すぐに走り出せるように

Apple Watchはランナーにとってすでにパワフルなツールとなっており、watchOS 9では、ユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立つさらに多くのデータと機能を追加。

「歩幅の長さ」「接地時間」「上下動」などの新しい「ランニングフォーム指標」のすべてを指標としてワークアウト表示に追加することができる。

これらの指標はフィットネスアプリケーションの概要とヘルスケアアプリケーションに表示されるため、ユーザーは長期的な傾向を確認してパターンを把握することが可能に。

ユーザーは自己ベストまたはよく使うコースの前回の記録のどちらかを選んで競争でき、そのペースより速い、または遅れているという通知や、コースから外れた時に通知をワークアウト中に受け取ることができる。

さらに、新しいペース体験では、ユーザーは距離と完走時間の目標を設定することができ、目標を達成するために必要なペースが計算され、表示されるペース通知や指標をワークアウト中に確認することができる。

スイミングの機能強化

プールスイミングワークアウトの新しいストロークタイプとしてキックボードが検知されるようになった。

ユーザーがキックボードを使って泳いでいる時、Apple Watchはセンサーフュージョンを用いて自動的に認識し、ワークアウトの概要ではストロークタイプと泳いだ距離が分類される。

スイマーは、プールの端から端まで泳ぎ終えるのにかかったストローク数と秒数を合わせたSWOLFスコアによって泳ぎの効率を記録し、ワークアウトの概要で各セットの平均SWOLFを確認することができるようになる。

Apple Fitness+ワークアウトを最大限に活用

Apple Fitness+は、Apple Watchを中心に考えられた最初のフィットネスとウェルネスのためのサービスで、あらゆる人に受け入れられるようにデザインされている。

Apple Watchからワークアウトの指標をiPhone、iPad、Apple TVの画面にリアルタイムで賢く取り込み、開始から終了まであらゆるレベルのユーザーのモチベーションを維持していく。

watchOS 9ではユーザーがワークアウトを最大限に活用できるようにするため、トレーナーのコーチングに加えて「Intensity for HIIT, Cycling, Rowing, and Treadmill」「Strokes per Minute (SPM) for Rowing」「Revolutions per Minute (RPM) for Cycling」「Incline for walkers and runners in Treadmill」などのガイダンスがFitness+ワークアウトの画面上に表示されるようになる。

Apple TVがないFitness+のサブスクリプション登録者は、AirPlayを使って対応している他社製テレビやデバイスにワークアウトやメディテーションをストリーミングして画面上で指標を確認でき、どこでもいつでもトレーニングできるようになるのだ。

睡眠に関する詳しい情報

Apple Watchの睡眠体験はすでに、就寝準備や就寝時刻のスケジュールを立てたり、睡眠状態を記録して目標を達成したりするために役立っている。watchOS 9では睡眠記録に睡眠ステージが加わり、さらに詳しい情報が提供されることに。

Apple Watchは加速度センサーと心拍数センサーからの信号を使って、ユーザーがレム睡眠、コア睡眠、深い睡眠の状態にあることを検知する。

ユーザーはApple Watchの睡眠アプリケーションで睡眠ステージのデータを確認したり、iPhoneのヘルスケアアプリケーションのグラフで睡眠時間などの詳細な情報や、心拍数や呼吸数などの追加の指標を確認することができる。

機械学習モデルは、これまで実施されたウェアラブルの調査において最大数で最も多様な被験者を対象とした睡眠ポリグラフ検査の1つの臨床データと照らし合わせてトレーニングと検証が行われた。

睡眠の科学については現在も研究が進められており、ユーザーはリサーチアプリケーションを通じてApple Heart and Movement Studyに睡眠ステージのデータを提供していく。

これまでにない心房細動履歴

現在、Apple Watchの心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能によって心房細動(AFib)の兆候を特定することができる。心房細動は、治療をせずに放置すると脳卒中につながるおそれがある主な疾患の1つだ。

研究調査によると、心房細動の継続時間は、その人の症状、全体的な生活の質、合併症のリスクに影響を与える可能性があるとされている。

これまで、心房細動の頻度を長期にわたって記録したり、健康状態に影響を及ぼす可能性がある生活習慣関連因子を管理するための簡単な方法はなかった。

アメリカ心臓協会によると、修正可能な生活習慣関連因子を対処することで、心房細動の継続時間が減少する可能性があるとされている。

watchOS 9では、心房細動と診断されたユーザーは、FDA認可の心房細動履歴機能を有効にし、心拍リズムに心房細動の兆候が現れたおおよその頻度などの重要情報にアクセスすることで、健康状態についてより詳しい情報を得ることができる。

また、毎週届く通知によって頻度を把握したり、ヘルスケアアプリケーションで、心房細動に影響を及ぼす可能性がある睡眠、アルコール摂取量、運動などの生活習慣関連因子を含む詳細な履歴を確認したりできるようになるのだ。

ユーザーは心房細動に関する自身の詳細な履歴と生活習慣関連因子の情報が記載されたPDFをダウンロードして医師や医療従事者と簡単に共有し、より詳しい情報に基づいた会話に役立てることができる。

服薬

Apple WatchとiPhoneの新しい服薬の体験では、ユーザーが服薬リストを作成し、服用スケジュールとリマインダーを設定し、薬の情報をヘルスケアアプリケーションで確認することによって、薬、ビタミン、サプリメントの管理と記録ができるようになる。

Apple Watchの服薬アプリケーションによって、ユーザーは薬の服用を便利に目立たず、いつでもどこでも簡単に記録が可能に。

1日複数回、1週間に1回、頓服などそれぞれの薬の服用に関するカスタムスケジュールを作成し、リマインダーを設定して記録に役立てることができる。

米国のユーザーは、ヘルスケアアプリケーションに追加した薬の間で重大な相互作用を引き起こす可能性がある場合に通知を受け取ることができる。

プライバシー

プライバシーは、Appleのすべての機能にわたる設計と開発の基礎にある理念だ。ユーザーのiPhoneがパスコードや、Touch ID、またはFace IDでロックされている場合、ヘルスケアアプリケーションにある健康とフィットネスのデータは、メディカルIDを除いてすべて暗号化される。

iCloudにバックアップされたヘルスケアアプリケーションのデータはすべて、送受信中もAppleのサーバ上で保存されている時も暗号化される。

提供について

watchOS 9はこの秋リリース予定だ。iOS 16が搭載されたiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降とペアリングされているApple Watch Series 4以降に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供される。

一部の機能は、国や地域、言語、またはデバイスによっては利用できない場合も。提供される機能は変更される場合がある。

「大切な人とつながり続け、よりアクティブな毎日を過ごし、健康をより良く管理するために役立つApple Watchは、世界中のユーザーに愛されています。この秋、watchOS 9は、自分だけのApple Watchにするためのさらにクリエイティブな方法をユーザーに提供しながら、フィットネス、睡眠、心臓の健康に関する科学的に検証された知見によって、Apple Watchの体験を次のレベルに押し上げます」とAppleのCOO(最高執行責任者)、ジェフ・ウィリアムズ氏は述べている。

関連情報:https://www.apple.com/jp/watchos/watchos-preview/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。