小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

その服で出かけて大丈夫?ビジネスパーソンがおさえるべき休日コーディネート3つのポイント

2022.06.12

普段はスーツ姿でキマっているのに「私服には無頓着」というビジネスパーソンは案外多い。今回はビジネスパーソンが休日コーディネートで抑えるべきポイント、取り入れることでおしゃれ上級者になれるアイテムなどを紹介しよう。

ビジネスマンが私服コーデで抑えるべき3つのポイント

 

1.「清潔感」は基本中の基本

「清潔感」は確実に抑えておきたいポイント。シワ・靴の汚れ・臭いなどがあるだけで、ハイブランドのアイテムでもチープな雰囲気が出てしまう。また若い世代の人であればシワや汚れがあって、若々しさ+ダーティでもファッションとして成立するのだが、コーデを組むのが少し難しい側面が強いので注意しよう。

2.大人の魅力を倍増させる「ラグジュアリー感」

大人の男性が抑えるべきは「ラグジュアリー感」。ジャケットやスラックス、レザーシューズなど、どこかにドレスライクで品のあるアイテムを差し込むことでクリーンな渋さを演出できる。まずはワンポイントとして「ドレスライクなアイテム」を取り入れてみよう。

3.トレンドの「リラックス感」もお忘れなく

今はリラックス感がトレンド。特にすぐに真似できる「ビックシルエット」はおすすめの着こなし。ただ「トップスの着丈が長すぎないこと」「パンツの丈が長すぎないこと」この2点は注意すべきポイントだ。

そうそう、ビックシルエットが流行り続けている理由を知っているだろうか?一つとしてECなどが時代を席巻しており、失敗が少なくなるサイズ選びとして、ゆとりのある服が選ばれるようになり、ビックシルエットがここまで世間に浸透したという話がある。こういった細かい知識を知ってると自ずとトレンドを追える大人になるのかもしれない。

ワンランク上のコーディネートは洋服だけじゃない

もちろん、ファッションは洋服だけで完成するものではない。髪型や装飾品やメイク、そして洋服やその人の個性が全て混ぜ合わさることでコーディネートが出来上がる。

髪のセットも抜かりなく

人の視線はまず顔・手元・足元に向かう。リモートワークなどで上半身しか映らない...なんてことも多くなってきた昨今だからこそ、髪型のセットは覚えていて損はない。

髪のセットについても髪型に合ったワックスやオイル、バームなどで寝癖を直したり、ボリュームを抑えるくらいでいいのだ。休日なのでそこまでガチガチに決める必要はない。清潔感を保つ意味でもいい印象を髪型から与えてみては?

小物で差別化

これも視線が集まる手元や顔まわりの首元などを彩ってくれる心強いアイテム。洋服のバリエーションが少なくなる季節は味気なさが大敵。その味気なさがなくなるだけで、ぐんとコーディネートに幅を持たせることができる。

小物の数は全体で4個くらいに絞るとまとまりが出る!さらにそのアイテムの中でも色味を合わせることがポイントで、おすすめのカラーはマットなシルバー。

この夏に使える必見アイテム3選

綺麗めにも使えるデニムパンツ

今季特にきているのがデニムだ。ただ、上手に履かないとデニムはヤボったく見えてしまうのが心配な人も多いだろう。では綺麗めにも着れるデニムとは何か?それは色が深いことと、センタープレスがかかっているものだ。この特徴を持つデニムはまさに休日にはもってこいである。

暑い日でも蒸れないゴアテックスの靴

暑い日の靴の中は蒸れてしまい、汗の匂いが気になることもある。そんな時に「GORE-TEX」を使った靴を履けば安心。防水透湿を兼ね備えているので機能性は抜群。種類も多くのブランドから出ているので、この夏はこの基準で選んでみるのもいいだろう。

秋口にも活躍するボーダーTシャツ

前年からトレンドとしてあるボーダーTシャツ。無地では飽きてしまうが、カジュアルすぎるもの...と思う方も多いだろう。色やボーダー幅で遊びつつも、秋口にもインナーとして使える万能アイテムを手に入れてみてほしい。

必見アイテムを取り入れつつ、ファッションから仕事もプライベートも楽しめるようになるだろう。また夏の暑い時期を乗り切るヒントの一助になれば嬉しい。

文/犬山ポチ郎

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。