小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ランドローバーが3列シート8人乗りの新型SUV「DEFENDER 130」を発売

2022.06.05

「DEFENDER」の走破能力の幅広さを示す究極のモデルが登場

ランドローバーは、世界中で高い評価を得ている「DEFENDER 90」と「DEFENDER 110」というラインアップに、フルサイズの3列シートを備え最大8人でのアドベンチャーを可能にする「DEFENDER 130」を新たに導入し、優れた走破性を誇るオールテレインモデルである「DEFENDER」ファミリーを拡充する。

この「130」は「90」、「110」と同様に、オリジナルの「DEFENDER」ファミリーの名前から引継ぎ、ボディデザインもインスピレーションを得たものとなっている。最大8人の乗員がどんな地形でも快適に移動することができ、「DEFENDER」の走破能力の幅広さを示す究極のモデルとなる。

そして、「130」のグレード展開は「SE」、「HSE」、「X-DYNAMIC」、「X」、「FIRST EDITION」となる。全機種に20インチアロイホイールを標準装備し、パワートレインは直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(P400)またはディーゼルエンジン(D300)から選択可能となっている。

エレガントなエクステリアデザイン

「DEFENDER」のアイコニックなシルエットは、比類なきオールテレイン走破能力を損なうことなく、エレガントに後部を340mm延長し、3列すべてのシートに、広々とした室内空間を提供。「DEFENDER」ファミリー共通の特徴を備えながら、「130」は、リアオーバーハングを延長し、3列目シートとラゲッジスペースをさらに拡大した。

エレガントなそのシルエットには「130」限定のエクステリアカラーとして、セドナレッドを採用し、デザインを強調するとともにさらなる深みと洗練さとをもたらしている。なお、標準装備のパノラミックガラスルーフに加え、3列目の頭上には2つ目のサンルーフが付く。

ランドローバーのエンジニアは、「DEFENDER」の特徴的なリアデザインを継承するため、ボートテールスタイルのアップリフトをつけ、ユーザーが「DEFENDER」に期待する抜群のオールテレイン走破能力を最大限に高め、28.5°のデパーチャーアングル(オフロードモード設定時)を実現した。さらに、リアのLEDライト周りのデザインを見直し、「DEFENDER」のサイドプロファイルの特徴である3本のラインがリアに向かってわずかに上昇するデザインを踏襲している。

また、広いラゲッジスペースの使い勝手はそのままに、「DEFENDER」ラインアップの頂点に立つモデルとして、ボディ同色のハードシェルスペアホイールカバー、ナルヴィックブラックのルーフレールを標準装備し、「DEFENDER」の4つのエクステリアアクセサリーパック(エクスプローラーパック、アドベンチャーパック、カントリーパック、アーバンパック)も選択可能となっている。

そして、「130」の洗練されたプロポーションを強調するのが、オプションのエクステンデッドブライトパック。この仕様では、ロアーボディパネルをすべてセレスシルバーサテンフィニッシュにし、ハクバシルバー、フジホワイト、ユーロンホワイトのボディカラーとのコントラストを生み出す。「130」の全グレードでボンネットルーバーとサイドフェンダーにセレスシルバーのディテールを採用しており、これを20インチのルナアロイホイールを組み合わせている。アロイホイールはブライトシルバーも選択できる。

また、ノーブルクロームのフロント&リアスキッドプレート、グロスブラックのロアバンパーとホイールアーチエクステンションを装備し、ブライトパックを拡張したものもある。この2つのオプションにより、個性的で洗練されたエクステリア仕上げを選択することができる。

広々としたインテリアはカラーやマテリアルのオプションも充実

「130」では、そのタフで堅牢なキャラクターとこれまで以上に広い室内空間を無理なく調和させ、より洗練されたエクスペリエンスを求めるユーザーのために、カラーやマテリアルのオプションを充実させた。

ランドローバーのエンジニアは、ホワイトボディにインテリアのパッケージングコンポーネントを効果的に取り入れることで印象的な室内空間を作り出し、ボディサイズを極端に大きくすることなく、使用可能な室内スペースを最大化させた。

そのエレガントに伸長したリアが、妥協のない居住性を3列目にもたらし、大人3人が快適に座れる十分な幅を確保するとともに、「DEFENDER」ならではのアウトラインにより3列すべてのシートにゆったりとしたヘッドルームを確保している。さらに、シートヒーターやパッド入りアームレスト、よく考えられた収納スペース、移動中もデバイスを充電できるUSB-Cポートなど、3列目の快適な乗り心地を叶える様々な工夫をしている。また「130」の個性あふれる魅力にマッチしたカーペットを随所に配している。

そして、大きなウィンドウが3列すべての座席からの素晴らしい視野を確保するだけでなく、パノラミックガラスルーフに加えて3列目シートの頭上に2つ目のサンルーフを標準装備し、車内全体を明るく開放的にした。さらに、各列にベンチレーションを設け、ダクトを追加することで、限定オプションである4ゾーンクライメートコントロールによる冷暖房の能力を高め、快適性を向上させている。

2列目と3列目は少しずつ高くなるスタジアムシートを採用しており、これにより後部座席の乗客はより良い視界を得ることができる。2列目シートを前方にスライドして倒すことで広い乗り込み口を確保できるため、3列目への乗り降りも簡単。またラゲッジスペース内のボタンで「DEFENDER」の電子制御エアサスペンションを下げ、楽に荷物を積み込むこともできる。

さらに、「130」は広々とした実用的なラゲッジスペースを誇り、3列目シートを使用した状態でも最大389リットルの容量を確保。使用しないときはシートを格納するとさらに大きなラゲッジスペースになり、使う人のニーズに合わせたインテリアアレンジが可能。またシートは40:20:40の分割可倒式で、利便性を高めている。

なお、助手席、2列目および3列目の両外側のシートの最大5箇所にISOFIXチャイルドシートのアタッチメントを装備している。「130」(5人乗り)の場合、2列目、3列目のシートを格納すれば最大2,516リットルの広大なラゲッジスペースが出現する。

そして、新しいインテリアオプションやディテールが洗練された室内空間を演出。ノーブルクロームディテールをエアベントコントロールと電動シートのスイッチに採用し、スピーカーのエレメントはブライトセレスシルバー、アームレストのヒンジはアトラスで仕上げ、エクステリアのエクステンデッドブライトパックと調和させている。

また流木からインスピレーションを得た新素材のナチュラルライトオークウッドパネルは、ナチュラルでモダンな雰囲気を醸し出し、ライトオイスターパーフォレイテッドウィンザーレザーシートとマッチするオプション。トップロールとダッシュボードフープはルナで仕上げ、ホワイトパウダーコートのクロスカービームと相まって深みとコントラストが生まれる。ヴィンテージタンパーフォレイテッドウィンザーレザーは「DEFENDER」の全ラインアップで選べるオプションだが、「X-DYNAMIC」グレードではデュオトーンのロバステックファブリックも選択可能となっている。

この「130」は「90」と「110」と同様、11.4インチの大型タッチスクリーンを備えたインフォテインメント「Pivi Pro」を標準装備しており、鮮明で直感的なディスプレイを介して車両の主要機能を簡単に操作できる。カーブしたガラス製のインターフェースを通して最先端の機能を素早く提供。シンプルなメニュー構成に加えて、Software-Over-The-Air(SOTA)によって常にソフトウェアを最新の状態に保つことができる。

さらにドライバーは、好みやよく使う機能に合わせて画面レイアウトを自由にパーソナライズできる。学習機能を備えたインテリジェントなシステムで、普段よく使う道を認識してルートのアドバイスをしたり、走り慣れたルートではスマートボイスガイダンスで音声ガイダンスを少なくしたりなど、使えば使うほどより利便性が高まる。

また、空気清浄システムプラス(ナノイーX、PM2.5フィルター付)を「130」で初採用し、標準装備した。このナノイーXテクノロジーと組み合わせて室内を快適な空気環境に整える。そして、CO2マネジメントとPM2.5キャビンエアフィルターが室内外の空気を監視し調整。さらにスマートフォンから遠隔操作が可能で、乗る前から快適な室内環境に設定できる。

MHEVテクノロジーを採用した効率的なパワートレイン

「130」のパワートレインのラインアップは、マイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジーを採用した直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(P300、P400)と、INGENIUM直列6気筒ディーゼルエンジン(D250、D300)から選択できる。

MHEVテクノロジーを備えたランドローバー独自開発の直列6気筒INGENIUMパワートレインは、シームレスなレスポンスと優れた燃費が特徴。さらに48Vのベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BiSG)を搭載し、ブレーキと減速で通常失われるエネルギーを蓄電し、そのエネルギーを走行時に動力として活用するほか、ストップスタートシステムの起動スピードと効率性の向上にも寄与している。

■3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(MHEV)
・P300:最高出力300PS、最大トルク470Nm/1500-4250rpm、0-100km/h加速8.0秒(0-60mph加速7.5秒)
・P400:最高出力400PS、最大トルク550Nm/2000-5000rpm、0-100km/h加速6.6秒(0-60mph加速6.3秒)

■3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)
・P250:最高出力250PS、最大トルク600Nm/1250-2250rpm、0-100km/h加速8.9秒(0-60mph加速8.4秒)
・P300:最高出力300PS、最大トルク650Nm/1500-2500rpm、0-100km/h加速7.5秒(0-60mph加速7.1秒)

iAWDシステムとZF製8速AT標準装備による優れた走破能力

「130」にはランドローバー独自のインテリジェントオールホイールドライブ(iAWD)システムとZF製8速ATを標準装備している。iAWDテクノロジーは効果的・効率的にパワートレインとフロントアクスル・リアアクスル間のトルク配分を制御することで、必要に応じてオンロードでの効率性とオールテレイン走破性を最適化する。

また「130」は電子制御エアサスペンションに加えてアダプティブ・ダイナミクスとランドローバー独自の高度なテレインレスポンスシステムを装備し、あらゆる環境下で卓越したオールテレイン走破能力を発揮しドライバーに自信をもたらす。これらの先進システムによりどんな悪路でも快適かつゆとりのある走りを実現し、俊敏なパフォーマンスを発揮する。

そして、電子制御エアサスペンションシステムは最大430mmのアーティキュレーションを誇り、オフロードモードではフロントは71.5mm(リアは73.5mm)上がり、障害物の乗り越えや水中走行(最大渡河水深900mm)をアシスト。そのオフロード性能を制御するのはランドローバー独自のテレインレスポンスシステムとなる。さらに「Pivi Pro」タッチスクリーンから地形に応じてドライビングエクスペリエンスを最適化できる。

加えて、「DEFENDER」の圧倒的なオールテレイン走破能力の基盤となっているのがランドローバー独自開発のアルミニウムモノコックアーキテクチャー「D7x」。25kNm/degものねじり剛性を実現し、従来のフレームボディより3倍の強度を誇る。その全輪に独立懸架エアサスペンション、ツインスピードトランスファーギアボックス、iAWDを搭載している。

さらに「130」は、最大3,000kgのけん引能力を備え、テールゲート内のスイッチでコントロールできる電子制御エアサスペンションでヒッチも簡単に取り付けられる。そして、取り外し可能なマルチハイトトウバーにより、簡単に牽引できる。

なお、ランドローバーは、エリザベス女王の在位70年を祝し、特別な「130」を女王陛下と英国赤十字社へ献上する。ランドローバーのエンジニアが、女王陛下がパトロンを務められる慈善団体の担当者とともにつくりあげ、この特別なクルマは今年後半に稼働される予定。

ランドローバーは1954年から、世界最大の人道支援組織である国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)を支援してきており、長年にわたる関係を築いている。2019年にワールドプレミアした新型「DEFENDER」のテストプログラムには、ドバイにあるIFRCのグローバルフリートベースの専門スタッフが参加した。

ジャガー・ランドローバーのヴィークル・プログラム担当エグゼクティブ・ディレクターであるニック・コリンズ氏は次のようにコメントしている。

「『130』は、当社の最も耐久性に優れた堅牢なファミリーの能力を新たなレベルへと引き上げます。その極上の快適さを備えた広々とした室内には最大8人を迎え入れ、かつてない洗練されたアドベンチャーの機会を家族にもたらします。ユニークなデザインで、他に類をみない新しい『DEFENDER』エクスペリエンスを提供します」

【主要諸元】

全長:5,358mm
全幅:2,008mm(ドアミラー格納時)
全高:1,970mm
ホイールベース:3,022mm
最小回転半径(タイヤ外縁):12.84m
フロントオーバーハング:845mm
リアオーバーハング:1,491mm
アプローチアングル(※):37.5°
デパーチャーアングル(※):28.5°
ブレイクオーバーアングル(※):27.8°
最低地上高(※):290mm
アーティキュレーション:430mm
最大渡河水深:900mm
ルーフ最大積載重量:静荷重 300kg、 動荷重 168kg
最大けん引重量:3,000kg
最大積載重量:750kg(8人乗り)、800kg(5人乗り)

※オフロードモード設定時

関連情報:https://www.landrover.co.jp/vehicles/defender/index.html

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。