小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスパーソンが保有する現金や預貯金以外の金融資産TOP3、3位株式、2位投資信託、1位は?

2022.06.05

インフレの加速による値上げラッシュ、不安定な国内景気、欧米と比較し30年間上がらない給料など……消費者を悩ませるお金のニュースは尽きない。

そんな中、総合転職エージェントのワークポートは、全国の現役ビジネスパーソン262人(20代~40代・男女)を対象にした「給料への満足度や、資産形成に関するアンケート調査」の結果を発表した。

60.3%が「今の給料に不満」、「とても満足している」はわずか6.9%

今回の調査対象者全員に、現在の勤務先(離職中の人は直近の勤務先)の給料に満足しているか聞いたところ、「まったく満足していない」と答えた人が27.1%、「あまり満足してない」と答えた人が33.2%となり、60.3%もの人が満足していないことがわかった。そのうえ、「とても満足している」と回答した人はたったの6.9%にとどまった。

77.4%が「給料アップに期待できない、ベアは非現実的」

さらに対象者全員に、現職での給料アップにどれぐらい期待できそうか聞いたところ、「まったく期待できない」と答えた人が38.5%、「あまり期待できない」と答えた人が38.9%となり、77.4%もの人が期待できないと考えていることがわかった。

給料の水準上昇に期待を抱けないことも、給料への不満につながっているかもしれない。「とても期待できる」と回答した人がわずか1.9%にとどまったことを考慮すると、ベースアップはますます非現実的と捉えられていることがうかがえる。

87.0%もの人が「給料が上がっていない」と回答

対象者全員に、コロナ禍以降、給料に変化があったか聞いたところ、半数を超える58.8%もの人が「変わらない」と回答した。「下がった」と回答した28.2%の人を合わせると、87.0%もの人の給料が上がっていないといえる。6割以上もの人が給料に満足していないという前出のデータを裏付ける結果となった。

2022年4月7日~4月14日に弊社で実施した、マネーリテラシー(お金の知識)に関する調査にて、お金の知識をもっと身につけたいか聞いたところ、「もっと身につけたい」と回答した人が83.6%を占めた。

理由として、「給料だけでは生活していけないほど生活が苦しいから」、「給料が上がらないから運用で増やすしかないと思うから」など、給料のみでは貯蓄や資産形成が難しいことへの不安が挙げられていた。

物価上昇など家計を圧迫する話題が尽きない一方で、上がらない給料に危機感を持つ人は少なくないようだ。また、「老後が心配だから」など、老後への不安から資産形成や投資の知識を身につけたいと考える人も多くいた。今回の調査結果と合わせると、給料が上がらないという現状が、給料への不満、将来への不安につながっているようすがわかった。

60.7%の人が預貯金以外の金融資産を保有

対象者全員に、現金、預貯金以外の金融資産を保有しているか聞いたところ、「保有している」と回答した人は60.7%に及んだ。

銀行の超低金利が長期化し、銀行に預けてさえいれば安心という時代は終わった。預貯金だけでは満足のいく資産形成が難しい中、半数以上の人が投資や現金以外の資産の保有などの行動を起こしていることがわかった。

現金、預貯金以外の金融資産で保有しているのは生命保険、投資信託、株式

現金、預貯金以外の金融資産を「保有している」と回答した人に、どんな金融資産を保有しているか聞いたところ、「生命保険(掛け捨て以外)」が最も多い56.0%に及ぶ結果となった。

怪我や病気、事故など備えたい事柄毎にたくさんの種類がある保険商品。自身の状況などに合わせて、選べる安心さが人気を集めたのかしれない。また、株など他の金融資産と比較してメディアや広告など、目にする機会が多いうえに相談窓口も豊富な点も手に取りやすい要因となっているのではないだろうか。

次いで、「投資信託」が50.3%を占めた。積立NISAやiDeCoなどの積立投資の非課税制度を利用して投資をしている人も多いと思われる。さらに「株式」も46.5%と上位に挙がった。ポイント投資サービスが普及するなど、「投資信託」や「株式」はより保有しやすくなっている。これらは資産運用の手始めに、選ばれやすい金融商品であることがわかった。

一方で、なにかと注目が集まる仮想通貨などの暗号資産の保有者は少数派だった。デジタル資産に関するトラブルのニュースが相次いでいることから敬遠されているのかもしれない。

今回の調査から、給料が上がりにくいうえに、超低金利で預貯金だけではなかなか満足のいく資産を築けない現状から脱出するために、現金以外の資産を保有しておこうとする人も多いことがわかった。

自身の金融知識が低いと感じている人も多いようだが、世界的にも不安定な情勢が続き先行きが不透明な中において、自分自身の未来を守っていくためには最低限のお金の知識を身につけ、家計や資産と向き合っていくことが大切なのではないだろうか。

<調査概要>
調査内容 :ビジネスパーソンの給料と資産形成について
調査対象者:当社を利用している全国のビジネスパーソン (20代~40代・男女)
有効回答 :262人  調査期間 :2022年4月7日~4月14日
※データは小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合がある。

出典元:株式会社ワークポート

構成/こじへい

※掲載している情報は2022年4月28日時点のものとなります。

DIME最新号の大特集は「今こそ大チャンス!2022下半期・逆襲の資産運用プラン」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

※主要オンライン書店は完売しています。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適です。1台持っておくと便利な今号の付録、ぜひ、ご活用ください。

※オンライン書店は完売しました。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

文/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。