小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レクサスがラグジュアリーSUV「RX」の最新モデルを公開、ラインアップにPHEVを追加

2022.06.03

レクサスは、新型ラグジュアリーSUV「RX」を世界初公開した。日本での発売は、2022年秋頃を予定している。

5代目となる新型RXでは「Lexus Driving Signature」がさらに進化

初代となるRXは、1998年北米にてラグジュアリーSUVのパイオニアとして誕生した。2005年には、レクサス初のHEVモデル「RX400h」を発売し、ラグジュアリーSUV市場に初めてHEVモデルを導入。電動車でもパイオニアとして常に優れた走行性能と環境性能の両立を追求し、1998年から2022年4月末時点まで、約95の国と地域で累計約350万台を販売。レクサスのコアモデルとして、進化を遂げてきた。

5代目となる新型RXでは、ラグジュアリーSUV市場のパイオニアであり、レクサスブランドを牽引するグローバルコアモデルであるからこそ変革に挑戦し、全面刷新を遂げた。1つ目の挑戦は、「対話できるクルマ、走って楽しいクルマ」への挑戦。車両の素性を徹底的に磨き上げ、レクサスの原点である上質な乗心地と高い静粛性を大切にしながら、「Lexus Driving Signature」を更に進化させた。

RX500h F SPORT Performanceには、RZに続き、電動化技術を活用した四輪駆動力システム「DIRECT4」を採用。新開発のハイブリットシステムと組み合わせることにより、レスポンスの良い伸びやかな加速を実現。緻密な四輪駆動制御で、前後輪のグリップ力を最大限に活かし、車両姿勢のコントロールも行いながら、ダイレクトかつトルクフルで気持ちのいい、電動車の新たな走りを実現している。

また、グローバルコアモデルとして、より一層多様化する顧客のニーズやライフスタイルに寄り添いながら、カーボンニュートラル社会実現に貢献すべく、多彩なパワートレーンを設定した。

2つ目の挑戦は、デザインの変革。エクステリアデザインでは、新たな走りを予感させる、踏ん張り感のあるスタイルを表現。レクサスの独自性を追求した「スピンドルボディ」という塊感のあるボディと、冷却機能を両立するフロントグリルが一体となった造形とした。

インテリアデザインでは、人間中心の「Tazuna Concept」に基づいた、クルマとドライバーがより深く直感的につながり、操ることを楽しめるドライバー席と、開放的で快適な居住空間の両立を目指した。

新型RXの主な特徴

 

■クルマの素性を徹底的に鍛え上げ、レクサスならではの乗り味を進化

・慣性諸元の優れたパッケージの実現
・高い運動性能を実現するGA-Kプラットフォームとマルチリンク式サスペンション搭載
・高剛性ボディと軽量化の両立
・レクサスの原点である上質な乗心地と高い静粛性の実現

■走る楽しさを追求したパフォーマンスモデル「RX500h F SPORT Performance」を導入

・ドライバーの意図に忠実な走りを支える四輪駆動力システム「DIRECT4」
・リヤに高出力モーターeAxleを搭載した新開発ハイブリットシステム「2.4L-T HEV」
・走行時の車両姿勢をコントロールするブレーキ車両姿勢制御
・高い取り回し性と高速での安心感を実現する大舵角DRS

■多様化するニーズに寄り添った多彩なパワートレーンラインアップ

・電動化技術による新たなドライビング体験を実現する「2.4L-T HEV DIRECT4」(RX500h)

・クラストップレベルのEV航続距離と力強い加速性能を実現する「2.5L PHEV E-Four」(RX450h+)

・低燃費と気持ちの良い走りを実現する「2.5L HEV E-Four/FF」(RX350h)

・トルクフルでダイナミックな走りを実現する「2.4L-T AWD/FF」(RX350)

■機能的本質や動的性能に根差したプロポーションと独自性の追求

・新たな走りを予感させる、低重心で踏ん張り感のあるスタイル
・レクサスの新たなフロントアイディンティティの表現、「スピンドルボディ」
・走りの楽しさを最大化させるコックピット
・開放感ある広がりと乗員全員が包み込まれる空間
・魅惑的な独自性と上質さを表現するエクステリアカラーと品格のある空間を演出するインテリアカラー

■人間中心の考え方に基づいた最新の予防安全機能

・先進の予防安全技術Lexus Safety System +
・快適な移動を支えるLexus Teammate
・先進技術による新たな体験価値


Lexus International 新型RX チーフエンジニア 大野貴明氏のコメント

初代RXがラグジュアリーSUVとして誕生して24年。これまで世界各国の多くのお客様にご愛顧をいただきました。5代目となる今回、「運転が楽しい」という喜びをより多くのお客様へお届けしたいという想いのもと、レクサスのグローバルコアモデルだからこそ、守りに入らず、変革に挑戦してきました。

「このクルマに乗って走ること自体が楽しくなった」、「同じドライブでも、もっと気持ちいい感覚になれた」、そんな素の自分になれるクルマを目指して、徹底的にクルマの素性を鍛え上げ、新たな走りや、魅惑的でありながらも機能に根差したデザインを追求し続けてきました。開発と生産が一体となり、お客様に寄り添い、人生を豊かにする愛車となれるように、新型RXを最後まで妥協せずにつくり込んでまいりました。ぜひご期待下さい。

【主要諸元】(プロトタイプ)
全長:4,890mm(±0)
全幅:1,920mm(+25)
全高:1,695mm(-10*1)
ホイールベース:2,850mm(+60)
タイヤサイズ:19/21インチ
( )内は従来型差

関連情報:https://lexus.jp/models/rx/worldpremiere/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。