小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホユーザーの3割が「気がつくと長時間利用」「睡眠時も近くに置いている」

2022.06.03

 

携帯電話・スマートフォンとライフスタイルに関する調査

2010年頃から急速に普及を始めたスマートフォン。生活に浸透してまだ10年しか経っていないが、普及前の生活を思い出すのに苦労を要するのではないだろうか。

そこでインターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコムは、6回目となる『携帯電話・スマートフォンとライフスタイル』に関するインターネット調査を2022年4月1日~5日に実施。10,016件の回答を集めたので、その回答状況についてお伝えしていこう。

携帯電話・スマートフォンの利用状況

主にスマートフォンを利用している人は9割弱、主に携帯電話を利用している人は約8%。携帯電話またはスマートフォン利用者のうち、2台以上利用している人は2割弱、男性10・20代では3割強となっている。

携帯電話またはスマートフォンの1日あたりの利用時間

携帯電話またはスマートフォンを利用する時間は、1日あたり「15分未満」がスマートフォン主利用者では1割強、携帯電話主利用者では7割強。

「1時間以上」はスマートフォン主利用者で6割弱、携帯電話主利用者で8%となっている。スマートフォン主利用者では「1時間以上」が2018年以降増加傾向に。

携帯電話またはスマートフォンですること

スマートフォン主利用者がすることは(複数回答)、「メール」「LINEなどのチャット、ショートメッセージなどのやりとり」「Webサイトの検索」が各50%台、「通話:電話回線」「写真を撮る」「ニュースサイト・アプリの利用」が各5割弱となっている。

過去調査と比べて、「ニュースサイト・アプリの利用」「ポイント管理」「支払い・決済」「オンラインショッピング」が増加傾向、「メール」「通話:電話回線」が減少傾向となっていた。

携帯電話主利用者がすることは(複数回答)、「通話:電話回線」が77.5%、「メール」が60.7%であった。

携帯電話またはスマートフォンの利用に関する意識・行動

携帯電話またはスマートフォンの利用についてあてはまるものを選んでもらった(複数回答)。

スマートフォン主利用者では、「気がつくと長い時間スマートフォン・携帯電話を利用している」「睡眠時も、スマートフォン・携帯電話を近くにおいている」が各3割弱、「手持無沙汰になると、無意識のうちにスマートフォン・携帯電話を手に取っている」「スマートフォン・携帯電話のない生活は、退屈・不安に感じる」が各2割弱という結果に。

携帯電話主利用者では「いずれもあてはまらない」が8割弱となっていた。

携帯電話またはスマートフォンがないと困る度合い

スマートフォン主利用者のうち、スマートフォンがないと困ると思う人は約75%。携帯電話主利用者で携帯電話がないと困ると思う人は4割強という結果に。困ると思う人は女性で比率が高く、女性10~50代では各80%台となっている。

回答者のコメント

新型コロナウイルス感染拡大による、スマートフォン・携帯電話利用に関する変化(全3,786件)

・アルコールウエットティッシュなどでこまめにスマホをふくようになった。(男性27歳)
・スマートフォン用ゲームで実際の友達やオンラインでプレイする事が増えた。(男性35歳)
・家族との連絡ができなくならないように、充電の頻度が増えた。(男性51歳)
・コロナ禍において、孫との無料TV会話が多くなりました。(男性71歳)
・アプリにコロナの接触アプリを入れて、感染の有無をチェックするようになった。(女性21歳)
・コロナ関連のニュースを見るため、ネットニュースをよく見るようになった。検索する内容が変わった。以前は旅行など外出に関する情報を調べることが多かったが、今は家や近場でできる情報を探すようになった。(女性37歳)
・学校の役員会が、集まる頻度が減り、LINEでの連絡が増えた。(女性43歳)
・電子コミックを読むようになった。昔は課金にすることに抵抗があったが、ここ数ヶ月は課金してでも、読みたいと思う。以前より、課金が増えた。(女性45歳)

調査概要
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2022年04月01日~04月05日
回答者数:10,016名
設問数:7~9問(自由回答の設問が1問含まれる)ローデータには約30項目の登録属性がつく
調査機関:マイボイスコム株式会社

関連情報:https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=28509

構成/Ara

ベッドサイドに置いておくと便利!いろんな場所で使えるDIME最新号の付録「Qi対応ワイヤレス充電器」の活用法

現在、発売中の雑誌「DIME」7月号には、付録でQi対応ワイヤレス充電器が付いているのをご存知だろうか。この充電器は、スマホの充電の煩わしさを解消するアイテムで、充電する時はスマホを上に置いておくだけでOK。いちいちケーブルを端子に接続する必要がなく、置いたらすぐに充電が開始されるというものだ。利用できるのはワイヤレス給電規格Qi(チー)対応のスマートフォンやワイヤレスデバイスで、最近の機種であれば、iPhoneもAndroidも、ほとんどがQiに対応している。

じつは、この充電器、サイズもコンパクトなので、比較的、使う場所の自由度が高く、USBから給電するため、汎用性も高い。購入者の間で便利だと話題になっているが、リモートワークをしながらPCにつないで使ったり、キッチンで料理を作っている時に使ったり、クルマの中で車載用充電器として使ったり、オフィスの休憩スペースで共用したり、様々なシーンで使われているようだ。

中でも、特におすすめしたいのが、就寝時にベッドサイドで使用する方法だ。寝室で就寝中にスマートフォンを充電している人は多いがほとんどの方が有線ケーブルを使っている。ただ、急に電話がかかってきた時に、いちいちケーブルを外す手間を煩わしいと感じる方は多いだろう。そんな時、このワイヤレス充電器があるとサッとスマートフォンをピックアップできるので便利。また、充電中は本体からうっすらとLEDライトが点灯するため、ちょっとした間接照明にもなる。

黒い充電台の縁に、シリコン素材を採用。底面にも滑り止めの素材を用いているので、本機はもちろん、そこにセットしたスマホも滑りにくい。10W給電をサポートするスマホなら急速に充電でき、電池ゼロでも使える状態へすぐに"復旧"できる。これを使いこなして、スマホのバッテリーをスマートにキープしよう。

※主要オンライン書店は完売しています。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

DIME最新号の特別付録はQi対応ワイヤレス充電器、特集は「逆襲の資産運用プラン」「最強のiPad仕事術」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

※主要オンライン書店は完売しています。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適。1台持っておくと便利なこの付録、ぜひ、活用してみてほしい。

※主要オンライン書店は完売しました。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

文/DIME編集部

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。