小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

編集部に届いた謎のペーパークラフト、「OPPO Reno A」シリーズの新モデルを大予測!【PR】

2022.06.01PR

OPPOからDIME編集部に、新しい『OPPO Reno A』シリーズの発売を予告する、ちょっとユニークな案内状が送られてきた。そこには「New Reno A 2022.6」の文字とともに、なんとスマートフォンのペーパークラフトが!というわけで、早速組み立ててみた。

ペーパークラフトを組み立ててわかった新モデルの姿とは…?

これを組み立てれば、新しいスマートフォンのことがわかるかも!

手先の器用な編集部員が、ていねいに組み立てていくと……。

『OPPO Reno A』といえば、指原莉乃さんを起用したCMでも話題を集めた、同社の人気シリーズ。2019年10月に防水・防塵、おサイフケータイに対応した初代『OPPO Reno A』が発売されて以降、2020年6月に『OPPO Reno3 A』、2021年6月に『OPPO Reno5 A』と、毎年新製品が発売されてきた。そして今年、2022年6月にも新作がリリースされるということだろう。

初代『OPPO Reno A』のキャッチコピーは、「いろいろと余裕のスマホ。」だった。『OPPO Reno3 A』では「余裕が進化したスマホ。」、『OPPO Reno5 A』は「カメラで選ばれたい5Gスマホ。」

ということは、次はどんなスマホになるのか…?

できあがったペーパークラフトの完成品がこちら!

添えられていた文章には、――これまで『OPPO Reno A』シリーズで3世代にわたってユーザーの声をじっくり聞いた中、「卓越した一つのスペックだけでは、いい製品はつくれない」と確信した……とある。

初めて手にした瞬間のときめき、
長時間使用しても安心なバッテリー、
万が一に備える強固な筐体、
手に馴染むデザイン、
長年使っても衰えにくいサクサク感、
などなど。

一人ひとりの使用シーンに寄り添い、
みなさんの多様なチェックポイントを吟味して、
「絶妙なバランス」を極めたものだけが、OPPOの製品となります。

つまり、新しい『OPPO Reno A』には、このようにユーザーに寄り添った機能が備わっている……ともとれる。

これを踏まえた上で、新『OPPO Reno A』のペーパークラフトと、現在発売中の『OPPO Reno5 A』を比較し、そこからわかることをチェックしていきたい。

まずは正面から。新『OPPO Reno A』のディスプレイサイズは、約6.5インチの『OPPO Reno5 A』と同じくらいにも見える。注目すべきポイントは、画面内に配置されているマーク。ひょっとしたら指紋認証センサーが配置されているのかもしれない。もしそうだとしたら、画面内指紋センサーは有機ELディスプレイで採用されているため、新『OPPO Reno A』も液晶ではなく有機ELである可能性が高い。一般に液晶よりも有機ELの方が、黒が締まってコントラストの高い映像表現が可能になるため、新『OPPO Reno A』のディスプレイ性能には期待が持てそうだ。

画面内指紋認証センサーを採用ということは……。

続いて背面。やはり『OPPO Reno5 A』にあった指紋認証センサーがなくなっている。カメラはその位置を示す枠があるだけで、どんなカメラがいくつ搭載されているのかはわからないが、枠の横にははっきりとFelicaのマークが見てとれる。新『OPPO Reno A』にも引き続きFelica(おサイフケータイ)が搭載されているとみて、間違いないだろう。なお、カメラの枠は『OPPO Reno5 A』よりもほんの少し、大きくなっているように見える。これは何を意味するのか、楽しみに待ちたい。

カメラスペースの横にははっきりとフェリカマークが!

デザインが一新される可能性大!

最後にデザインにも注目してみよう。カラーが何色あるかはわからないが、その中には淡いブルーが含まれるようだ。正確なサイズもわからないが、ディスプレイ同様、『OPPO Reno5 A』と大きく変わらないようだ。ただし、形状はかなり違う。『OPPO Reno5 A』では側面が丸く、角のないデザインが採用されていたが、新『OPPO Reno A』は側面がフラットで、すっきりしたデザインに見える。今回、デザインが一新されている可能性大だ。

側面がフラットで角を活かしたデザインに見える。

ここまで、案内状およびペーパークラフトからわかったヒントは以下のとおり。

・「初めて手にした瞬間のときめき」 → こだわりのデザイン、カラー
・「長時間使用しても安心なバッテリー」 → 大容量バッテリー
・「万が一に備える強固な筐体」 → 堅牢ボディかつ防水・防塵対応!?
・「手に馴染むデザイン」 → コンパクト、あるいは薄型のサイズ
・「長年使っても衰えにくいサクサク感」 → 長く使える工夫!?

・画面サイズは『OPPO Reno5 A』と同等か少し小さい!?
・画面内指紋認証を備えた有機ELディスプレイを採用!?
・Felica対応
・カラーには淡いブルーが含まれる
・側面がフラットな新デザインを採用!?

さらに、本日から公開されているOPPOのティザーサイトにも、何かヒントが隠れているかも。ティザーサイトでは、中の人が新しい『OPPO Reno A』について語っているほか、ユーザーの声も募集中。サイトからコメントを入力すると、なんと抽選でOPPOのスマートフォンがもらえるとのことなので、ぜひチェックしてみよう。 

https://www.oppojapan.com/new-reno-a/

豪華賞品が当たるクイズ企画を開催!

DIME編集部では、新スマートフォンの仕様を三択クイズとして出題し、読者のみなさんと一緒に発表時に答え合わせを楽しむ……という企画を考えた。

題して

DIMEと一緒に挑戦! 新『OPPO Reno A』はこうなる!?

全問正解者の中から抽選で5名様にOPPO提供のワイヤレスイヤフォン『OPPO Enco Free2』をプレゼント!
ぜひ以下からご応募ください!

http://p.sgkm.jp/enquete_202206

問1 新しい『OPPO Reno A』のデザインは、現行モデル『OPPO Reno5 A』に比べて?

1.薄くなる
2.厚くなる
3.変わらない

問2 新『OPPO Reno A』のディスプレイサイズは?

1.約6.5インチ
2.約6.4インチ
3.約6.3インチ

問3 新『OPPO Reno A』に搭載されない機能は次のうちどれ?

1.IPX8・IP6X相当の防水・防塵機能
2.3.5mmイヤホンジャック
3.顕微鏡カメラ

問4 新『OPPO Reno A』のバッテリーは?

1.4000mA
2.4500mAh
3.5000mAh

ティザーサイトでも予告されているように、OPPOでは616日に発表会を予定。ライブ配信を見ながら、DIME編集部と一緒に答え合わせを楽しもう!

取材・文/DIME編集部 撮影/ANZ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。