小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ウクライナ情勢、利上げ、物価高、米国株は今、買いなのか?

2022.06.30

米国株

コロナ禍において米国株は手堅い投資対象だった。しかし、2022年に入ってからインフレ、利上げ、ウクライナ情勢など米国株に影響を与える出来事が続々と起こっている。米国株を専門とするYouTuber・ロジャーパパさんに米国株の今後について気になる疑問をぶつけた。

ロジャーパパさんYouTuber  ロジャーパパさん
チャンネル登録者数10万人。投資歴14年(日本株10年、米国株4年)。昨年11月、GAFA勤続10年目にしてFIREを達成。

〝利上げ〟は米国株にとって大事なターニングポイント

 2020年3月以降、米国では異次元の金融緩和政策と呼ばれるゼロ金利政策が行なわれていました。そのため米国株はS&P500のような指数に連動した銘柄を買い続けるインデックス投資をしておけば利益の出せるやさしい相場でした。

 しかし、昨年末より米国では消費者物価指数(CPI)が適正なインフレ率を遥かに上回る水準で伸びてきており、今年3月、FRBはついに2年間続けたゼロ金利政策をやめ、利上げすることを決めました。

 これにより米国株は金融相場から業績相場に移行するので、これまで以上に個別銘柄もしくは特定セクターに注目する必要があるでしょう。

【投資スタンス3か条】

(1)投資対象は米国株のみ
(2)高配当銘柄に長期・分散投資
(3)コア・サテライトで守りながら攻める

Q1  利上げで米国株は値下がりしてしまう?

A1 「利上げ」=米国株の下落とは限りません!

利上げ前後、金融相場から業績相場に移行する時には、金融相場の含み益の売り逃げによる株価の下落などによって相場が調整される「中間反落」が起こり、市場全体で株価は低迷してしまいます。S&P500のような指数を見ても下落していますし、グロース株にとっても逆風です。しかし、決してネガティブな状況ではなく、企業決算が市場予想よりいいものであれば、業績相場にうまく移行し株価は上がっていくものです。長期投資ではこういったタイミングで投資をやめるのではなく、バリュー株を見つけ投資することが大事です。すでにSPYD、HDVといった高配当ETFが見直され、年初以来株価は上がり調子です。

利上げとは?
連邦準備理事会(FRB)による金融政策。インフレを抑制し市場を安定化するために、お金の動きを引き締めることが目的で行なわれる。

Q2  インフレに強いのはどんな株?

A2  コモディティーセクターに注目しています

コモディティー関連はインフレに強いと感じます。特にエネルギー関連企業は、インフレによって原油価格が上昇してもそのまま小売価格であるガソリン価格に転嫁しやすいため、株価の上昇が期待できる。しかし、例えばエクソンモービルとシェブロンのどちらがいいのかといった判断は難しいので、「エネルギー・セレクト・セクター SPDR ファンド(XLE)」のようなエネルギーセクターを中心とした分散型のコモディティーETFに投資するのがいいでしょう。

exxonmobil

chevron

Q3  ウクライナ危機は株価にどんな影響を及ぼす?

A3  過度に心配する必要はないでしょう

過去、米国株は今回以上の下げ幅もすぐに回復しているので、私は問題ないと見ています。ウクライナ情勢で懸念されるエネルギー問題にしてもアメリカは資源大国ですし、米国企業のロシアからの撤退の影響も数%マイナスの微々たるものです。コア戦略として、S&P500や全米株式のインデックス投資をしているならば、今は買いの好機と捉えるべきでしょう。

S&P500

リーマンショックや世界大戦など、S&P500は過去100年間において、30%以上の暴落を8回経験している。しかしすべての暴落から必ず回復し、最高値を更新している。

Q4  2022年後半にかけて米国株は上がる? 下がる?

A4  正直なところ、わかりません

企業決算が良く業績相場にうまく移行できれば株価も上昇していくとは思いますが、一方でインフレだけが進み消費マインドが冷え込むと企業の業績も伸びずにスタグフレーションが起こってしまう。どちらになるかは現段階で判断できるものではありません。しかしどちらの場合でも、コア・サテライト戦略のコア部分は株価の上下に左右されずに投資を続けること。そのうえでサテライト部分はその時々の状況の中で上昇しそうな銘柄を見極めること。これができれば、米国株全体が上がるか、下がるかを判断する必要はありません。

Q5  初心者は米国株で何を買えばいい?

A5  コアもサテライトもETFがおすすめ!

コアの部分はやはりS&P500に連動したETFがおすすめです。そこで基盤をつくりつつ、サテライトで市場平均以上の銘柄を探していきたいのですが、初心者の方はまずコモディティーやエネルギーといったセクターや興味のある指数に連動したETFに投資をするのがいいと思います。そうすることで市場と値動きの関係を学べるので、投資を続けるうえで必要な感性を磨くことができます。

ETFとは?

ETF

上場投資信託のこと。株式だけでなくコモディティーや不動産、債券などの指数に連動した投資信託でありながら株式市場に上場されている銘柄のこと。1銘柄で分散投資が可能。

ロジャーパパさんのYouTubeチャンネルでは「米国株」以外に「FIRE」についても解説!

2021年11月にFIREを達成したロジャーパパさん。完全FIREではなく、YouTubeの広告収入やセミナーなどの「好きなことによる収入」(サイド収入)を確保したサイドFIREである。そこに至るまでの経緯や理論、そしてFIRE後の悩みにも触れており、これからFIREを目指している人には必見の動画になっている。

テンバガー米国株を掴んでGAFA正社員を卒業!FIRE始めました【米国株投資】

テンバガー米国株を掴んでGAFA正社員を卒業!FIRE始めました【米国株投資】

取材・文/峯 亮佑

※掲載している情報は2022年4月28日時点のものとなります。

DIME7月号の大特集は「2022下半期・逆襲の資産運用プラン」

2022年上半期はオミクロン株の大流行やウクライナ情勢など波乱の幕開けとなった。年初から下落基調だった日経平均株価は依然として不安定な値動きが続いている。下半期に向けても円安や原油高など、先行き不透明な状況の中、今後の投資方針を決めかねている個人投資家も多いだろう。この先の資産運用はどうすればいいのか?

DIME最新号の特集では厚切りジェイソン、テスタ、天野ひろゆき、AKB48武藤十夢、里崎智也、投資系YouTuber、エコノミストなど15人の賢者たちに、2022年の下半期に着実に資産を増やすヒントを徹底取材。さあ、逆襲の時が来た!

豪華付録「Qi対応ワイヤレス充電器」はカバンに常備しておくと便利!

DIME最新号には豪華付録「Qi対応スマホのワイヤレス充電器」が付いてくる。しかも、USB端子のあるノートPCやモバイルバッテリーにつないで使えるので、外出先する時にカバンにしのばせておくと、電池残量が切れそうになっても安心だ。

また、USB端子のあるクルマやコンセント、ベッドなどでも使えるのは便利! スマホを充電端子につなぐ必要がなく、置くだけですぐに充電が始まるのはストレスがなく、とても快適です。1台持っておくと便利な今号の付録、ぜひ、ご活用ください。

【セブンネットショッピングで買う】
https://7net.omni7.jp/detail/1234852233

 

文/DIME編集部


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。