小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アフガニスタン難民のドキュメンタリー映画「FLEE フリー」がアニメーションで描かれた理由

2022.05.31

■連載/Londonトレンド通信

大海原を漂流する小舟を思い浮かべてほしい。

幸いなことに、そんな経験をしたことはない。これからもないよう願いたいが、映画では珍しくないシーンだ。

そこに、大きな船が見えてくる。「助かった!オーイ、オーイ」、喜びにあふれ、手を振り大声を上げるところだ。

だが、その状況で、手放しで喜べないケースとは?

敵の船では?というケースはありそうだ。そんな戦争映画を観た気もする。思いつくのはそれくらいだが、今回のケースは違う。難民だからだ。

船が、難民を受け入れる国のものかはわからない。たとえ命がつなげても、その後どうされるかもわからない。

聞けばなるほどと思えるが、今まで考えたこともなかった。ボートにすし詰めにされた難民のニュースを見ても、可哀そう、と上から目線の感想で止まっていた。

今回の映画『FLEE フリー』(6月10日公開)は、そこで止まることができない。

アフガニスタンからの難民アミン(仮名)が打ち明ける、デンマークにたどり着くまでの物語だ。Fleeには、逃げる、逃れる、避難する、の意味がある。

それから20年を経て、デンマークで学者になった36歳のアミンには、同性のパートナーがいる。

難民にだって、知的な人もいれば、いろいろなセクシュアリティの人もいるだろう。そんなあたりまえのことに、まず気づかされる。ひとかたまりとして見えていた難民も、それぞれ固有の物語を生きてきた、個々の主体なのだ。

アミンの打ち明け話は、アニメーションで描かれる。

アミンと家族の身の安全を守るためだ。アニメーションドキュメンタリーにされたこと自体が、難民という立場の危うさを物語る。当時の記録映像は、実写で差し挟まれる。

語る声は、アミン自身の声を使っている。彼の語りで、1人の難民が、かたまりから抜け出て、アミンというくっきりしたキャラクターとして立ち現れる。

聞き役は、ヨナス・ポヘール・ラスムセン監督だ。

ラスムセン監督は、アミンにとって、デンマークの学校で知り合った長年の親友だ。だからこそ、20年間秘密にしていた話を打ち明けることができたのだろう。

ラジオと映像の両方でドキュメンタリーを作ってきたラスムセン監督は、聞くプロでもある。

アミンへのインタビューは数年に渡り行われた。ラスムセン監督は、培ってきたテクニック、語る人を横たわらせ目を閉じさせ、当時の風景、匂い、感情を呼び起こす、を使い、アミンから生々しい記憶を引き出した。

アニメで再現された記憶は、家族が散り散りになっていく過程でもある。
 

反体制派と疑われた父親が当局に連れ去られた後、母と子はモスクワに逃れ出る。母親は、そこから子どもたちをヨーロッパに逃がそうとする。その手段を手配する金額は、低いものではない。何とか工面し手配できても、試みが成功するとは限らない。

冒頭の状況になれば、漂流したまま命尽きることもある。アミンと姉たちの文字通り命をかけたモスクワ脱出は、それぞれに複数回試みられる。

その中で、アミンは自身のセクシュアリティにも向き合う。

可哀そうでは済まされないように、アミンの感情も哀しいだけではない。恥ずかしさ、後ろめたさを抱く出来事もあれば、暖かく思い出される人もいる。

デンマークで暮らしを築けたアミンだが、それまでの経験を誰にも明かせずにいた。語ることを決意したのは、トラウマとなった記憶に蓋をしていくことが、先へ進むことの足かせになっていったからだ。

明かせない秘密があることで、アミンと周囲の間には距離ができた。それは、パートナーとの関係でも障害になった。

自分は誰なのか、故郷とは何なのか。

そうして完成した映画は、パーソナルな思い出を超えるものになった。

生きるために逃げる、逃げながら生きるとはどういうことか、難民として生きるとはどういうことか、考えずにはいられない。


(C)Final Cut for Real ApS, Sun Creature Studio, Vivement Lundi!, Mostfilm, Mer Film ARTE France, Copenhagen Film Fund, Ryot Films, Vice Studios, VPRO 2021 All rights reserved

文/山口ゆかり
ロンドン在住フリーランスライター。日本語が読める英在住者のための映画情報サイトを運営。
http://eigauk.com

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。