小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ前と比べて国際線のサービスやルールはどう変わった?

2022.05.29

コロナ後、海外旅行のスタイルはどう変わる?【飛行機編】

新型コロナウィルス感染症が報告されて約2年半。徐々に日常の生活に戻りつつある今後の「海外旅行」のカタチはどう変わっていくのだろうか?コロナ前と今の国際線の飛行機のサービスがどう変化してきたかをレポートしよう。

機内に預ける受託手荷物ルールの変更

筆者は先月、アメリカから日本行きのデルタ航空を利用したが、以前は受託手荷物は2個まで無料だったが、現在は2個目から有料になっていた。この変更は2021年5月3日以降に購入した航空券から適応され、コードシェア、ルート、シートクラス、会員のランクによって異なるが、通常のエコノミーシートの場合は、アメリカ⇔日本間は今まで2個目まで無料だった受託手荷物が1個までとなった。

アメリカン航空にも問い合わせたところ、デルタ航空同様に無料は1個までとのことだったが、今のところ全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)の国際線(日本⇔アメリカ)は今まで通り2個まで無料のようだ。しかし、アメリカ系の航空会社が1個にしたことを皮切りに、もしかしたら今後、海外旅行の無料受託手荷物の個数が変更になるかもしれない。

少なくとも筆者は、日本からアメリカに帰る場合は荷物が増える。今回はコロナ前で予約していたフライトの変更のため、そのままクレジットが残っていたデルタ航空を利用したが、今後は無料受託手荷物の数も予約する際確認して、選ぶ必要が出てくる。

機内サービスの変化:機内食が少なくなった?!

機内でのサービスは、コロナ前と今回では、さほど違いがないように思えた。エアラインによって異なるかもしれないが、デルタ航空は今まで通り、シートにクッションや毛布は置かれており、イヤホンも配布。機内エンターテイメントも変化がなかった。

ただし、機内食は少し変わったように思えた。まず、いつも食事についていたカトラリーは、食事前にテーブルマットと使い捨てのカトラリーセットが配られるようになった。

そして、機内での大きな変化と言えば、機内食の量が減ったように思える。今まで、味はともかくトレーいっぱいに食事がのっていたが、メインの食事も副菜もスタイリッシュになったものの、すべて小ぶりになった。味はメニューによって異なるが、今までより手が込んでいるように思えた。

この量の違いはコロナ禍の影響かどうかわからないが、個人的には質重視になったのは嬉しい。ただし、男性にはちょっと物足りない量なのではないかと思えた。

食事以外の大きな変化は、機内での免税販売がなくなったことだ。今まで、国際線ではカートで免税販売が行われていたが、その販売はなく、機内誌や免税誌もなくなっていた。

マスク・消毒ルール

これは運航する航空会社のルールや目的地により異なるが、日本発のフライトの場合は、引き続きマスクルールは当分続きそうだ。今回、筆者はアメリカから日本行きのフライトを利用したが、その時はマスク着用の義務化はなく、マスクをする人も少なかった。

また、機内に入るときに消毒を強制させられることもなく、機内の空気循環システムが向上しているおかげか、機内では今まで通りに過ごせた。

国際線のフライト料金は上昇傾向

到着後の隔離期間の緩和もあり、海外旅行へのハードルは徐々に低くなり、今年のゴールデンウィークは、制限がなくなったこともあり、海外旅行へ出かけた人も多かったと聞く。

ただし、円安やウクライナ情勢で燃油価格が上昇。6月からは国際線の燃料サーチャージが大幅に引きあがった。例えば、全日本空輸の場合は、日本発着のアメリカ行きは(ハワイを除く)は片道で37,400円のサーチャージ額がかかる。(日本航空は為替により値段が変動する)

そして、インバウンドの受け入れも徐々に進みつつあるため、今後はフライト料金が高くなることが考えられ、「海外旅行に行きたくともフライト料金が高くて行けない」状況になる恐れもある。

アメリカでは、現在ホテル代も高騰しており、コロナ前の倍以上になったところもある。それらを考慮すると、コロナの制限がなくなりつつあるが、円安もあり、以前のように「格安で海外旅行」へ行くことはまだまだ難しいように思える。

※記事内容は掲載時の状況のものです(2022年5月現在)。

文/舟津カナ

編集/inox.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。