小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

育休取得経験者に聞く、育児と仕事の両立で得られたものと失ったもの

2022.05.31

2022年4月より、改正育児・介護休業法の段階的な施行が始まった。これによって企業には、従業員が育児休業を取得しやすい環境づくりが今まで以上に求められることになる。

では実際のところ、育児休業に協力的な会社はどれくらいの割合で存在するのだろうか?

ダイヤモンド・コンサルティングオフィスはこのほど、自身とパートナーが育休を取得した経験があり、現在は育休から復帰。育児(未就学児)と仕事を両立しながら総合職で勤める会社員101名(男性46名、女性55名)を対象に、「育児と仕事の両立」に関する実態調査を実施した。

取得した育休日数、女性の45.5%が「3ヵ月以上」で男性より15.0ポイント高い

「Q1.あなたが取得した育児休業日数を教えてください。」(n=101)と質問したところ、男性(n=46)は「5日未満」が21.7%、「2週間~1ヶ月未満」が21.7%、女性(n=55)は「1ヶ月~3ヶ月未満」が27.3%、「3ヶ月~6ヶ月未満」が20.0%という結果になった。

育休取得、女性の96.4%、男性の91.3%が「会社は協力的だった」と回答

「Q2.育児休業を取得した際に、会社は協力的でしたか。」(n=101)と質問したところ、男性(n=46)は「非常に協力的だった」が47.8%、「やや協力的だった」43.5%、女性(n=55)は「非常に協力的だった」が54.6%、「やや協力的だった」が41.8%という結果になった。

協力的な姿勢を感じた結果、女性の96.2%、男性の90.5%が「会社に対する貢献意識の高まり」を実感

Q2で「非常に協力的だった」「やや協力的だった」と回答した方に、「Q3.協力的な姿勢を感じた結果、お勤め先の会社に対する貢献意識(ロイヤリティ)は高まりましたか。」(n=95)と質問したところ、男性(n=42)は「非常に高まった」が38.1%、「やや高まった」が52.4%、女性(n=53)は「非常に高まった」が37.7%、「やや高まった」が58.5%という結果になった。

女性の98.2%、男性の86.9%が「取得した育児休業よりも、さらに日数を取りたかった」と回答

「Q4.取得した育児休業よりも、さらに日数を取りたかったと思いますか。」(n=101)と質問したところ、男性(n=46)は「非常にそう思う」が45.6%、「ややそう思う」が41.3%、女性(n=55)は「非常にそう思う」が43.6%、「ややそう思う」が54.6%という結果になった。

育児と仕事の両立で得られたもの、「仕事とプライベートを切り離し、無駄な残業がなくなった」や「家族との信頼関係」など

「Q5.育児と仕事を両立した結果、得られたものを教えてください。」(n=101)と質問したところ、「仕事とプライベートを切り離し、無駄な残業がなくなった」や「家族との信頼関係」など57の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・仕事とプライベートを切り離して考えられるようになり、無駄な残業がなくなった。(36歳・女性)
・子育ての大変さとそれに伴うストレス、両立することの大変さへの理解。(32歳・男性)
・家族とのコミュニケーション。(33歳・男性)
・育児と仕事、両方のやりがいと大切さ。(33歳・男性)
・充実感や子どもに対する愛情の再認識。(37歳・女性)
・精神的に豊かな生活。(29歳・女性)
・家族との信頼関係。(32歳・男性)

育児と仕事の両立で失ったもの、「円滑なキャリアアップ」や「自分の自由な時間や同僚との飲み会など」など

「Q6.育児と仕事を両立した結果、失ったものを教えてください。」(n=101)と質問したところ、「円滑なキャリアアップ」や「自分の自由な時間や同僚との飲み会など」など58の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・円滑なキャリアアップ。(29歳・女性)
・自分の自由な時間や同僚との飲み会など。(36歳・女性)
・子どもの成長を見続けることができず、世話をしている人から子どもの様子を聞くことになり、悲しかった。(43歳・女性)
・仕事に打ち込む時間と子どもとの時間の両方。(44歳・女性)
・仕事での成果。(32歳・男性)
・時間とコストがかかる。(44歳・男性)

90.1%が、「テレワークの実施」は育児との両立にプラスに働いていると回答

「Q7.テレワークの実施は育児との両立にプラスに働いていると思いますか。」(n=101)と質問したところ、「非常にプラスになっている」が34.7%、「ややプラスになっている」が55.4%という結果になった。

育児と仕事を両立する上での工夫、「夫婦で協力する」や「段取りをキチンとたてる」など

「Q8.育児と仕事を両立する上で、どのような工夫をしていますか。」(n=101)と質問したところ、「夫婦で協力する」や「段取りをキチンとたてる」など56の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・夫婦で協力する。(45歳・男性)
・時間に対する意識を高めること。段取りをキチンとたてること。(42歳・男性)
・無理をしない。(31歳・女性)
・メリハリをつける。(42歳・男性)
・物事の判断を早くする。(33歳・男性)
・自分ひとりの時間を確保する。(32歳・男性)

子どもとのコミュニケーションで最も大切にしている時間は?

「Q9.育児と仕事を両立する上で、お子さまとのコミュニケーションにおいて最も大切(注力)にしている時間を教えてください。」(n=101)と質問したところ、「朝の遊び」が38.6%、「保育園・幼稚園の送り」が15.8%、「夕食」が10.9%という結果になった。

約9割が、2022年4月の育児・介護休業法改正が施行されたことを認知

「Q10.2022年4月に育児・介護休業法の改正が施行され、本人または配偶者が妊娠または出産した旨の申し出をした従業員に、法令および法令を上回る自社の育児休業制度(改正内容を含む)や育児休業給付、社会保険料免除等について提示するとともに、これらの休業取得についての意向確認を会社側が個別に行うことが必要になります。この内容について、ご存じでしたか。」(n=101)と質問したところ、「知っていた」が87.1%、「知らない」が12.9%という結果になった。

<調査概要>
調査概要:「育児と仕事の両立」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年4月19日〜同年4月20日
有効回答:自身とパートナーが育児休業を取得した経験があり、現在は育児休業から復帰して育児(未就学児)と仕事を両立しており総合職として勤める会社員101名(男性46名、女性55名)
*育児休業とは、企業が任意で定めている企業内制度(育児休暇)ではなく、法律に基づくものを指す。育児休業では該当する期間は育児休業給付金として給与の一部補償を受けることが可能だ。

出典元:ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社

構成/こじへい


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。