小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一生のうち約28年を過ごすといわれる睡眠の満足度はマットレスによってどれくらい変わるのか?

2022.05.25

睡眠の満足度の高い人ほどマットレスを使っていることが判明

1日8時間が理想と言われる睡眠時間。この理想の睡眠を続けると仮定すると、一生のうち約28年間が睡眠時間にあたる。人生の大きな割合を占める睡眠だが、良い眠りにつけないことに悩む人も多いようだ。

実際にコロナ禍で生活リズムが崩れたりストレスを感じたりして「コロナ不眠」を訴える声も上がっている。

そこで睡眠を取り巻く環境を明らかにするため、錦之堂インターナショナルは、変動するコロナ禍においてもより良い睡眠の質をいかに保つことができるのか、一般生活者の声をもとに洗い出し、今後の商品開発に活用すべく「睡眠に関する調査」を実施したので、詳細をお伝えしよう。

現代日本人の睡眠事情を解明!自然と体に良い寝姿勢はとれてはいるが…

寝姿勢として圧倒的に多いのは「胎児型」

寝姿勢で最も多かったのは「胎児型」、次いで「戦士型」がランクイン。胎児型は名前の通り赤ちゃんが母親のおなかの中で取る姿勢で、人が最もリラックスできる体勢とも言われている。

仰向けになる戦士型も体の歪みがないきれいな寝姿勢だ。寝姿勢という観点からみると、大半の人が問題なく眠れているようだ。

睡眠にとても満足できている人はたったの7%のみ 半数が睡眠に不満足

一方で、熟睡度や起床時のスッキリ感を踏まえて睡眠の満足度を聞いたところ、「とても満足している」と解答した人は7%のみであった。

次いで解答が多かったのは、 「まったく満足していない」11% 、「あまり満足していない」40.5%、という結果に。寝姿勢に問題はないものの、睡眠に満足できない人が半数も占めていることが分かった。

寝ても疲れが取れない、という声が多数 約85%が睡眠の質を上げることに意欲的

睡眠に満足できない理由

「あまり満足していない」「全く満足していない」と回答した人にその理由を聞いたところ、「寝ても疲れが取れない」「朝すっきりと起きられない」が多く挙げられた。

体がある程度疲労すると深い睡眠を取りやすくなるが、コロナ禍で通勤や通学の頻度が落ちた今、寝つきが悪くなっている人が増えたとも考えられる。社会全体が運動不足の傾向にある中で、自然と良い眠りにつくのは難しいと感じる人も多そうだ。

睡眠の質を上げたいと感じてる人は約85%

現状の睡眠に満足しているものの、より快適な睡眠を求める人がいることが明らかに。睡眠の質を上げたいと思っていますかという質問に対し、「とても思っている」「やや思っている」と回答した人が合計85.2%にも上った。

前項で睡眠に満足できていない人が半数を占めることが分かったが、現在の睡眠に満足している人の中にも、睡眠の質を向上させたいと考える人が一定数いることも判明。

日中のさらなる高パフォーマンスを求めて、今以上の快眠を追求している人も多くいるよう。よい睡眠は、生活を充実させる要と言えそうだ。

寝具はマットレス派が多数、睡眠とマットレスへの満足感は相関関係にあった

睡眠の質を向上させたい人の方が、マットレスを使用している傾向があることが判明。さらに、睡眠に満足しているほど今のマットレスに満足していることも判明。睡眠の満足度とマットレスへの満足感には関係性がある様子が伺えた。

睡眠の質を向上させたいと思う人の約6割がマットレスユーザー

睡眠の質を向上させたいと回答した人の中でも、59.5%がマットレスを使用していると回答した。対して、睡眠の質を向上させたいとは思っていない人のマットレス使用率は49.4%。

睡眠の質の向上に意欲的かどうかで10ポイントほど差が開いた結果となった。マットレスに睡眠の質向上を期待していることの現れと言えそうだ。

睡眠に満足している人ほど、今のマットレスに「とても満足」

マットレスを使用している人の内、睡眠に満足している人の23.8%が現在使用中のマットレスに「とても満足している」と回答。それに対して、睡眠に満足できていない人は、9.6%のみが「とても満足している」と回答した。

睡眠に満足できている人・満足できていない人で、マットレスへの満足度に10ポイント以上の差が生じている。睡眠への満足度とマットレスへの満足度には相関関係があることが見えてきた。

睡眠の満足度が高い人はマットレス選びも上手いことが伺える。では、マットレス選びに苦戦している人たちは、どのような問題を抱えているのだろうか。

マットレス選び失敗の理由第1位は○○!マットレス選びで大切なポイントとは

マットレス選びに失敗したと感じている人は約2割いることが判明した。興味深いのはその失敗理由だ。

失敗理由の第1位は、「体に合わない気がするという」という抽象的なもので、明確な理由はわからないものの、何となくフィット感を感じられないというマットレスユーザーの存在が明らかに。どうやら、何がマットレス選びに失敗した原因かが不明確な人が多いよう。

マットレスユーザーのうち、約2割がマットレス選びに失敗したと感じている

マットレスを使用している人に対し、「現在使用するマットレスを選んでよかったと思いますか」と質問をしたところ「失敗したと感じている」「やや失敗したと感じている」の回答合計が17.8%という結果に。

失敗理由の第1位は「体に合わない気がする」 明確な失敗理由がわからないという事実が明らかに

マットレス選びに失敗したと回答した人に、どのような理由で失敗を感じたか質問したところ、「体に合わない気がする」(62.9%)が理由の第1位に。

マットレスが硬すぎる・柔らかすぎるという具体的な理由を抑えて、“なんとなく合わない”という抽象的な理由が1位となった。

どうやら利用者自身も、マットレスがフィットしない理由が探れずにいるようだ。体調や体型は日々変わりゆくものだが、この変化にも適応できるマットレスを選ぶのは至難の業。ミスマッチに悩む人が出てきても不思議ではありません。

上記のグラフでボリューム層となっている、現在使用しているマットレスに「やや満足」している人たちも、まだ自分にピッタリのマットレスに出会えていないのかもしれない。

調査概要
全国の20代~60代の男女、600人を対象に「睡眠に関する調査」を実施しました。
調査方法:Webアンケート
調査期間:2022年3月4日~3月7日

関連情報:https://kinshido-int.co.jp/

構成/Ara


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。