小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クレジットカードの返済に毎月困っている人におすすめの「無料相談所」活用法

2022.05.18

クレジットカードは現金を持っていなくても欲しい商品が購入できるため、つい使いすぎてしまったという経験はありませんか?

その経験から、クレジットカードを持つことをやめた方、使い方を見直したという方もいることでしょう。

以上のことで家計を立て直せたのなら良いですが、なかには立て直すことが難しく、今でも支払いに追われている方もいます。

支払いが多くなると、家賃や光熱費、スマホ代が遅延してしまったり、使える現金が少ないことで、またクレジットカードの利用をしてしまったりしていまいます。

そこで今回は、債務を抱えて困ってしまっている方に安心して利用できる無料の相談所を2つ紹介していきます。

「相談しづらい」をまずは解消していくことが大切

毎月の返済を減らそうと分割を重ねたり、リボ払いで調整したりしていると気が付けば支払いが大きくなってしまった…そんなときは特に、両親や友人、パートナーにも打ち明けられず、気持ちが重くなってしまうでしょう。

お金の悩みというのは、誰に相談できるのか、解決できるのかとさらに考えてしまい、更には迷惑を掛けたくない、やっぱり知られたくないとふさぎ込んでいる方が大半です。

ただ、それでもこの状況を何とかしたいという気持ちから、ネット検索をすると「おまとめローン」や「行政書士」「弁護士相談」などのキーワードが多く出てきます。

でも「弁護士に話す」「申込」というところでハードルが高く、先に進めないというのが現状ではないでしょうか。

そこでまず利用してほしいのが、一般社団法人日本クレジット協会 消費者相談室とJCCO公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会です。

返済について相談したい! 2つの相談所の違いとは?

返済で困っているといっても、どんな風に困っているのかは人それぞれであるため、紹介されてもどっちに連絡を取っていいのか分からないという方もいるでしょう。

2つの相談所はどちらも同じではなく、抱えている悩みによって異なります。ではどんな借金と返済に対して相談に乗ってくれるのかを確認していきましょう。

一般社団法人日本クレジット協会 消費者相談室

クレジットカードやクレジットを組んでの商品購入といった割賦販売法に関した相談を受けてくれます。

割賦販売法とは商品を2か月以上の期間、かつ3回以上で支払うとことを条件に購入できるものを指します。

クレジットカードやクレジットの分割、リボ、ボーナス払いで気になる事がある場合や返済に悩んでいる方は、こちらに相談してみると良いでしょう。相談料は無料です。

<相談できる内容>

・クレジットカードやクレジットの利用に関してアドバイスが欲しいとき
・解決に向けてしっかりとした情報が欲しいとき
・相談先が分からずにもやもやしているとき

買った商品の苦情やポイントの相談などは受けておらず、あくまで利用しているクレジットカードやクレジットで抱えてしまった悩みに対し、どこに連絡をしていいか分からないというときに利用してください。

例えばクレジットを組んだのに、商品が届かず支払いが続いている。契約内容に疑問や問題を抱えている。クーリングオフに応じてもらえず、支払いが辛いなどです。

JCCO公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会

家計に響くほどの返済になってきた、クレジットカードのほかにもローンを利用してしまい、借入額が増えてしまったなど、返済で困っている場合は、こちらに相談をするのが良いでしょう。相談は無料です。

<相談できる内容>

・多重債務による悩み
・家計の再建をしたくアドバイスが欲しい
・返済に悩んでいてしっかりと話を聞いて欲しい、アドバイスが欲しい

行政書士や弁護士への相談まで進めない方ほど、無料カウンセリングは受けてみてほしいところです。相談やカウンセリングによっては解決することができたり、任意整理の方法を紹介してくれたりもします。

自分にとって最適な解決方法はどれなのかをアドバイスしてもらうと良いでしょう。

利用するときにこちらが気を付けておくべき5つのこと

無料相談ができる先が分かったからといっても、利用する側としても気を付けなければいけないことがあります。

それはどういった点なのかをチェックしてみましょう。

1.嘘をつかないこと

言いづらいからとつい嘘の状況を伝えたり、見栄を張ってしまったりするのはやめましょう。相談先は親身にしっかりとしたアドバイスをくれるよう努めています。

それに答えられるように、利用側も誠意を持って現状を伝えることが大切です。

2.相談する場所と日時を確認すること

家族やパートナーに知られたくないと思っているのに、家族が帰宅する時間帯に家から電話をする、混んでいるカフェで電話をかけて声が聞こえないなど、利用する側は電話を掛ける場所や日時を決めておきましょう。

3.相談したい内容を自身でしっかり確認して電話をする

ただ話がしたい、アドバイスが欲しいではなく「クレジットカードで分割購入した予約商品が半年たっても届かず、支払いだけが続く。購入先に電話をしても何も進まなくて困っている。」、「クレジットカード3枚からキャッシングをしてしまい、返済が遅れがちになっている。完済したいがどう見直せばいいかわからない。」など、電話をかけるまえに相談内容を自分で理解するようにしましょう。

4.怒鳴ることはしない

相談側は法律に則りアドバイスをくれています。

それなのに、話している中で自分は悪くない、話し方が頭にくるなど怒ったり、怒鳴ったりしないようにしてください。相談側も「人」だということを忘れずに。

話を聞いてくれている、アドバイスをくれていることを前向きにとらえましょう。

5.相談してどうしたいのかを明確に

借金の場合は完済したいのか、クレジット契約に対するトラブルについては、どうすれば納得できるのかなど、相談したことでこの先はどうしたいのかをハッキリ決めておくと伝わりやすいでしょう。

法的なことは難しいとつい諦めてしまったり、弁護士の有料相談を予約しなければと気が重くなったりしてしまいがちですが、無料相談ができる場所があるので安心して利用してみてください。

特に悩みすぎて体調や仕事に影響が出てきてしまっている方は、早めに連絡をとって気持ちを落ち着かせるのが良いでしょう。

文/クレジットカード研究Lab 編集責任者 志田愛仁(バリューファースト)
紙媒体の編集者を経て、フリーライターとして独立後WEBと紙媒体のライターに携わり、現在クレジットカード研究Labの編集責任者。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。