小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ミステリー缶の正体はコレだった!事前調査で圧倒的な支持を集めた新しい「氷結」の凍結レモン製法とは?

2022.05.17

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

「凍結レモン製法」で今まで以上にみずみずしさとクリアな味わいを実現

4月26日から商品名を明かさない「ミステリー缶」100万本の試飲を実施してきたキリンの新チューハイ。5月16日にミステリー缶の正体は新「氷結」であると発表された。

「先入観なくチューハイのおいしさに気づいてもらいたいと、ブランド名を伏せて完璧なチューハイを紹介する取り組みがミステリー缶でした。試飲の結果、完璧だと答えていただいた方は97%。爽快で気持ちのいいおいしさがここまで進化していることを実感していただくことができたので、新『氷結』を発売後には、さらに多くのお客様に楽しんでいただけると確信しております」(キリンビール マーケティング部 RTDカテゴリー戦略担当 カテゴリーマネージャー 松村孝弘さん)

リニューアルされた新「氷結」は、収穫したレモンを新鮮なまま凍結し、熱をかけずに低温で果実のおいしいエキスを抽出して配合する「凍結レモン製法」を新たに採用。この製法でこれまで以上に果実のみずみずしさとクリアな味わいが向上、雑味のないすっきりとした後口を実現した。

「お客様への調査では、チューハイに求めるものとして『おいしい、飲みやすい』『爽快さ』『すっきりした味わい』が挙がりました。お客様は爽快で気持ちのいい味を求めており、このニーズに真正面から取り組んだのが新『氷結』です。レモンがみずみずしい、クリアな味わいという項目をリニューアル品では向上させることができたことで、歴代最高水準のおいしさを実現。飲みやすく飲み飽きない味わいに変化しました」(松村さん)

「“完璧な新キリンチューハイ”お披露目発表会」には、「氷結」のCMに出演しているゲストの高橋一生さんが登場した。

「ミステリー缶を飲んだとき、これまでのチューハイの概念が変わった気がしました。正体が氷結だと聞いて驚きましたが、おいしさに定評があった氷結だからこそ、たどり着いた境地だと思います。果実のみずみずしさ、爽快さは、これこそがチューハイに求めているおいしさだと感じました」(高橋さん)

完璧な味わいを完璧に味わえる「新氷結の完璧な飲み方」を、キリンの松村さんが高橋さんにレクチャー。用意するのは口が広めのグラス、たくさんの氷、キンキンに冷えた新「氷結」。

口が広いグラスはみずみずしくさわやかな香りを感じやすくするため。グラスがいっぱいになるまで氷をたっぷりと入れてから新「氷結」を注ぐ。炭酸のシュワシュワとした泡がグラスに上がってきて、みずみずしく爽やかな香りがグラスから立ちのぼる。飲む時は、顔を少し上げてのどで味わうと、さらに香りと爽快感が実感できる。

「グラスの飲み口が広いと、飲む前から香りがいっぱい広がりますね。鼻から感じる香り、のどを通る香りがどんどん広がり、果実のみずみずしさを感じつつ、カーッと一気に飲めます。レモンのみずみずしさとクリアなおいしさがのどを通り抜けていく。これまでのチューハイのおいしさを塗り替えたなと実感します」(高橋さん)

【AJの読み】甘味が抑えられたことで爽快感やクリアな味が際立つ

筆者の場合、甘味は控えめが好みなので「氷結 無糖レモン」を選ぶことも多いが、無糖だと果実のさわやかさは堪能できるが味が単調であり、飲み飽きることもあった。実はミステリー缶を飲んだときに即座に「氷結」ではないかと感じたが、従来の「氷結」と比べ甘味が抑えられてすっきり感が倍増していたので、リニューアル品、もしくは新ブランドを立ち上げたのか?と推察していた。

果たして結果は「氷結」のリニューアル。今までの「氷結」で感じていた甘味が減り、無糖では感じなかった味わいがある。筆者が欲しかったポイントにズバリと突いてきたチューハイが新「氷結」だった。

「登山やキャンプなど自然に触れることが好きなので、氷結をキャンプに持参して、自然の中で爽快なおいしさを味わいたいと思いました。キャンプは人数が多くても楽しめるので、そんな時にも氷結があれば盛り上がりそうです。キャンプ料理はシンプルなものがおいしいと感じるので、ステーキとかBBQにも氷結はとてもよく合って、料理をよりおいしくさせてくれると思います。想像しただけでたまらないですね(笑)」(高橋さん)

高橋さんが提案していたアウトドアでのBBQはもちろん、和食、洋食、家庭料理を問わず相性が良さそうで、どんな食事にも合わせやすく、食中酒としても“完璧”なチューハイかも。また、蒸し暑くなるこれからの季節、ビールのようにごくごくと飲んで、のどごしの良さを味わうのもオツ。グラスに氷をたっぷり入れて注いでから、シュワシュワと泡立つ新「氷結」を一気にクッとのどへ流し込む。高橋さんの“完璧”な飲みっぷりを参考にしてみよう。

文/阿部純子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。