小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キャリア形成をサポートするアプリへと進化する名刺アプリ「Eight」の活用術

2022.04.27

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

スタートから10年で300万人超のユーザーが利用する名刺アプリ「Eight」

名刺アプリ「Eight」は2012年にサービスを開始して今年で10周年を迎えた。現在は300万人を超えるユーザーが利用している。当初は名刺管理のアプリとして提供していたが、この10年の間に徐々に機能を拡充。直近ではビジネスのためのSNSとして、ビジネスパーソンの出会いやつながりをサポートしている。

Eightは対面で交換した名刺を撮影、もしくは専用のスキャナーでスキャンすることで簡単に相手の名刺を取り込める。コロナ禍以降は対面での出会いが生まれにくくなったことで、以前より提供していたオンライン名刺交換機能をアップデートし、オンラインでの商談、会議での利用を促すため、オンライン名刺のQRコード付きバーチャル背景といったものも提供。オンライン名刺を活用することで、大きく変わったビジネス環境でも新たな出会いの機会を創出できるようにアップデートしている。

Eightは企業サイドへのサービスも提供しており、プロフェッショナル リクルーティングの「Eight Career Design」は、新規事業立ち上げた経験者、DX 分野の専門性がある人、プロダクトマネージャー、有名企業の有望な若手といった、これまでの施策では採用できなかった最適な人物を見つけることが可能になる。

名刺のつながりからビジネスイベントを知る機会を促す「Eight ONAIR」は、2021年5月の開始以来、累計約5500件のオンラインイベントを掲載。ビジネスに関するノウハウ、ハウツー、スキルアップにつながるイベントをユーザーに紹介する。

Eightを利用することで、名刺交換で培った人脈の管理だけでなく、ユーザー自身の過去から現在までの名刺の登録ができ、キャリアサマリー、スキルタグの機能を活用することで、ユーザーはビジネスネットワークの構築、自身のキャリアの構築や棚卸、学びの機会や企業との出会いができるのが特色だ。

「近年注目を集めているのが、ビジネスパーソンのキャリア形成を企業側に委ねるのではなく、自らが主導してキャリア開発をしていく『キャリア自律』。終身雇用という考え方が徐々に薄れる中、長期化する職業人生をより豊かにしていくためにビジネスパーソンが自身のキャリアを主体的に考え、継続的に学び、社内外でも通用する価値を高めていくことが求められます。

ジョブ型雇用の増加など、急速に変化する昨今のビジネス環境においては、ビジネスパーソンが今の時代に合ったスキルを身につけ、自らのキャリアを形成していくことの重要性が高まっていると考えています。

しかし実態として、経団連が行った企業への調査では、自社の社員が自律的にキャリアを形成しているのは2割ほどにとどまっており、働き手の自律性を重視したキャリア形成への転換が、今後の課題となることがわかりました。

今回、ビジネスパーソンのキャリア形成をさらに後押しするため、Eightは名刺アプリからキャリアプロフィールへと進化します。

これまで提供していた機能に加え、新機能としてキャリア情報を集約したタブを搭載し、ユーザー自身がキャリア形成を能動的に行える環境を提供していきます。

また、サービスタグラインを『名刺でつながる、ビジネスのためのSNS』から、『名刺管理に、転職に』へと刷新し、名刺管理だけでなくキャリアアップやキャリアチェンジに活用できることを訴求していきます」(Sansan 取締役/執行役員/Eight事業部 事業部長 塩見 賢治氏)

キャリアプロフィール「Eight」の主な機能

〇プロフィールを自動作成

ユーザー自身の名刺を登録することで、正確な所属、肩書をEightに蓄積できる。キャリアサマリーや学歴、スキルタグの設定など、名刺に記載された情報以外でもオリジナルのプロフィールを作れると同時に、異動や昇進、転職などによる更新で、ユーザー自身のキャリア形成のあゆみを記録していくことが可能。

登録している名刺や、プロフィール情報を更新することでつながりのある知り合いにも通知できるため、疎遠になっている人や、あまり接点がなかった人とも交流ができる。

また、日ごろから自身のキャリアを意識してもらえるよう、アップデートでは画面上部にあったプロフィールページのタブを画面下部に設置。自身のキャリア、今まで培ってきた人脈も管理ができる。

〇名刺情報を管理・検索

名刺交換した相手の名刺を取り込むだけで、AIと手入力を組み合わせた高い水準の技術で、素早く正確にデータ化。名刺交換した相手の氏名、電話番号、メールアドレスに加え、ユーザーが設定したタグで検索もできる。直近のアップデートではPCからのアクセスの場合、業種、エリア、役職、スキルタグなど、より詳細な情報から絞り込むことが可能に。

有料のEightプレミアム会員なら、共通の知り合いを可視化する機能を利用できる。今まで接点のなかったユーザーと出会うきっかけも作ることができ、共通の知り合いを通じた新たな人脈形成も可能となる。

〇近況情報が届く

Eightでつながった相手が、転職や昇進、異動などで名刺を変更した場合に通知が届き、互いに近況報告ができる。その他にも、知り合いが投稿した近況に「いいね」やコメントを付けることができ、名刺交換後のつながりの継続をサポートする。

〇企業からのスカウト

Eightではユーザーが転職意向度を設定できる。「転職活動をしている」「転職を検討している」「いい話があれば聞きたい」「転職を考えていない」というユーザーの転職意向度に沿って、企業案内やスカウトが届き、これまで接点のなかった企業との出会い、キャリアチェンジのきっかけを得ることができる。

すぐに転職を考えていない場合でも、企業からのコンタクトを通じて思いもよらない企業との出会いを得ることも可能。名刺のつながりから、オファーのあった企業に知り合いがいるかもわかる。企業側にとってもまだ転職市場に現れていない現職で活躍している人材へのアプローチも可能となる。

〇<新機能>キャリア情報を集約したキャリアタブ

ユーザーの自律的なキャリア形成を後押しの実現のため、新しくキャリアタブを搭載。自分磨きに役立つ情報や、知らなかった企業の情報、求人情報を収集することができる。

キャリアタブを開くとキャリア情報が集約されたページが開く。画面上には職種ごとに表示され、機能リリース時には、名刺交換の機会が多い営業に関わる情報が掲載されており、今後、新たな職種を順次追加していく。

キャリアタブでは以下の4つを見ることができる。

1・スキルレポート

キャリアアップに役立つスキルを、好きな時に、好きな場所で学ぶことができる。レポート記事では内容を簡潔に紹介しており、動画では全編の視聴が可能。スキマ時間の有効活用ができ、思い立った時に学ぶ機会を得られるようになる。

2・企業レポート

「会社を知る、事業を知る」をテーマに、Eightがあらゆる企業にインタビューし、レポートと動画で紹介。気になる企業の動画を視聴すると、その企業をフォローすることができるため、Eight内で関連するニュースや近況情報などの情報収集が可能になる。

3・求人情報

「Eight Career Design」利用企業の求人情報がユーザーの属性に合わせて表示。レポートやイベントを通じて興味を持った企業に直接応募することができる。

4・オンラインイベント

リアルタイムで参加可能なスキルアップやキャリアアップに役立つオンラインイベントの企画、開催を予定しており、イベントには開催10分前から参加申し込みが可能で、面倒なフォームに入力することなく、主催者とオンライン名刺交換をすることで視聴可能。今後開催予定のイベントも、開催前に通知できるため、気になるイベントを見逃すことなく視聴できる。

【AJの読み】今夏には名刺が無くても登録できる機能を実装予定

年度末になると名刺の整理をするという人も多いと思う。一度しか会っていない相手の名刺を、処分してよいのか、今後もコンタクトを取る可能性を考え保管していた方がいいのか……と迷っているうちに、名刺はどんどん蓄積されていく。

こうした名刺管理の煩雑さを無くし、データの宝庫として活用できるのが名刺アプリの「Eight」。常にアップデートを続けていたEightだが、働き方の変化に伴い増加している転職にも活用できるツールとして進化した。

進化はまだ続き、これまでEightを利用するには名刺が必要だったが、名刺がなくてもEightに新規登録ができる機能を現在開発中とのこと。働き方が多様になる中、名刺を持っているビジネスパーソンだけでなく、より多くのビジネスパーソンがEightを利用できるようになる。

また、企業のファン作りや、人材と企業のマッチングを後押しするため、Eight内でユーザーと企業が双方向でコミュニケーションを取ることができる機能も開発中とのことで、いずれも今夏中の実装を目指している。

文/阿部純子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。