小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代社会人の平均貯金額は272.9万円、30代の平均は?

2022.04.26

将来のことを考えれば、ある程度の貯金は欠かせない。毎月の給与から一定額、必ず金融機関に預けているという人も多いことだろう。

では20代~50代の社会人は、世代別でそれぞれどれくらいのお金を貯め込んでいるのだろうか?

ライボはこのほど、741人の社会人男女を対象にした「2022年 貯金実態調査」の結果を発表した。

全体の貯金額は1,087万円で中央値は500万円

貯金額の平均・中央値

社会人の現在の貯金額については、全体の31.7%が「1,000万円以上」で最多になり、次いで「100〜300万円未満」が18.5%、「300〜500万円未満」が11.7%で上位3つの回答結果になった。

貯金の平均額については、全体では1,087.0万円になり中央値は500万円の結果になった。また、これを年代別で見ていくと、20代の平均額は272.9万円で30代が1,006.7万円、40代が1,106.9万円、50代が1,622.2万円の結果になり、平均額では20代が最も低く50代が最も高い結果で、その差額は1,349.3万円になった。

毎月の貯金状況

毎月の貯金状況については「毎月している」が61.9%で、「毎月ではないがしている」27.4%の回答結果になり、全体で貯金ができている派の回答は89.3%で、全体で月当たりの平均貯金額は8.2万円になった。

また毎月の平均貯金額を年代別で見ていくと、20代は6.5万円、30代は9.8万円、40代は7.8万円、50代は7.6万円になり、毎月の貯金額は20代がもっとも低く30代が最も高い結果になった。

貯金をしている理由

貯金をしている理由については、「老後への備え」が63.4%で最多になり、次いで「子どもの教育資金」が31.8%、「何となく(特に理由はない)」が22.5%の回答結果になった。また最も回答が少なかったのは「起業資金」7.8%だった。

コロナ禍前後の貯金額増減とその理由

コロナ禍前後での貯金額増減については、「大きく増えた」11.1%と「少し増えた」26.0%を合算した37.1%が増えた派の回答になり、「大きく減った」6.1%と「少し減った」14.6%を合算した20.7%が減った派の回答をした。「変わらない」は36.8%で、「貯金がなくなった」と「借金をするようになった」は合わせて5.4%になった。

また、増えた派と減った派でそれぞれ理由を見ていくと、増えた派は働き方がリモート主流になった事による在宅時間の増加に伴う理由が多く、最多回答は「在宅が増えて交通費の支出がなくなった」65.1%で、次いで「外出が減り衣服への支出がなくなった」46.5%、「自炊をするようになり食費が減った」29.1%で上位3つの回答になった。

さらに、減った派はコロナ禍が影響した減給や失業による理由を合わせて58.0%の中、「在宅時間が増えて生活費が増加した」が38.3%と、増減の理由は在宅時間の増加に伴った理由が顕著な結果になった。

<調査概要>
調査対象者    :全国 / 男女 / 20~69歳
調査条件     :就業する社会人
          経営者・役員・会社員・フリーランス自営・アルバイト・パート含む
調査期間     :2022年4月6日~4月11日
サンプル数    :741人

出典元:株式会社ライボ

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。