小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

40代の平均年収は?弁理士の知られざる給与事情

2022.04.25

弁理士は、特許法をはじめとした「知的財産法」に関するプロフェッショナルだ。士業であるため給与は高そうだが、実際のところ、どれぐらいの年収を得ているのだろうか?

WILLCOが運営する士業専門の転職メディア「リーガルジョブマガジン」はこのほど、弁理士としての実務経験1年以上の64名(20~60代、男性49名・女性15名)を対象とした弁理士の年収に関する調査を実施し、その結果を発表した。

そもそも「弁理士」とは?

弁理士は、知的財産権に関する業務を取り扱う専門職です。特許・実用新案・意匠・商標などの出願業務は弁護士も行うことができますが、出願業務を本格的に取り扱う弁護士はほとんどいないため、事実上弁理士の独占業務となっています。

最新技術を用いた発明をしたので、特許出願をしたい、デザインについて意匠出願をしたい、新しく開発したサービスの名称について商標登録をしたいといった場合には、弁理士への相談が第一の選択肢となるでしょう。

約6割が年収400~799万円に該当し、年収400万円未満は約1割

弁理士の年収を調べたところ、「年収600~699万円」と回答した人が最も多く、全体の約30%を占め、64名中19名となった。以下、年収400~499万円が約14%、年収700~799万円が約13%と続いた。なお、平均年収は699万円となった。

年代別の平均年収を見ていくと、40代の平均年収が904万円で最多に。全体の平均年収699万円を200万円ほど上回っていた。

男女別の平均年収を見てみると、男性が754万円で、女性が517万円だった。男女別の平均年収の差額は237万円となった。

<調査概要>
対象者:リーガルジョブボード 弁理士会員(※弁理士としての実務経験1年以上)
調査期間:2022年1月21日~2022年2月3日
回答者数:64名(20~60代、男性49名・女性15名)
実施者:リーガルジョブマガジン編集部

出典元:株式会社WILLCO

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。