小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

北米での人種構成多様化の波、医学大学院の教員や指導者の間で遅れ

2022.04.22

米国の人種構成の多様化の波、メディカルスクールには及ばず

米国の人種・民族構成は、日々多様性を増しつつある。

しかし、米国医科大学協会(AAMC)の42年間分のデータを分析した結果、こうした多様性の広がりは、この国のメディカルスクール(医学大学院)の教員や指導的立場の人の間では認められず、人口の多様化に遅れをとっていることが明らかになった。

ただし、女性の比率の飛躍的な増加という進歩も認められたという。

米ハーバード大学医学大学院放射線腫瘍学分野のSophia Kamran氏らによるこの報告は、「The New England Journal of Medicine」に2022年4月7日掲載された。

Kamran氏が今回、メディカルスクールの多様性に関心を持った理由の一つには、ヒスパニック系の女性としての自身の経験が関係しているという。

同氏は、「私の家族の中で大学に入ってメディカルスクールに進学したのは私が初めてだった。大学でも、自分と同様のバックグラウンドを持ち、導いてくれるメンター(助言者)や教師、ロールモデルは少なかった」と話す。

そして、「われわれはこの研究により、メディカルスクールの人種・民族の多様性に関する過去と現在の状況、そして今後目指すべき方向を知りたかった」と研究目的について述べている。

Kamran氏らは今回、AAMCの1977年から2019年までのデータを用いて、18の大学の臨床系部門にフルタイムで勤務する教員や指導者に関するデータを分析した。

データに含まれていた役職は、clinical faculty(主に教育、研究、医療活動、管理業務などを受け持つスタッフ)、正教授、学科長(department chair)、ディーン(日本の学部長などに相当)であった。

これらの人々は、性別、人種・民族、さらにはメディカルスクールにおける少数派(underrepresented in medicine;URM)に該当するか否かでも分類された。

URMとはAAMCの定義によると、黒人、ヒスパニック系、非ヒスパニック系のネイティブハワイアン/その他の太平洋諸島系、非ヒスパニック系のネイティブアメリカン/アラスカ先住民のことを指す。

分析の結果、42年の間にclinical facultyに女性が占める割合は、1977年の14.8%から2019年の43.3%にまで上昇したことが明らかになった。

同様に、正教授(5.0%から27.1%)、学科長(2.1%から17.8%)、ディーン(0%から18.3%)についても、女性の増加が確認された。

一方、これらの役職にURMが占める割合は、1997年と比べて2017年には約2倍に増えたが、女性での増加の幅と比べるとはるかに控えめだった(clinical facultyで4.7%から9.9%、正教授で2.9%から6.5%、学科長で3.0%から9.5%、ディーンで5.0%から11.1%)。

そのため、黒人とヒスパニック系の男女がこれらの役職に占める割合は依然として低いままであった。

さらに、黒人男性が占める割合は全体的に停滞、もしくは減少傾向を示しており、特にclinical facultyと学科長については10年ほど前からその傾向が顕著であった。

また、URMの中でも非ヒスパニック系のネイティブハワイアン/その他の太平洋諸島系や非ヒスパニック系のネイティブアメリカン/アラスカ先住民にいたっては、役職を問わず、占めている割合が1%未満であった。

Kamran氏は、「これらの結果は、少数派の人々の募集を増やし、それらの人が将来的にメディカルスクールを率いる指導者となるようサポートする方法を見つける必要があることを示唆している」と話す。

研究グループは、メディカルスクールの構成員の多様性を高めることの重要性を強調する。なぜなら医療現場では、患者と似たバックグラウンドを持ち、患者の経験を自分の経験と重ね合わせることができる医師によりケアを受けた患者では、転帰が良くなることが、過去の研究で示されているからだ。

Kamran氏は、「米国では、今後も人種・民族構成の多様化が進む一方だろう。それに比べると、メディカルスクールが遅れをとっていることは明らかだ。今回の結果は、その点について警鐘を鳴らすものだ」と話している。(HealthDay News 2022年4月7日)

Copyright © 2022 HealthDay. All rights reserved.
Photo Credit: Adobe Stock

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsr2114909

Press Release
https://www.massgeneral.org/news/press-release/Diversity-in-us-medicine-is-not-keeping-pace-with-population-changes

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。