小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ゼロゼロ融資」を利用している中小企業の割合は?

2022.04.22

新型コロナウイルスの影響で資金需要が発生した中小企業はどのくらい存在するのだろうか。また、一般に「ゼロゼロ融資」と呼ばれる『実質無利子・無担保融資制度』での融資を利用した中小企業の割合も気になるところ。

エヌエヌ生命ではこのほど、全国の中小企業経営者7,231名を対象とした「ゼロゼロ融資」の利用状況に関する実態調査の結果を発表した。

新型コロナウイルス感染症による影響で会社の資金需要が「発生した」のは39.1%

中小企業経営者7,231名に、新型コロナウイルス感染症の影響で資金需要は発生したか聞いたところ、39.1%が「発生した」と回答した。資金需要が「発生した」の回答率を業種別に見ると、「旅行関連業(宿泊・旅行代理店)」が最も高く(63.9%)、次いで「飲食店」(60.8%)だった。

コロナ禍以前の2020年1月と今年2022年1月を比較して売上が「減った」のは52.8%

中小企業経営者7,231名に、コロナ禍以前の2020年1月と今年1月を比較した売上の変化について聞いたところ、52.8%が減ったと回答した。

2020年1月と比較した2022年1月の売上が「減った」の回答率を業種別に見ると、「飲食店」が最も高く(79.5%)、次いで「出版・印刷関連産業」(72.7%)、「旅行関連業(宿泊・旅行代理店)」(72.1%)だった。

また、売上が「増えた」「減った」と回答した4,585名に、コロナ禍を通じた2020年1月と今年2022年1月を比較して売上が変化した割合について聞いたところ、コロナ禍以前の約7割(平均67.9%)だった。

売上が変化した割合を業種別に見ると、「出版・印刷関連産業」(平均57.5%)が最も減少しており、次いで「飲食店」(平均58.5%)、「旅行関連業(宿泊・旅行代理店)」(平均61.2%)だった。

『実質無利子・無担保融資制度』を「利用した」のは23.1%で、業種別では「製造業」(35.1%)が最多

中小企業経営者7,231名に、新型コロナウイルス感染症による影響を鑑みて2020年5月より実質的な利子がなく、無担保で設備資金・運転資金の融資を受けられる『実質無利子・無担保融資制度』での融資を利用したか聞いたところ、「利用した」と回答したのは23.1%だった。

融資を「利用した」の回答率を業種別に見ると、「製造業」(35.1%)が最も高く、次いで「旅行関連業(宿泊・旅行代理店)」(32.8%)、「飲食店」(29.0%)だった。

さらに、「利用した」と回答した1,671名に、融資を受けた金額について聞いたところ、平均で1,987万円だった。

融資を受けた金額について業種別にみると、「運送・輸送業」(平均4,071万円)が最も高く、全体(平均1,987万円)の約2倍にものぼった。

『実質無利子・無担保融資制度』の用途は、「人件費や家賃など固定費の支払い」(48.0%)や「売上補填」(43.8%)

『実質無利子・無担保融資制度』での融資を「利用した」と回答した1,671名に、融資の用途について聞いたところ、約半数(48.0%)が「人件費や家賃など固定費の支払い」と回答し最も多い結果となった。

全体で回答率の高かった「人件費や家賃など固定費の支払い」と「売上補填」の回答率を業種別に見ると、どちらも「飲食店」が最も高い結果となった。

<調査概要>
調査対象:日本全国の中小企業経営者
※従業員300人未満の規模の会社経営者(社長、会長、取締役)または従業員のいる自営業者
サンプル:全国7,231名
調査方法:インターネット調査
実施時期:2022年2月10日~2月15日

※回答結果はパーセント表示を行っており、小数点以下第2位を四捨五入して算出しているため、各回答の合計が100%にならない場合がある。
※上位5業種の算出には小数点第3位以下を含めた数値を反映している。

出典元:エヌエヌ生命保険株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。