小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大企業も導入!従業員同士の評価や貢献度の可視化によってモチベーションを上げる「ピアボーナス」制度

2022.05.09

Goodpatch

ピアボーナス

 コロナの影響もあって、リモートワークやワーケーションなど、多様な働き方が急速に浸透してきた。場所や時間に縛られないというメリットがある一方で、社内でのコミュニケーション不足や、モチベーション維持が課題だ。そこで注目されているのが従業員同士でインセンティブを贈り合う「ピアボーナス」。トヨタ自動車やアース製薬など、大手企業も取り入れているというこのサービスを提供するユニポスに話を聞いた。

「ピア=仲間+ボーナス=報酬を意味し、一緒に働く人への感謝の気持ちを投稿することで、相手にポイントが入る仕組みです。ポイントは少額の金銭や独自の報酬などに換えることができます」(ユニポス広報担当・服部有利子さん)。メリットは何といっても、評価が見える化すること。加えて、感謝や称賛の声がけが習慣化し、コミュニケーションが活発化、組織の雰囲気も変わるという。

「投稿を見た別の人が『拍手』すると、投稿した人へもポイントが入ります。返信機能をあえて設定しないなど、楽しく気軽に活用できる工夫もしています」(服部さん)

 感謝や称賛という目に見えない評価が人事制度だけでなく、働き方そのものを変えるかもしれない。

 誰かが見ていてくれたという承認欲求を満たすことで、働くモチベーションは上がりそう。導入するだけでなく、利用者の偏りや形骸化などを防ぐ工夫が必要そうだ。

ピアボーナスの流れ

ピアボーナスの流れ

Goodpatch

Goodpatch

デザイン会社のGoodpatchで採用されている独自の報酬には、デザイナーが似顔絵を描いてくれたり、ランチ代の補助など、ユニークなものも。

Goodpatch

実際のやりとり画面。全社員が閲覧可能で、できる限り少ない手間と時間で、感謝や称賛、激励が送れるようになっている。

※ピアボーナスはユニポスの登録商標です。

取材・文/内野智子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。