小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】他社のオフィスで働く!?イトーキが提供するコワーキング×人材開発の新サービス「OpenWorking」

2022.04.20

イトーキは、働く人があらゆる「枠」を越えて学び合う越境体験プラットフォーム「OpenWorking」のサービスを2022年4月にスタートする。「働く」ことが急速に変化する中、参加企業がネットワークを構築し、多様な価値観が交差する場と仕掛けを提供。2021年に2回のトライアルを実施し、今回正式にリリースした。

企業横断でこれまでにない働き方を提案

具体的には多様な人材が隣り合わせで働くコワーキングスペースと、6カ月間の人材開発プログラムからなるサービス。

コワーキングスペースは参加企業のスペースを活用するのが特徴で、他社の社員にとっては文字通りの越境体験となる。人材開発プログラムは週に数時間程度で、基本的には自社の業務をしながら参加する。

現在のところ、参加企業はイトーキ、カルビー、富士通、リコーなど。

人材開発プログラムは、「Onboarding」「Quest」「Bridging」といった3つのフェーズから構成され、テーマは働く中での「ありたい姿」に向かって、自分らしい成長を自らデザインすること。

Onboardingフェーズでは、働く中で自分の「ありたい姿」を明確にする。週2時間程度、他の参加者と話し合ったり、参加企業の経営層らを相手に壁打ちする機会が提供される。

Questフェーズでは、ありたい姿の実現へ向けたアクションを起こす。まずはやりたいことをプレゼンしたり、自分のビジネスの課題を解決するためのワークショップを開いたり、他社のプロジェクトに参加したり(詳細後述)と、取り組みはさまざまだ。決まった講師やコンテンツは存在せず、運営スタッフのサポートを受けながら、一人ひとりが自由にチャレンジする。

Bridgingフェーズでは、さらなる成長へ向けて、アクションを持続させるための目標設計を行う。プログラム修了後も、ありたい姿へ向けて一人ひとりが自走できるよう、6カ月を共にした仲間とアイディアを出し合う。

テレワークが普及するなどコロナ禍で働き方は多様化。人生100年時代では、ひとつの職場や職業でキャリアを終えることが、以前と比べて難しくなった。また、同時に複数の職種を掛け持つパラレルキャリアも進んでいる。

そんななかで、自分の成長を主体的にデザインすることを「『働く』を愉しむ」と定義し、共感する企業とともにそれを支援するプラットフォームを拡大していく。

他社のプロジェクトに参加して自分を試す

「他社の優秀な社員と出会い、頭をかち割られるような体験をしてほしい」とプロジェクトを担当する山越かれん氏。一方で、「自分では当たり前だと思っていた知識やスキルが、他社の人にとっては大きな価値があることを発見できる(山越氏)」という。

全体を通して相互に学び合う設計で、自分の固定観念と企業の枠組みを越えた先に、今までにない深い自己理解を見出す。

越境体験を象徴する取り組みが、Questのフェーズでしばしば行われる「クロスオーバーチャレンジ」だ。企業側が設定するプロジェクトに、所属や職種を横断してさまざまな人材が参加する。

例えば、イトーキは主力事業であるオフィスチェアの開発プロジェクトに、まったくの異業種のOpenWorkingメンバーが一定期間プロジェクトに参画。週に2時間程度、企業の垣根を越えて真剣に議論を重ね、未来に向けた「チェア開発」に取り組んだ。自社にない着眼点や考え方に接することができ、同社は貴重な学びの機会となった。

参加者は非日常的なプロジェクトに参加し、実戦の中で自分の能力を試すことができる。真剣勝負ではあるが、「失敗できる」環境であることや、伴走するスタッフ、応援し合う他参加者の存在がポイントだ。熱量を持って取り組みながら、思い切ったチャレンジしやすい。

ジョブ型やプロジェクト型といった、新しい働き方を模索する第一歩にもなる体験だ。みなさんがOpenWorkingに参加できる環境になくても、社内副業、プロボノなどでも、自らチャレンジの場をつくることはできる。意識して環境を変え、主体的に自分の成長に取り組んではいかがだろうか。

●プレスリリース
イトーキ、「働くを愉しむ」に共感する企業の輪で広げる越境体験プラットフォーム「OpenWorking」の提供を開始

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。