小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝弾む〟ような感覚が心地いい!ソールに異なる2つの素材を採用したHOKAの軽量ランニングシューズ「マッハスーパーソニック」

2022.04.18

ランナーにはもちろん、ライフスタイルシューズとして普段履きの人気も高いシューズブランド、HOKA(ホカ)。

そもそもランニング中に脚を守るために開発された独自のクッションは、優しい快適性をもたらし、多くの愛用者を増やしています。

そんなHOKAから登場した最新の軽量ランニングシューズ、「マッハ スーパーソニック」を紹介します。

転がる形状 + 反発を高めた最新モデル

HOKAといえば、ラインナップされるすべてのシューズが、脚に優しい「厚底ソール」、ソールがゆりかごのようになっている「ロッカー形状」、「高いクッション性」などの機能を搭載したブランドです。

もちろん、このシューズも同様の機能を持っていますが、これらに加えて弾むような反発性を高めたタイプです。

この「マッハ」というモデルは、HOKAのラインナップの中でもスピードの出しやすいカテゴリーに入るシューズ。ただし身体への負担を軽減しつつ、いろいろなレベルのランナーの"スピード"に対応してくれます。

そのポイントになるのが上下で2種類の素材を採用したソールの構造にあります。路面に接する下の部分には少し硬めの「ラバライズドEVA」、その上部には高クッション性と前進する推進力を生み出す2層構造のミッドソール「プロフライ+」を採用しています。

着地の際にプロフライ+が沈み込みつつ、その下のラバライズドEVAが体重をしっかり支えることで、ポンポンと弾むような気持ちのいい走り心地を実現しています。

ソールの厚さは前足部で24mm、かかと部分で29mm。ラインナップの中では、ミッドソールのボリュームがわずかに少なめですが、その分、235g(27cm)と軽量に仕上がっています。

足を包む部分、アッパーもソールと同様に快適な仕様です。軽く伸縮性が高いエンジニアードメッシュ素材を使いつつ、織り方でプリントのようなデザインを再現。あまりランニングシューズに見られない特徴あるビジュアルに仕上がっています。もちろん通気性は十分です。

またシュータン部分はソックスのようにシューズと一体になった構造。しかもシューレースの締め付けから足の甲を保護するクッションもかなり厚めに採用されています。

かかと部分、履き口にもクッションはたっぷりと使われていて、フィット感とともに足をしっかりとホールドしてくれます。

プルタブ構造というHOKA独自の踵からアキレス腱までを包み込む形状を採用しています。クッションが多めに配置されたシュータン、履き口、アキレス腱周りによる優しい履き心地は、長時間のランニングでも痛みなく快適に履けるでしょう。

快適な走り心地。とにかく軽い!

実際に履いて、合計20㎞ほど走ってみましたが反発性と快適性が際立つ印象でした。実は同じくスピードを出しやすいモデルの「マッハ4」も試したことがありますが、それよりも弾む感覚が強い印象です。

ミッドソールの弾力性が高くなったことで、着地の際に一瞬沈み込んだかと思えばすぐにそれを支えて反発する感じ。その連続でテンポのいい弾んでいくような走りが楽しめるシューズになっていると思います。

すぐにスピードに乗る加速力もあって反発力もある。スピード維持力も高い、そんな履き心地でした。

ちなみに「反発」のあるランニングシューズといえば、カーボンプレート入りのものを想像しがちですが、このシューズには入っていません。入っていないため、自然な接地感でスピードに乗っていけます。

ここまで書くと「かなり速く走る人のためのシューズでは?」という印象があるかと思いますが、そんなことはありません。

かなりゆっくりなペースで走ってみましたが、気持ち良く弾んでくれます。

しかも安定感も高い。このあたりはHOKAの特徴でもありますが、いろんなペースでも楽しく走れるシューズになっています。

いつものジョギングから、フルマラソンまで長時間でもずっと快適に走り続けることができるでしょう。

アッパーもミッドソールもかなり進化しているマッハ スーパーソニック。これまでのHOKAにはあまりなかった弾む走り心地、体感してみてはいかがでしょうか?

HOKAマッハ スーパーソニック

価格:1万9800円

https://www.hoka.com/jp/

取材・文/今 雄飛(こんゆうひ):ミラソル デポルテ代表。スポーツブランドのPR業務を行うかたわら、自転車、トライアスロン、アウトドア関連のライターとしても活動中。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。