小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と多い!?不倫している芸能人がイメージキャラクターを務める商品やサービスを買わない人の割合

2022.04.16

日々メディアを賑わす有名人の不倫ゴシップ。過ちを犯した人たちは謝罪会見を開いたり、当面の間活動自粛をしたりと世間に向けて何らかのポーズを取っているが、そもそも、世間はそこまで芸能人の不貞行為に興味・関心があるのだろうか?

そこで日本トレンドリサーチがこのほど、「有名人の不倫に関するアンケート」を実施したので、その結果を紹介する。

不倫している芸能人が出ているテレビ番組は観たくない?

「好きな有名人が不倫をしていた場合、その有名人について苦情をメディアに伝えたりネット上に投稿したりするか?」と質問したところ、「する」と回答したのは4.0%で、96.0%と大多数が「しない」と回答した。

特に好きでも嫌いでもない有名人が不倫していた場合について同様の質問をしたところ、「する」と回答したのは2.7%で、やはり大半は「しない」(97.3%)と回答した。

「不倫した有名人が出ている番組を観たくないと思うか」について、同じように「好きな有名人」「好きでも嫌いでもない有名人」それぞれで質問した。

「好きな有名人」では「観たくないと思う」が38.2%で、「気にならない」が61.8%だった。一方、「好きでも嫌いでもない有名人」では「観たくないと思う」が31.0%、「気にならない」が69.0%という結果だった。

スポンサー企業や、イメージキャラクターを務める商品については7割以上が「気にならない」

不倫した有名人が出ている番組のスポンサーについてネガティブな感情を抱く人はどれくらいいるのだろうか。

調査の結果、「好きな有名人」の場合「ネガティブな感情を持つ」と回答したのは28.2%。一方、「好きでも嫌いでもない有名人」の場合では24.5%だった。

好きな有名人が不倫していた場合、スポンサー企業や、イメージキャラクターを務める商品にネガティブな感情を持つと回答した人からは以下のようなコメントが寄せられた。

・それまで好印象だったものが、一気に下がるのは言うまでもないことだしその人がかかわっていたものすべてのことに対し印象が悪くなる。(60代・男性)
・イメージの悪いタレントは遠慮してほしい。(50代・男性)
・イメージがクリーンではないから。やっぱり連想してしまうから。(20代・女性)
・見る目がない、レベルの低い会社だと思ってしまうから。(50代・女性)

また、好きでも嫌いでもない有名人が不倫していた場合、スポンサー企業や、イメージキャラクターを務める商品にネガティブな感情を持つと回答した人からは以下のようなコメントが寄せられた。

・自分がサポートしていたかは問題ではない。人として許せない。(20代・男性)
・好き嫌い関係なく人として反省をし自粛してほしいです。(50代・男性)
・好きでも嫌いでもないので、その人やその人採用した企業に収入が入らないようにCMとかは見ないようにする。(10代・女性)
・興味がない人に対しては不倫のイメージがチラつくので嫌いになってしまいます。(40代・女性)

最後に、不倫した有名人がイメージキャラクターをしている商品・サービスの利用について聞いた。

好きな有名人の場合は、、「一切避ける」が7.3%、「できる限り避ける」が22.0%、「気にならない」が70.7%だった。他方、特に好きでも嫌いでもない有名人だった場合は、「一切避ける」が8.3%、「できる限り避ける」が19.8%、「気にならない」が71.8%となった。

<調査概要>
調査期間:2022年3月24日~3月31日
集計対象人数:600名(30代以下・40代・50代・60代以上 男女各75名)
調査対象者:男女
※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合がある。

出典元:日本トレンドリサーチによる調査
(運営元:株式会社NEXER

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。