小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界の検索エンジンシェア、Googleの一強が続く

2022.04.16

その他ではMicrosoft Bingのシェアが増加

アウンコンサルティングの調査によると、検索エンジンシェアにおいて、PC・モバイルともに中国・ロシアを除く38カ国でGoogleがトップシェアを占めていた。では、Google以外にどのような検索エンジンが使われているのだろうか。

アウンコンサルティングでは、2012年11月より世界40カ国を対象に検索エンジンシェアの推移を調査しており、この度、2022年2月時点の各国・地域におけるPCとモバイルの主要検索エンジンシェアを調査したので、結果をお伝えしよう。

世界の検索エンジンシェア(PC) 2016年2月-2022年2月比

※Google以外の検索エンジンシェアを記載

世界の検索エンジンシェア(モバイル) 2016年2月-2022年2月比

※Google以外の検索エンジンシェアを記載

上記の通り、地域によってはGoogle以外の検索エンジンも意識すべきだが、世界的にはその利用率は低く、PCではGoogleが約85%を占めるのに対し、Microsoft BingとYahoo!を合わせても約10%、モバイルではGoogleが約95%に対し、Baiduは2%弱程度となっている。

今後もGoogle一強の状況は続いていくため、引き続き最新情報をキャッチアップしておくことが重要だ。

※用語の定義として、検索エンジンとは検索システムを提供する会社、ブランドを指す。具体例を挙げると、日本で最も人気のあるポータルサイトの一つ「Yahoo! JAPAN」は、検索エンジンとしては「Google」という扱いとなり、同様の理由から「Yahoo!台湾」や「Yahoo!香港」はMicrosoft Bingとなる。

2022年2月 各国・地域におけるPCとモバイルの主要検索エンジンシェア

※2020年インターネット利用率において、グレー部分は2017年のデータ

DuckDuckGo(ダックダックゴー)とは

前回調査でのオランダ・スイスに加えて、ニュージーランドで「DuckDuckGo」が第2検索エンジン(モバイル)にランクインしていることが分かった。

世界の検索エンジンシェア(モバイル)では2016年の0.06%から0.51%(2022年)と、母数は少ないながらも徐々にシェアを伸ばしている状況にある。

DuckDuckGoは、プライバシー保護を重視した仕様で、ユーザーの個人情報を一切収集しないとされている検索エンジンだ。

また、欧州連合(EU)では、個人情報(データ)の基本的人権の確保を目的とした「EU一般データ保護規則(GDPR)」が2016年5月に発効、2018年5月から適用が開始されている。

このような法規制による個人情報保護に対する意識の高まりが、「DuckDuckGo」のシェア率を伸ばした要因のひとつとして考えられる。

調査概要
世界40カ国、主要検索エンジンシェア(PC、モバイル)
調査要綱
対象国: OECD加盟主要国を中心に当社にて抽出
インターネット利用率: Committed to connecting the world
Percentage of Individuals using the Internet
検索エンジンシェアデータ参考: StatCounter
調査日:2022年3月14日 ~ 2022年3月30日
調査対象時期:2017年7月 ~ 2022年2月

関連情報:https://www.auncon.co.jp/seminar/index20220412.html

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。