小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シニアソムリエの全力推し!春の明るい気持ちに寄り添うワイン6選

2022.04.16

シニアソムリエのまみちゃんが提案する春の厳選ワイン6本

はじめまして!@DIMEのみなさん、日本ソムリエ協会 シニアソムリエ植田真未(通称まみちゃん)です。大好きな春、日差しも明るくなってきたし、心もウキウキさせたいですよね!世の中いろいろありますが、自分の気分は自分で変えられるもの。せっかく生きるなら、楽しく、笑顔で、いつも気持ちよく過ごしてみませんか?

ここでちょっとだけ自己紹介。まみちゃんは茨城県水戸市の株式会社ワインデマミの代表取締役です。茨城県水戸市生まれで成城大学英文学部英語学科卒業後、石鍋裕シェフの株式会社クイーン・アリス入社に入社し、株式会社ワインデマミを設立しました。

現在は日本ソムリエ協会シニアソムリエ、前茨城支部長、日本酒サービス研究会きき酒師などの資格をもち、コンサルタントとしてワインリスト作成や、レストランサービス指導のほか、NHK水戸文化センターワイン教室講師、チーズ&ワイン教室講師なども行っています。

そんな私が選んだ春にふさわしい厳選の6本はこちらです。

どれも絶対に裏切らない味と香り。春の明るい気持ちに寄り添ってくれるワインたち。春の風を感じながら、一人でじっくり楽しむのもよし、友人や恋人と語らいながら飲むのもよし、です。商品紹介とともに、ワインの基礎知識も少しずつご紹介しますね。

ダンスのある生活
~人生を楽しみ、祝い、五感に触れるような楽しさに溢れたワイン

1. ダンザンテ ピノ・グリージョ 2020(白ワイン)

生産地:イタリア / トスカーナ
生産者:テヌーテ・ディ・トスカーナ
ぶどう品種:ピノ・グリージョ100%
味わい:辛口

テーブルの上に置いておくだけで春の風が吹いてくる!

ダンザンテを造るテヌーテ・ディ・トスカーナはフレスコバルディのホールディング・カンパニーです。フレスコバルディ家の歴史は古く、1000年以上前まで遡り、イギリス王室とも親密な交流がある華麗なる一族です。「カステル・ジョコンド」、スーパー・トスカーナワイン「ルーチェ」を生み出す「ルーチェ・デッラ・ヴィーテ」など、超高級で有名なワイナリーを所有しています。

”ダンザンテ”はイタリア語で「ダンス」を意味します。ダンザンテのセラー・マスターはなんと、元バレリーナのルチア・ミノッジョさん!ダンスとワインの両方に対するルチアのブレンドされた情熱は、人生に対するイタリアの情熱を捉えるダンザンテのイタリアワインのコレクションと完璧に調和しています。

ピノグリージョは、フレッシュなトロピカルフルーツや繊細な花束の香りがあり、すっきりとしていてバランスが良く余韻の長いワインです。生き生きと溌剌としていてウキウキするピュアなワインです。ぜひ、あなたの五感を躍らせてください。

“有名な”という意味を持つ“ファモーゾ”!ロマーニャの土地を愛し、ロマーニャの地を最大限に表現するフレッシュで若々しい味わい!

2. ファモーゾ・ルビコーネ 2020 (白ワイン)

生産地:イタリア / エミリア・ロマーニャ
生産者:ポデーリ・ダル・ネスポリ
ぶどう品種:ファモーゾ100%
味わい:辛口

自然環境に配慮したワインです!

エミリア・ロマーニャ州は私の本拠地、茨城県の国際友好提携都市なのです。ポデーリ・ダル・ネスポリ社のワイナリーと畑は、エミリア・ロマーニャ州のアペニン山脈とアドリア海に挟まれたエリアのビデンテ渓谷にあります。

山と海に挟まれていることで大きな昼夜の寒暖差が生まれ、アペニン山脈からの風により適切な湿度に保たれる海と山両方の恩恵を受け、ぶどうの栽培に最も適した素晴らしい土地でぶどうを育てており、「畑からグラスまで」をコンセプトに、自然環境に配慮したワイン造りを実践しています。

ファモーゾはイタリア語で「有名な」という意味。とてもアロマティックな品種として知られるファモーゾは、1400年代から栽培されていた歴史あるエミリア・ロマーニャ州の土着品種でしたが、栽培が難しく、一時期減少していました。それを、ネスポリ社や地元の生産者が再び掘り起こし、ここ10年の間に再発見されたブドウ品種なのです。

菩提樹やオレンジなどの花の香り、トロピカルフルーツや白い果肉の果物の香りが豊かに香ります。凝縮感のある味わいと酸味のバランスがよく、エレガントな飲み心地の魅力溢れる辛口白ワインです。

ポルトガルの伝統、ダンワイン!今にふさわしい、美しい春色のロゼで乾杯を

3. キンタ・ダス・マイアス マイアス ロゼ 2019( ロゼワイン)

生産地:ポルトガル / ダン
生産者:キンタ・ドス・ロケス
ぶどう品種:ジャエン50%、ティンタ・ロリス50%
味わい:辛口
★EUビオ(オーガニック)認定

好きな女性を思いながら楽しんで欲しいワインです!

キンタ・ドス・ロケスはダン地方の中心部ネラスの北東に位置し、エストレラ山脈の南斜面に40haの葡萄園を所有するワイナリーのロゼワインです。ダン地方は、日本では作家・壇一雄氏が氏の姓と同じ発音のダンワインを愛飲されたことでも知られています。キンタ・ダス・マイアスはそのキンタ・ドス・ロケスから30Km東、エストレラ山の麓の斜面に40haの畑を有する歴史ある葡萄園です。2007年から葡萄造りをオーガニック栽培に転換し2011年収穫からオーガニックの認定を得ました。

キンタ・ダス・マイアスのロゼワインは、淡いピンク、カシスやチェリーの香り。オーガニックらしいピュアさを持ち、フレッシュで骨格のある味わい。酸味と果実味のバランスがよくお食事と合わせやすい辛口のロゼワインです。アペリティフとして、また、シーフードや白身の肉料理と相性が良いので、ぜひお供にしていただきたいですね!

今大注目のウコ・ヴァレーより、IGパラへ・アルタミラのシングル・ヴィンヤード マルベック登場!

4. アルジェント シングル・ヴィンヤード オーガニック・マルベック 2019(赤ワイン)

生産地:アルゼンチン / メンドーサ
生産者:ボデガ・アルジェント
ぶどう品種:マルベック100%
味わい:フルボディ
★2018ヴィンテージ デキャンター 2020 金賞(95pts)

フルボディで料理にも合う!絶対おすすめ、はずしません!

アルジェントはアルゼンチンの銘醸地として知られるメンドーサに1998年に設立されました。メンドーサは標高の高いワイン産地のひとつとして知られており世界的にも類を見ないテロワールとして注目を集めています。注目の産地ですよ!

“アルジェント”とはラテン語で「銀」を意味しています。アルゼンチンの名がそうであるように(アルゼンチンはラテン語で銀を意味するアルゲントゥムを英語読みしたもの)、かつて銀の山脈があると信じられて名付けられたことに由来しています。

新発売のシングル・ヴィンヤード・オーガニック・マルベックは、今大注目のウコ・ヴァレー産。2020年ワイン・スペクテーター年間TOP100ランクインした アルゼンチンワインのうち3つがなんとこのウコ・ヴァレー産なのです!

ウコ・ヴァレー内の小さなIGパラへ・アルタミラは、土壌研究結果から、その特徴が著しいことで認定された珍しいIGです。その味わいは、とっても魅力的!ストロベリーなどの赤系果実、ハーブの香り。いきいきとした酸とミネラル感があり果実味から複雑で長い余韻につながっていきます。2018ヴィンテージ デキャンター 2020 金賞を受賞しています。

明けない夜はない!必ず朝は来て朝陽は昇る。さあ、元気を出して前に進もう!

5. 陽はまた昇る 2019 (赤ワイン)

生産地:日本 / 栃木県足利市
生産者:ココ・ファーム ワイナリー
ぶどう品種:タナ 85%,カベルネ・ソーヴィニョン 14%,ピノ・ノワール 1%
味わい:フルボディ

飲めば気持ちが前向きになる!ぜひ試して欲しい日本産ワイン。

ココ・ファーム・ワイナリーは栃木県足利市にあるこころみ学園のワイナリーです。1950年代、当時の特殊学級の中学生たちとその担任教師(川田昇・かわたのぼる:1920年12月18日~2010年12月17日)によって開墾されました。

青空が広がるこの山に、葡萄畑が開かれたのは昭和33年。その葡萄園の麓に障害者支援施設こころみ学園が設立されたのは昭和44年。ココ・ファーム・ワイナリーができたのは昭和55年。開墾以来、除草剤が撒かれたことがなく、醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌が中心です。“こんなワインになりたい”という葡萄の声に耳を澄ませ、その持ち味を生かすことを大切にしています。

「陽はまた昇る」はタナ種を主体にした赤ワイン。タナ(Tannat)の名はタンニン(Tannin)に由来し、渋みが特徴です。フランス南西部マディラン地方の主要な葡萄品種で、その名の通り色が濃く果実味豊かで渋味のしっかりとした長期熟成タイプのワインが数多く造られています。

2019年は、タナ種の果実味や渋味、酸味、カベルネ・ソーヴィニョン種とピノ・ノワール種の柔らかな口当たりが調和した、力強く優しい赤ワインになりました。ダークチェリーやカシスの⿊い果実に、⿊コショウやシナモンのスパイス、なめし⽪、⽯灰、スモーキーな⾹りがっしりとしたタンニンと伸びやかな酸。グラスに注いだ後に時間をかけてゆっくり味わいたい赤ワインです。

悲しみよ、さようなら!新たなスタートを切るにふさわしいワイン!

6. ロラトワール・ド・シャス・スプリーン 2016(赤ワイン)

生産地:フランス / ボルドー
オーナー:セリーヌ・ヴィラール・フーベ女史
ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニョン52% メルロ40% カベルネ・フラン8%
味わい:フルボディ

今こそ飲むべき時!にコロナ禍の憂いを払拭できるワインです。

ムーリス地区グラン・プジョーの地において、メドック格付けシャトー並みの評価を受けるシャトー・シャス・スプリーンモーカイユ、プジョーとともに3大ムーリスにも挙げられ、知名度もある人気シャトーでもあります。

”シャス・スプリーン”は「憂いを払う」という意味があり、かつてこのシャトーに滞在した英国詩人バイロンが命名した といわれています。ロラトワール・ド・シャス・スプリーンはシャス・スプリーンの2つあるセカンドワインの1つで、1979年からリリースされています。

ここで初心者のみなさんにセカンドワインの解説です。ワイナリーにおいて最も品質の高い看板商品はファーストラベル(グラン・ヴァン)。その基準は満たさないものの、十分に質の高いものをセカンドワイン(スゴン・ヴァン)と呼びます。セカンドはそのワイナリーの中では二番手ではあるものの、他のワイナリーのファーストラベルよりも質が高いものがあるので、セカンド=二流ではありません。

このロラトワール・ド・シャス・スプリーンはセカンド用のぶどうを使用して造られた、もう一つのセカンドと異なり、最終段階でファーストから降りてきたぶどうを使用しているので、よりリーズナブルにファーストに近い味わいを楽しめるワインに仕上がっています。

評価がとても高いグレートヴィンテージ2016年は凝縮感のある豊かな果実に複雑さ奥行のある味わい。ムーリスのテロワール感と銘シャトーのクオリティを存分に楽しめるセカンドワインです。

以上が私のおすすめする春のワインたちです。紹介したワインの価格はお店によっても異なりますが、ワインデマミでは6本で1万5000円(税込み、送料別)で販売しているので、価格的にも気軽に試していただけると思います。まずは新しい季節にふさわしいワインはいかがでしょうか?

見つけたらぜひ味わってみてください。また、こちらにご紹介できない春の素敵なワインもたくさんあります!まみちゃんのTwitterなどSNSもご参照ください。

著者紹介

Wine des Mami(ワインデマミ)代表取締役 植田真未
平成30年度 優良経営食料品小売店等表彰事業最優秀賞 農林水産大臣賞 受賞 (茨城県初、ワインショップとして日本初)
日本ソムリエ協会前茨城支部長、日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ、ワインインストラクター、利き酒師、マスター・オブ・チーズ、パーティーコーディネーター、インターナショナルバーテンダーの資格を取得。WebやFacebookなどでワインを楽しむイベントなどを随時開催中。

Wine des Mami(ワインデマミ)オフィシャルサイト
所在地: 〒310-0912 茨城県水戸市見川2丁目49−2
電話029-224-4301
LINE公式アカウント
Instagram
植田真未Facebook
YouTubeチャンネル登録

文/植田真未・柿川鮎子
編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。