小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内企業における中間管理職以上の男性比率は8割以上

2022.04.15

「一億総活躍社会」の実現が目指されている昨今においても、仕事・キャリアにおけるジェンダーギャップは日本社会に根強く残り続けている。

そんな中、LinkedInはこのほど、キャリアに関する支援を目指すため「日本のジェンダーギャップと働き方に関する意識調査」の結果を発表した。

中間管理職では男性比率が圧倒的に高く、「男性の方がよりよいキャリアが積める」という認識がある

今回の回答者の中で、有職者の男女比率は57:43と、男女の間で大きな差は見られなかった。しかし、正社員に限定すると、男女比は71:29となり、圧倒的に女性に非正規雇用が多いことが明らかになった。

また、中間管理職以上の職位にある人は有職者全体の約22%に留まる中、中間管理職以上の回答者の男女比を確認すると、男性:女性が83%:17%と、中間管理職以上は圧倒的に男性が多く、日本の職場の世界は性別によって全く違うものとなることが明らかになった。

有職者全体に「自身が異なる性別だったとしたら、今よりもキャリアの立ち位置は良かったと思いますか」と聞いたところ、「変わらない」と回答した人は67%だった。「もっと良かった」「ある程度よかった」と回答した人の割合には男女で差が認められ、「異なる性別だったらより良かった」と回答したのは女性で33%に上ったにも関わらず、男性では8%に留まった。

他方で「異なる性別ならより悪いポジションだった」と回答した人は、男性で24%、女性で3%となり、現状の中間管理職以上の男女比の偏りが意識の側にも反映されていることが明らかになっている。

さらに、日本における男女平等とその他の社会問題について、提示した文章にどの程度同意できるかを質問したところ、「男女はそもそも異なるため、男女平等は成立しない」という文章に同意した人は約40%に上り、性別による大きな回答差も見られず、日本の職業社会ではある程度の男女の差を前提としていることが明らかになっている。

一方、この文章に同意しなかった人は約22%と、男女平等が成り立つと思っている人がかなり少ないという状況が明らかになった。

ジェンダーギャップは職場以外にも存在し、女性は家族内での状況改善に期待

日本社会において男女格差の有無を聞いたところ、「とてもある」「ややある」と回答した人は全体の71%に達した。特に女性は、男性よりも10ポイント以上「男女格差がある」と考えていた。解決方法については、1位が男女ともに「学校教育において男女格差がなくなるよう積極的に学びの機会を作る」だった一方、女性では2位が「男女の平等な家事分担を推進する」という項目が2位になった。

柔軟な働き方は性別や年代を超えて人材を惹きつけ、子どもを持つ世代からは期待を集める

今回は、柔軟な働き方や仕事のブランクに関する意識調査も行った。有職者に仕事上のブランクの有無を聞いたところ、46%がブランクを経験していたことがわかった。しかし、これらを仕事上のブランクを経験した人のうち、約59%が復帰時に以前より安い給料に甘んじなければならなかったこともわかった。ただし、ブランクを経て復帰した人の約60%はキャリアが後退したと思っていないことも同時にわかった。

現在の職業においてより柔軟な働き方ができるようになった際に感じることを聞いたところ、44%が「今の職場にもっと在籍したいと思う」と回答した。この結果は、柔軟性の高い職場ほど従業員に長く働いてもらえることを意味する。

また、その他の上位回答として、ワークライフバランスやメンタルヘルスの改善にも期待が集まった。さらに、今後子どもを持つ比較的若い世代(18~39歳)については、他世代に比べ、柔軟な働き方によってもっと子どもが欲しいと考える割合が比較的高く出ていた。

<調査概要>
調査名称:日本のジェンダーギャップと働き方に関する意識調査
調査期間:2022年2月に実施
対象者:日本在住の18~70歳約1,000人
手法:オンラインアンケート調査(第3者調査機関に委託)。世代(ポスト団塊世代:57-70歳/バブル世代:51ー56歳/ロスジェネ世代(氷河期世代):40ー50歳/プレッシャー世代:34ー39歳/ゆとり・さとり世代:27-33歳/Z世代:18-26歳)、性別、エリア、勤務状況別に集計

出典元:リンクトイン・ジャパン株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。