小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

個性的なカラーリングがカッコいいヤマハのロードスポーツバイク「MT-07 ABS」2022年モデル

2022.04.15

カラーリングとグラフィックを変更したグレー、ブルー、マットダークグレーが登場

パステルダークグレー(グレー)

ヤマハ発動機は、ロードスポーツ「MT-07 ABS」の2022年モデルを5月25日に発売すると発表した。

今回の2022年モデルは、カラーリングとグラフィックを変更した3色を設定した。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーとなる。

パステルダークグレー(グレー)

パステルダークグレー(グレー)

パステルダークグレー(グレー)

“ブルー”は、ヤマハのフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとなっている。

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現している。

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

この「MT-07 ABS」は、「Accessible MT with a Fitter Body」をコンセプトに開発。“クロスプレーン・コンセプト(※)”の2気筒270度クランクエンジンをコンパクトなボディに搭載し、走りの楽しさとストリートで映えるデザインや優れたコストパフォーマンスを兼ね備えた、さまざまなシーンで楽しめるモデルとなっている。

(※)クロスプレーン・コンセプトは、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想

【販売計画台数】

800台(国内・年間)


【メーカー希望小売価格】

MT-07 ABS 814,000円(税込)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれてない

主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式:8BL-RM33J/M419E
全長/全幅/全高:2,085mm/780mm/1,105mm
シート高:805mm
軸間距離:1,400mm
最低地上高:140mm
車両重量:184kg
[燃料消費率]
国土交通省届出値 定地燃費値:40.0km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値:24.6km/L(クラス3 サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列:直列, 2気筒
総排気量 688cm3
最高出力:54kW(73PS)/8,750r/min
最大トルク:67N・m(6.8kgf・m)/6,500r/min
燃料タンク容量:13L(無鉛レギュラーガソリン指定)
クラッチ形式:湿式, 多板
変速装置/変速方式:常時噛合式6速/リターン式
タイヤサイズ(前/後):120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)
制動装置形式(前/後):油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ


関連情報:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-07/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。