小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

廃棄品からハイセンスな小物を作り出す台湾のブランド「culture文化實驗」が話題

2022.04.15

果物の段ボールや学校の体操着からハイセンスな小物を作り出す

廃棄された物品をリサイクルして、カバンや文具を作り出すブランド「culture文化實驗」が注目を集めている。

単にリサイクルしたものを販売するだけではなく、実用的で洗練されたデザインの商品に生まれ変わらせているところが特長的で、ゴミを芸術品にする「廃物芸術家」と台湾のマスコミでも話題になった。

小物以外にもエコ素材やリサイクル材料を使う手作りするキットなども販売している。

生分解するエコ素材、洗えるクラフト紙を使った「A5水洗牛皮紙筆記本套」は、使用者が自分で裏紙やチラシなどを使って中のページを補充するノートで、2018年にドイツiFデザイン賞を受賞した。

縫うことなく、ハサミ一つでTシャツがトートバッグになるキット「免縫紉舊衣變包輕鬆套」とともに2018年台湾「ゴールデン・ピン・デザインアワード」も受賞している。

そのほかワークショップなども行い、売り上げの5%を台湾環境インフォメーション協会に寄付している。

生活や文化の痕跡を残したデザインに支持が広がる

2014年の統一地方選挙期間に設立したブランド「culture文化實驗」は、選挙期間が過ぎたら大量のゴミとなる帆布ポスターをカバンにするところから始まった。

当時は現在ほど環境保護に対する意識が高くなかったため、選挙のゴミから作られたカバンにはあまり注目が集まらなかったが、台湾の生活文化の痕跡を残し、価値と意義を新たに探求するデザインが次第に注目され、デザインを通してゴミを黄金に変えると評されるようになった。

台湾では2018年からレジ袋の使用減量規制を強化し、2030年にはストローやカップなど使い捨てプラスチック製品を全面使用禁止にする予定だ。

そのような流れから、廃棄物に付加価値を与えるアップサイクルへの取り組みも若手のデザイナーを中心に盛んになっているといえる。

アーテイストのみならず、政府、企業も積極的にSDGsに取り組んでおり、SDGsに取り組む政府、企業等を表彰する「Catalyst 2030 Awards」でも台湾は「国家・政府賞」を受賞した。

参考記事:https://tnc-trend.jp/taiwan33/

アジア各国のトレンドを紹介するサイト「TNC アジアトレンドラボ」(http://tnc-trend.jp/)からリアルな「今」のアジア情報を発信!

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。