小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界7か国で最新の旅行トレンドを調査、日本人の7割が今年は旅行に意欲

2022.04.14

世界7か国で調査した、最新の旅⾏トレンド

4月29日から始まる2022年のゴールデンウィーク。今年は中に平日が2日含まれているため、休暇が取れれば最大10日の連休が取れるだけでなく、3連休を2回、2連休を1回といった変則的な過ごし方もできる。

新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置も全面解除されたことで、久しぶりに旅行を計画している人も多いのではないだろうか。

そこでアメリカン・エキスプレスは、⽇本を含む世界7 か国で2022年2⽉3⽇〜11⽇に実施した旅⾏に関する意識調査「アメリカン・エキスプレス・トラベル グローバル・トラベル・トレンド・レポート」を発表。これを元に世界の最新旅行トレンドを紹介しよう。

旅⾏での⽀出:ホテルなど宿泊施設での体験価値も重視

2022 年の旅⾏に関連する⽀出について、⽇本では回答者の69%が2022年にはコロナ禍前の年と⽐較して、同程度かそれ以上の額を旅⾏に費やすと回答。

その中でも宿泊への⽀出意向が⽇本では最も⾼く、旅先での観光などのアクテビティ以外に、宿泊での上質なホテル体験なども満喫したいという傾向が表れていた。

2022 年に予定している旅⾏の頻度と期間において、世界7 か国の平均では「短期での旅⾏を複数回(28%)」、「⻑期での旅⾏を2-3 回(24%)」となっている⼀⽅、⽇本は「短期での旅⾏を複数回(46%)」、「⻑期での旅⾏を2-3 回(17%)」と短期間の旅⾏を予定している⼈が多く、短期ゆえに⼀回ごとの宿泊を含めた旅⾏体験をより豊かで充実したものにしたい考えがあるようだ。

⽀出する項⽬について、⽇本では⼀回あたりの旅⾏での⽀出意向額の平均が 「1 位:宿泊(48 万2418円)」、「2 位:旅⾏保険(12 万283 円)」、「3 位:移動(5 万448 円)」となっている。

「宿泊」は調査対象の7 か国全てで1 位になっている項⽬だが、⽇本の48 万2418 円は7 か国中で最も⼤きい額となっており、2 番⽬に額⾯の⼤きかった⽶国の2,334 ⽶ドル(1 ⽶ドル=120 円換算で、約28万80円相当)を⼤きく上回る結果に。

また、⽀出項⽬の上位3 位内に「旅⾏保険」が⼊っているのは7 か国中で⽇本のみで、不測の事態による予定の変更などを余儀なくされた際の対応を重視する傾向がみられた。

1回の旅⾏で⽀出する項⽬:世界7 か国の上位4項⽬

*質問「2022 年の⼀回の旅⾏で以下の項⽬に平均いくら⽀出する予定ですか︖」
⾷事・宿泊・観光(ツアーなど)・移動(⾶⾏機・レンタカーなど)・旅⾏保険・服飾品(服・靴など)・旅⾏⽤商品(スーツケースなど)・デバイス(カメラなど)

意義を感じる旅先での活動:地場のお店での飲⾷や買い物での地域貢献

旅⾏で訪れた際に、その地域の⽀援につながる活動として、「旅⾏中にその地域で⽣産された⾷材を⾷べることが最も地域貢献につながり意義を感じられる(73%)」、「旅⾏中にその地域の中⼩規模のお店で買い物や⾷事をすることが地域貢献につながると感じられる(71%)」など、⽇本は地場の⾷材を⾷べることや、そのエリアに根差す中⼩規模のお店で買い物や⾷事をすることに、地域貢献などの意義を感じる傾向が強い結果に。

意義を感じられる旅先での観光アクテビティとしては、⽂化体験が34%と最も⽀持される結果となった。

旅⾏で訪れたい国:⽇本は国内旅⾏を⽀持する傾向

2022 年に旅⾏で訪れたい世界の⼤陸/エリアを聞いたところ、⽇本は上位3 位がアジア(41%)、ヨーロッパ(34%)、オーストラリア/オセアニア(20%)という結果に。

アジアの国で訪れたい旅⾏先としては、⽇本(40%)、シンガポール(23%)、韓国(20%)となっており、海外旅⾏よりもまずは国内旅⾏に⽬が向いているようだ。

インバウンド需要:依然強い、旅⾏先としての⽇本の⼈気

世界7カ国の平均では、2022 年に旅⾏で訪れてみたいアジアの国として、上位3 位が⽇本(40%)、シンガポール/タイ(同率で23%)という結果に。

また「2022 年の旅⾏で、⼀⽣に⼀度は⾏ってみたいアジアの国にいけるとしたら、どの国に⾏きたいか︖」という問いに対しても世界7 カ国の平均で上位3 位が⽇本(25%)、インド(18%)、シンガポール/タイ(同率で10%)となっており、海外旅⾏が本格的に再開した際、引き続き強いインバウンド需要が⽇本にあることを⽰す結果が出た。

調査概要
調査期間:2022年2⽉3⽇〜11⽇
調査対象国:⽇本、⽶国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、インド、イギリス
調査⽅法:オンライン調査
サンプル数:⽇本、カナダ、メキシコ、オーストラリア、インド、イギリス各1,000 ⼈、⽶国2,000⼈
⽇本では、世帯収⼊7 万⽶ドル以上の中で、2019年度中に1 回以上⾶⾏機を利⽤しての旅⾏をした⼈を対象に調査。

関連情報:https://www.americanexpress.com/ja-jp/

構成/Ara

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。