小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

物価上昇はどこまで続く?日銀短観が示すウクライナ危機の波紋

2022.04.14

統計法に基づいて日本銀行が毎年3月、6月、9月、12月の年4回実施する『日銀短観』。

22年3月調査では、最も注目される大企業・製造業の業況判断指数(DI)が2020年6月調査以来の悪化となった。今回の回答期間は2月24日~3月31日と、国内では全国的にまん延防止等重点措置が実施されている中、ロシアがウクライナへの侵攻を開始して以降の世界情勢を踏まえたものとなった。ただし、想定為替レートは実勢よりもかなり円高の水準となっており、今後の想定の修正等に注目だ。

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、こうした22年3月調査の『日銀短観』についてまとめた「ウクライナ情勢緊迫化を織り込み悪化した『日銀短観』」と題したマーケットレポートを公開した。

ウクライナ情勢緊迫化による原材料高で業況判断DIは悪化

4月1日に発表された『日銀短観』では、最も注目される大企業・製造業の業況判断DI(回答のうち「良い」から「悪い」を引いた割合)は、前回調査から▲3ポイントの+14ポイントとなった。2020年6月調査以来、7四半期ぶりの悪化となったが、事前の市場予想よりも底堅い結果となった。

また、大企業・製造業の先行き判断DIは+9ポイントと、足元の+14ポイントからは5ポイントの悪化が見込まれている。一方、大企業・非製造業の業況判断DIは同▲1ポイントの+9ポイント、先行き判断DIは+7ポイントとなった。

新型コロナウイルスの収束がなかなか見通せないことに加え、ウクライナ情勢の緊迫化に伴う原油価格等の原材料価格の高騰や供給制約、世界情勢の不透明感等が影響していると見られる。

想定為替レートは実勢よりもかなり円高

全規模・全産業の事業計画の前提となっている想定為替レートは、22年度が111.93円となった。米ドル円相場は3月下旬に一時125円を超え、足元でも120円台前半で推移するなど円安基調となっている。

今調査の回答期間は3月末までだったが、回答基準日は3月11日だったことから、3月下旬の急速な円安は十分に織り込まれなかったと考えられる。日銀は、円安は輸出にはプラスと円安容認の見方を示し、現在の金融緩和は継続する姿勢だ。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げに積極的な姿勢を示しており、日米の金利差拡大などから今後も円安傾向は続きそうだ。

設備投資計画はプラス、今後も物価上昇を見込む

22年度の設備投資計画は、GDPの設備投資の概念に近い、ソフトウエア・研究開発含む・土地投資額除くもので、全規模・製造業では前年度比+6.8%、全規模・全産業では同+3.2%となっており、企業の設備投資の意欲は底堅いと見られる。

また、企業の物価見通しでは、物価全般の見通しに対して全規模合計・全産業で1年後に前年比+1.8%、3年後に同+1.6%、5年後に同+1.6%となった。いずれも前回調査よりも今後の物価上昇を見込む格好となった。

ウクライナ情勢は未だ不透明感が高く、今後も原材料価格高騰等の影響は考えられるものの、企業の業況判断は底堅く、新型コロナウイルスの感染が落ち着き、景況感が上向いていくことが期待される。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。