小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

危機的な状況を迎えているウクライナのペットたちはどうなる?

2022.04.13

ウクライナのペットたちに届けられる支援

2022年2月下旬にロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、動物たちにとっても危機的な状況が続いている。

ウクライナの人々が連れ出したペットをはじめ、置き去りにされたペット、動物園の生き物、自然環境保護地区に暮らす野生動物たちなどへの影響は計り知れない。

そんな中、カリフォルニア州サンディエゴにある動物たちのためのシェルター、「ヘレンウッドアニマルセンター」がウクライナのペットへのサポートをスタートした。

ウクライナの動物たちの現状

はじめにウクライナの動物たちの現状をおさえよう。

身の回りのわずかなものだけを持って逃げ出すことを余儀なくされた状況で、ペットとともに避難する人も少なくない。一方、極限状態の中で置き去りにされるペットもいる。特に大型犬を連れて行くのは難しく、残されてしまうことが多いという。

ウクライナでは2014年の時点で、75万頭の犬と550万匹のねこが飼われていた。犬やねこのほか、うさぎやヤギ、鳥といったペットを連れて逃げる人もいる。

ウクライナ北東部の都市、ハリコフにある動物園は攻撃を受け、キーフ(キエフ)の北にある動物園では飢餓と寒さのため、動物たちが死に至り始めている。

卵を生産するファームは閉鎖や破壊、電力不足により生産停止を余儀なくされた。攻撃から逃れられた施設でも、エサの不足のためほとんどの鶏たちが屠殺されている。

動物保護シェルターで保護されている動物たちは、混乱の中で飼い主とはぐれたペットや、連れて行けないと判断した飼い主に預けられたペット、置き去りにされたペットだ。ペットを置き去りにして逃げる人がいる一方、置き去りにされた動物を保護シェルターに連れていく人も目撃されている。

シェルターで働くボランティアの中には食べ物や暖房、資金が不足する中、危険を知りながら動物たちのために国内に残り、攻撃を受けて亡くなった人もいる。

ヘレンウッドアニマルセンターによる支援

カリフォルニア州のサンディエゴにある動物たちのためのシェルター、「ヘレンウッドアニマルセンター」が、ウクライナのペットへの寄付を呼びかけ始めたのは、3月半ばのことである。

この呼びかけに対してアメリカ中から支援が集まり、1週間足らずのうちに予定していた5万ドルに達したという。3月28日には17万ドル以上の寄付がウクライナのペット支援のために送られた。

この活動の賛同者は、アカデミー女優のダイアン・キートンや数百万のフォロワーを持つインフルエンサー、キトン・スマッシュら。彼らがSNS上でヘレンウッドアニマルセンターの活動への参加を呼びかけると、支援は急激に増加した。

今回の支援活動では難民のペットと、ウクライナにあるペットのためのシェルターに対して経済的な支援を目的としている。具体的には医療機器や医薬品、食料、寝床を提供する団体への資金援助である。

ヘレンウッドアニマルセンターは、1972年に創設されたNGO団体で、これまでに年間9万人以上の人と、1万匹以上のペットをサポートしてきた。具体的な活動内容は、各種ワクチン接種や施設間のペットの移動にかかる経済的な支援、緊急時の医療提供、ペットの里親探しと教育、セラピープログラムの提供など多岐にわたる。

寄付金によるサポート内容

寄付により集まった資金は、動物たちの保護活動をしている施設に送られ、ペットたちに医療や、食料、寝床などが提供される。

ヘレンウッドアニマルセンターが集めた資金の提供先は、エストニアの動物福祉団体と、ポーランドの動物保護団体の2つだ。いずれもウクライナにある動物の権利保護を目的とするNPOと連携。

それぞれがポーランドやラトビア、エストニアなどに逃れた人たちのための施設と、ウクライナに残されたペットたちのためのシェルターへ支援を行っている。

エストニアの動物福祉団体の発表によると、寄せられた資金のうち半分をUAnimals(ウクライナ動物権利団体)に、残りの半分を避難してシェルターにいる動物たちのために活用するとのこと。

難民と一緒に避難してきた動物たちはシェルターで保護され、必要であれば予防注射などの措置が行なわれる。寄付を受ける施設には、国境近くのポーランドにある猫のための保護施設のほか、ウクライナで火傷や傷を負った犬たちのためのシェルターなども含まれる。

寄付金は100%がウクライナのペット保護活動に使われ、資金の移動に必要な手数料などはヘレンウッドアニマルセンターが負担しているのだとか。

ヘレンウッドアニマルセンターは今後も支援が続くかぎり、動物と動物の保護活動をする人たちへのサポートを続ける予定であるという。

参考:

HELP ARRIVES FOR UKRAINIAN PETS IN CRISIS |  Cision US

How animals in Ukraine are being rescued during war | BBC

Animal welfare in wartime | VOX

People — and pets — flee war in Ukraine | CBS NEWS

文/森野みどり

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。