小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界に一つだけの〝自分仕様のお茶〟を作れるMYE blend tea atelier「YOUR BLEND」の楽しみ方

2022.04.13

■茂木雅世のお茶でchill out!

もし、自分のためだけのお茶をオーダーメイドで作ることができる場所があったなら、あなたはどんなお茶を作るだろうか。

誰かとの記憶、忘れられない場所や大好きな音楽、大切な人をイメージしてつくっても良い。お茶の色や香り、飲んだ時の味わいで、好きな世界を自由に表現できる。そんな新しいお茶との時間を体験できる場所が東京・豪徳寺にある。今年、創業170周年を迎えるお茶と海苔の専門店・大佐和老舗が手掛けるMYE blend tea atelier(ミー ブレンドティーアトリエ)だ。

“合組されたお茶”をとことん味わい、愉しむ

近年、様々なところで目にするようになった単一農園によって作られた単一品種の茶葉、いわゆるシングルオリジンのお茶。明確に個性が感じられるシングルオリジンのお茶ももちろん奥深いのだが、茶師と呼ばれるお茶のプロによって、ブレンド=合組されて作り出されるお茶もまた、魅力にあふれている。

その年によって変化するお茶の風味を見極め、五感をフルに活用しながら、様々な産地や品種の茶葉を掛け合わせて、一杯のお茶へと落とし込んでいく。

古くからお茶屋さんが行ってきたこの合組という工程は、白いキャンバスに色を重ね、一つの絵を完成させていくことにもどこか似ている。

MYE blend tea atelierは、そんな合組のお茶の魅力を思う存分堪能できる場所なのだ。

アトリエでは週に数日、予約をしなくても訪れることができる開放日が設けられていて、お茶の試飲や購入はもちろん、代表であり茶師でもある大澤一貴さんがセレクトするお茶にまつわる古書を読むことも出来る。

いよいよ「私だけのお茶」をオーダー

中でも私が、以前からMYE blend tea atelierで体験してみたいと思っていたのが「YOUR  BLEND」という世界に一つだけのお茶をオーダーメイドで作ってもらえるサービスだ。

自分にとっての極上の一杯を目指して、頭の中にあるイメージをお茶の味わいへと変換していくという、日常ではなかなか出来ない体験。

どんなお茶を作ろうかギリギリまで迷ったが、今回は趣味であるバスケットボール観戦を楽しむためのバスケをイメージするお茶をつくってみることにした。

まずは簡単なカウンセリングからスタート。普段どんな風にお茶を飲むのか、どんな味わいのお茶が好みか、バスケ観戦について色々な話をする中で、大澤さんがそれらから想像する味わいを3種類のお茶で表現してくれた。

先入観がない状態で飲むために、最初は何のお茶かの説明を受けずに左から順番に飲んでいく。どのお茶も驚く程、好みの味わいだったが、中でも右側の湯飲みのお茶は、一口飲んですぐに「これだ!」とピンときた。

後から大澤さんに伺うと、会話の中で何気なく私が話した「バスケ観戦の時には太陽のような元気な味わいのお茶が飲みたくなる」という言葉から、左の湯飲みには、大地をイメージしたような味わいのお茶。真ん中はバスケットボールがはずんでいるような軽やかさのある味わいのお茶。そして右側がシュートフォームをイメージして、まっすぐに伸びる特徴を持つ“さえみどり”という品種のお茶をセレクトしてくれたのだという。

それぞれのお茶に対する感想を伝えると、大澤さんはお茶を完成させる作業に入る。

最後の最後まで色々な可能性を探って、お茶を仕上げている姿を見ていると、お茶というよりも作品の出来上がりを待っているよう。

完成したお茶を一口飲んでみると、まさに心から求めていたお茶が目の前にあった。

出来上がったお茶に名前をつけて、ラベリングができるというので、バスケットにちなんで「Tip off」と名付けた。世界に一つだけ、バスケ観戦をする時のお茶の完成だ。

既に出来上がっているお茶を買うだけでなく、まだ見ぬお茶を自由な発想で創り出すことができる場所、MYE blend tea atelier。

特別な日に飲む自分用のお茶としてはもちろん、大切な誰かをイメージして作ったものを贈れば、喜ばれること間違いなしだろう。大好きな音楽や本、人、シチュエーションなどをイメージして作ってみるというのもここでしかできない特別な体験になりそうだ。

今までとはまた違うお茶との出会い、そして愉しみ方を是非、体験してほしい。

MYE blend tea atelier→https://www.myeblendtea.com/

茂木雅世 もき まさよ

煎茶道 東阿部流師範・ラジオDJ
2010年よりギャラリーやお店にて急須で淹れるお茶をふるまう活動を開始。現在ではお茶にまつわるモノ・コトの発信、企画を中心にお茶“漬け”の毎日を過ごしている。お茶×音楽ユニットYuge〻のメンバーとしても活動中。
趣味は暮らしの中に取り入れやすいサステナブルアイテムを探求することとバスケ観戦。
Instagram:https://www.instagram.com/moki98per/
Twitter:https://twitter.com/ocharock

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。