小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

焼き芋メーカー、自販機、イモスクリプション、進化が止まらない第4次焼き芋ブーム

2022.04.13

第4次焼き芋ブームの秘密に迫る

ここ最近、「第4次焼き芋ブーム」が到来していたことをご存知だろうか?そもそも焼き芋ブームの歴史は、江戸時代までさかのぼる。第1次ブームが江戸時代、第2次ブームが明治維新以降、第3次ブームが高度経済成長期頃で、2003年頃から始まった第4次ブームが現在まで続いているといわれている。

秋から冬にかけての寒い時期には欠かせないホットスイーツ焼き芋が、時代に合わせ進化を遂げながら日本人の身近な所に常に寄り添っているのだ。

ヒットしたローソンストア100の焼き芋

既に多くの方が目にしているであろうコンビニの焼き芋オーブン。コンビニの冬の定番といえば、おでんや肉まんが主流だったがそこに焼き芋が頭角を現した。ローソンストア100ではお店で焼いた「焼きいも」を1本100円(税込108円)で販売。昨シーズンの全店累計販売数は210万本を超え、平均すると1日に1万本以上売れたという。また、ファミリーマートでは一昨年の大好評を受け、今シーズンは販売店舗数を約2.5倍に拡大して提供していた。

さらに、あのドン・キホーテにも甘い香りが漂っている。ドンキを含むPPIHグループ店舗では美味しい焼き芋を焼くことに特化した最強マシンを導入。さつま芋の状態に応じた焼き上がり温度を設定(企業秘密)し、完成した濃厚な焼き芋を一年中販売。年間1230万本売れているという。

24時間365日買える自販機やサブスクなどの新サービスも登場

また、愛知県の和菓子メーカー・丸八製菓は、自社で製造した壷焼き芋を2022年2月より冷凍自販機で販売を開始。熟成させた紅はるかを愛知県常滑産の壷でじっくり焼ことで、芋の澱粉が糖化し蜜が溢れ出る。冷凍することでより甘く滑らかな食感になっているという。自動販売機は24時間365日稼働しているのでいつでも手軽に購入できるのも魅力だ。

八雲だんご工場直売店前
場所:愛知県豊橋市高田町字下地25番地1 従業員東側駐車場入り口付近
営業日:工場直売店は毎週金・土・日・月・祝日の開店 朝10時~夕方5時30分まで、自動販売機は24時間365日稼働。
http://www.yagumo.co.jp/

さらに令和らしいこんなサービスまで登場した。近畿大学の現役大学生3人によって設立された学生ベンチャーYORAKUでは、全国各地の農家が栽培した様々な品種の冷やし焼き芋が自宅に届く定期配送サービス「イモスクリプション」をスタート。2022年3月には、3480円で1.5kgの焼き芋がひと月に1回届く「ライトプラン」を新たに設定した。焼き芋のサブスクなので、1年中焼き芋を食べる人には便利なサービスとなっている。

https://sachiare-sachimo.myshopify.com/

自家製焼き芋にこだわる人も増殖中

日本人の焼き芋熱はこれだけにおさまらない。調理済み焼き芋の購入だけでなく、自宅でも美味しい焼き芋を追求する人が増加中。焼き芋専用家電「焼き芋メーカー」も次々に登場した。

ドウシシャ「焼き芋メーカーBake Free」は、芋を入れて待つだけで美味しい焼き芋が作れる焼き芋メーカー。備長炭を配合した焼き芋プレートが芯まで熱を入れて焼き上げる。2017年に発売された前モデルは、年間販売目標1万台のところ、3万5000台の大ヒットを記録した。

https://www.e-doshisha.com/lineup/bake_free.html

ちょっとハイテクに進化した焼き芋メーカーも登場した。アーネスト「yakiimo baker UMAIIMO(ウマイーモ)」は、加熱温度や加熱残時間、ファン稼働のON/OFFがひと目でわかるデジタル表示を搭載した焼き芋メーカー。最高200℃の熱風を上下から高速に対流循環させ、芋全体を一気に加熱するロースト調理を採用している。

https://umaiimo.com/

焼き芋の原料であるさつまいもといえば、飢饉などによる食糧難を救った優秀な食材のひとつ。食物繊維も豊富といわれており、お腹持ちもよくヘルシーだ。そんな焼き芋が今では寒い時期に限らず1年中楽しめる環境になりつつある。もはや一過性のブームではなく通年スイーツの地位は確立しているのではないだろうか。近年、タイやシンガポールでも焼き芋が秘かに人気というが、もっともっと世界に焼き芋の名を轟かせてほしいものである。

文/太田ポーシャ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。