小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

山本光学が安全走行のために予測・認知を促すロードバイク用レンズ「ULTRA LENS for CYCLING」を開発

2022.04.13

安全走行のために路面の状況的確にライダーに伝えてくれるレンズ

山本光学は、ロードバイクで安全に走行することを目的として開発したレンズ「ULTRA LENS for CYCLING(ウルトラレンズ・フォー・サイクリング)」を搭載したアイウェア5品番を4月15日より順次発売する。

「ULTRA LENS for CYCLING」は、安全にロードバイクで走行するために、路面の状況を的確にライダーに伝えてくれるレンズ。

単に視界を暗くして眩しさを抑える従来のサングラスでは、眼に入る情報量は全体的に落ちてしまう。そこで山本光学では「安全な走行のためには、視界を妨げる眩しさを抑えつつも、必要な情報はしっかりと眼に届けることが必要ではないか」という仮説のもと、自転車ロードレースのプロチーム「宇都宮ブリッツェン」の選手とともに「安全な走行のために見るべきポイント(情報)とは何か」「必要な情報をどのようにライダーに伝えるのが良いのか」を繰り返しテストを実施。共同でレンズを開発したとのことだ。

特徴としては、タイヤのグリップが変化する可能性のある、轍・継ぎ目・凹凸など、これから通る路面の状況が確認しやすくなるほか、日本のロードバイク乗車環境に多い「峠道の木陰」などに配慮して、レンズを明るめに設定。ハイスピードで日向と木陰を行き来するような、光の変化が大きい状況でも路面が暗く感じにくいという。

裸眼時(左)と「ULTRA LENS for CYCLING」着用時(右)の比較(イメージ)

なお、共同開発した宇都宮ブリッツェン・増田成幸選手は「ULTRA LENS for CYCLING」について、つぎのようにコメントしている。

「ロードバイクの走行は“認知”“判断”“操作”の繰り返しです。プロ選手は“認知”とその前に存在する“予測”の能力が優れていることで、その後の早くスムーズな“判断”“操作”へとつなげているため、ハイスピードの集団でも安全に走行できます。『ULTRA LENS for CYCLING』は選手が“予測”“認知”のために気にしている“見るべき路面のポイント”を、着用したライダーに伝えてくれます。日本の道路環境で非常に使いやすいレンズが出来上がりました。落車なく安全にライディングを終えることはプロ・アマ問わずすべてのライダーにとって最も重要なことです」

テストを行なう宇都宮ブリッツェン・増田成幸選手

この「ULTRA LENS for CYCLING」は、2022年新モデルとして発売されるフレーム「STRIX D.A(ストリックス・ディーエー)」をはじめとした5型に搭載。製品ラインアップは以下のとおりとなる。

「STRIX D.A.」

本格的なスポーツモデルとして人気のSTRIXがさらに進化。ノーズ調整機能やレンズ交換機能、フィット感の良さはそのままに、風の巻き込みをさらに防ぐ新しいレンズ形状や滑り止め、一体成型のテンプルを新たに採用している。4月15日発売開始。

「STX DA-4417 LIM」
価格:20,900円

「STX DA-4417 BK」
価格:20,900円

その他展開モデル

4月28日より順次発売開始

「FO-4417 MBK」
価格:24,200円

「EN8-4417 MEBK」
価格:18,700円

「SACR-4417 MEBK」
価格:18,700円

関連情報
https://www.swans.co.jp/

構成/立原尚子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。