小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

W杯出場経験を持つ元サッカー選手が撮ったおバカな刑事コメディ映画「Cop Secret」

2022.04.09

■連載/Londonトレンド通信

3月に開催された第36回ロンドンLGBTQIA+映画祭で『Cop Secret』が上映された。サツの秘密というベタなタイトルで、映画紹介写真は並ぶ2人のマッチョマン、上映されるのがこの映画祭とくれば、まあ予想はつく。

ヒネリのないつまらない映画ではと、パスしかかったが、監督の経歴が異色なので観てみたら、これがけっこう面白かった。

監督はハンネス・ソール・ハルドーソンだ。サッカー通には聞き覚えのある名前だろうか。アイスランド、レイキャヴィーク出身のプロサッカー選手で、長らくアイスランド代表チームのゴールキーパーを務めてきた。ワールドカップにも出ている。昨年、代表チームからの引退、この3月、サッカー選手引退を発表したばかりだ。今年38歳になる。

ということは、この映画を撮りながらサッカー選手をやっていたことになる。経歴を見たら、この映画だけではなかった。二足のわらじでやってきた人だった。

サッカー少年だったハンネスだが、怪我もあってサッカーを離れ、映像の世界に入る。だが、かつてのコーチからお呼びがかかり、サッカー界に復帰する。並行して映像の仕事も続け、コマーシャルなどを手掛けてきた。

念願のプロサッカー選手になれた時に、一度は映像の仕事をストップする。海外チームで活躍した後、アイスランドのチームに戻った2019年に、ずっと構想を練ってきた待望の長編監督デビュー作『Cop Secret』に着手する。

さて、そのデビュー作だ。まず登場するコンビ、ハードボイルドだがどこかとぼけた主人公と、腰が引けてる太めの相棒は、やはりおバカ警察コメディのイギリス映画『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(2007)を思わせる。

とは言え、あの映画ほどギャグの切れはない。ヒネリがないという予想は、おおかた当たっていた。だが、つまらなくはなかった。

まずテンポがいい。カーアクション、銀行強盗、仕掛けられた爆弾等々、警察ドラマによくある面白い筋立てが次々続く。そこに、やはり予想通り、マッチョ2人の恋愛も絡む。裏切りあり、家族愛あり、もうテンコ盛りのストーリーだ。

ギャグの方も、バカバカしいと思いつつ吹いてしまうのが時々ある。特に冒頭カーアクションでのオチは、意表を突かれることもあり笑ってしまった。冒頭でつかみ、あとは早い展開で飽きさせない。

登場してくるキャラクターもいい。

掟破りの敏腕刑事として、荒っぽい手法で事件を解決していく主人公は、自身のセクシュアリティに悩んでいる。

そこに現れるのが、最初は隣の管轄のライバルで、次には同じ部署に移ってきて、怪我をした相方に代わってコンビを組むことになるスカした刑事だ。刑事でありながらモデルもやっていて、お家訪問みたいなテレビ番組にも出る。私服警官である意味がない目立ちようだが、このあたりは突っ込む間も与えず、どんどん進む。

ほかにも、パロディみたいなわかりやすい悪役に、その手下である美女など揃えている。 

大詰めの舞台は、女子サッカーの大試合が行われるスタジアムだ。ここでのサッカーをネタにしたギャグも笑える。

全体として惜しい箇所は多々あるが、惜しいと思わせるだけの土台はある。

ラストは続編への意欲満々な終わり方なので、うまくすれば次があるかもしれない。

文/山口ゆかり
ロンドン在住フリーランスライター。日本語が読める英在住者のための映画情報サイトを運営。
http://eigauk.com

 


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。