小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドローン、VR、AR、最先端技術を使ったesportsパーク「RED゜TOKYO TOWER」が東京タワーに4月20日オープン

2022.04.08

大規模な大会が多数行われるようになり盛り上がりを見せているeスポーツやドローンレース。VRやAR技術の進歩も相まって最新技術を使ったアソビが今注目を集めている。

そこで東京タワーを拠点に、esports/エンタメの拡張事業を展開する東京eスポーツゲート(TEG)は、東京タワーフットタウン内に、日本最大規模のesportsパーク『RED゜TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)』を、2022年4月20日(水)にグランドオープンする。

5階に続き、3階・4階フロアの注目コンテンツを公開!

4月4日よりチケット購入受付開始するとともに、5階フロアに続き、3階・4階フロアの注目コンテンツの全貌を公開したので、詳細をお伝えしよう。

『RED゜TOKYO TOWER』は、“GAME CHANGE”を施設コンセプトに掲げ、最新のゲームタイトルをプレイしたり、世界最先端のXR技術を搭載したスタジアムで大会やイベントを楽しんだり、あらゆる場面で遊びを詰めこんだ「異次元のエンタメ体験」を楽しめる空間を追求。

同社では、日本のエンタメシーンを広げ、ライフスタイルまでも動かしていく、新しい日本のアソビの拠点を目指すという。

 

3階:INSPIRATION ZONE

esportsの世界に包まれるRED゜のスタート地点。エントランスを抜けると、レトロゲームやVRゲームなど気軽に楽しめるコンテンツが多彩に登場。オフィシャルショップでRED゜限定のアイテムも手に入る。

ENTRANCE(エントランス)
「のれん」と「鳥居」を模した入口に最先端の映像技術をかけ合わせ、NEXT JAPANの演出が包す。

GATE(ゲート)
顔認証システムを駆使した、RED°TOKYO TOWERオリジナルによる次世代型ゲート。

KAT WALK(キャット ウォーク)
まるでゲームの世界に入ったような感覚で、さまざまなコンテンツもプレイできるVR空間。

RED° LOUNGE(レッド ラウンジ)
最先端のデジタルテクノロジーが描く、映像演出とゲームが融合した次世代ラウンジ。幅約15mの巨大LEDモニターと、床面を使ったプロジェクションマッピングによって、ラウンジ全体が圧倒的な存在感を放つ映像演出の舞台に。

さらに、レトロゲームやVRゲームなどのゲームコンテンツも楽しむことができる、RED°ならではの体験型ラウンジを届ける。

RED° MART(レッド マート)
RED°でしか手に入らない、オリジナル&コラボアイテムを続々と。さまざまな人気キャラクターやコンテンツとの限定コラボアイテムや、アパレルをはじめとしたRED°オリジナルのグッズが続々と登場する。

RED° GACHA(レッド ガチャ)
RED°ならではのesports/エンタメ感あふれるガチャを。日本独自の進化を遂げ、子供も大人も楽しめるガチャマシーンを用意。esportsやエンタメにちなんだガチャ専用アイテムを、オリジナルやコラボレーションで展開していく。

4階:ATTRACTION ZONE

超人スポーツをはじめ、ドローン競技などの体験型コンテンツが充実したフロア。多彩なフィジカルesportsが楽しめるラインナップの他、頭脳も使って挑戦する謎解きアトラクションでは、人気コンテンツとのタイアップも計画中。

RED° NAZOTOKI × Obey Me!(レッド ナゾトキ×オベイミー)
「Obey Me!」コラボによる、ここにしかないリアル体験謎解きゲーム!「学園ラブコメ・ファンタジー」として 世界186の国と地域を中心に展開している、600万DL突破の人気アプリゲーム「Obey Me!(オベイミー)」とのコラボ謎解き。スマホ連動のリアル体験型のコンテンツを届ける。

RED°SHOOTING × PUBG MOBILE(レッド シューティング×ピーユービージーモバイル)
「PUBG MOBILE」の世界観をリアルで体験。かつてないスリルと爽快感のシューティングアクションが出現。

全世界10億DL突破した「PUBG MOBILE」とのコラボレーションで 射撃訓練施設(EXAM)が、ここRED°TOKYO TOWERに出現。ステージレベルが上がるにつれて厳しくなる銃撃戦を乗り越え、“ドン勝”への道に挑んでいく。そんなリアルなゲーム体験を楽しめるシューティングゲームアトラクション。

※2022年6月オープン予定

RED° DRONE(レッド ドローン)
障害物ドローンレースをメインにはじめての人も楽しめるイベントも。重さ約34gのマイクロドローンを使ったダイナミックな障害物ドローンレースを楽しめるエリア。2ヶ所のトライアルエリアでは、的当てゲームなど気軽に楽しめるイベントも随時開催予定。

RED° SPORTS BASEBALL(レッド スポーツ ベースボール)
球界初!楽天イーグルスの投手と対戦できるVRアトラクション。VR技術を活用して、楽天イーグルスのピッチャーの投球を再現。ヘッドマウントディスプレイを装着すると、まるで実際のバッターボックスにいるような感覚に。本物のプロ野球選手の投球データを用いた VRバッティングアトラクションは球界初の試みだ。

RED° SPORTS GOLF(レッド スポーツ ゴルフ)
超高精度センサーを使ったゴルフシミュレーション。高精度なセンサーを駆使してクラブシャフトのしなりまで正確に再現することが可能に。国内外の有名コースの特長に忠実に再現し、リアルを極めた体験を提供する。

HADO(ハドー)
こどもの頃に憧れた魔法の世界を、圧倒的な臨場感で楽しむARスポーツ。実際に体を動かしてフィールドを動き回り、3対3の熱いバトルを繰り広げるARスポーツ。ヘッドマウントディスプレイやアームセンサーを装着し、エナジーボールとシールドを駆使して、対戦相手のライフを削りながら勝利を目指す。

CYBER PLAYERS(サイバープレイヤーズ)
プロジェクションマッピングを使った、身体で遊ぶ2つのゲームコンテンツ。「サイバープレイヤーズ」は、実際のボールとプロジェクションマッピング技術を使った体感型スポーツゲーム。楽しみながら体を動かし、エクササイズにもぴったり。サイバーバスケ、サイバースローの 2種類のゲームを搭載している。

VALO JAMP(ヴァロ・ジャンプ)
エアートラックとARが融合した、フィットネス感覚のフィジカルゲーム。「ValoJump air(ヴァロ・ジャンプ・エアー)」は、エアートラックを使って ゲームの主人公になったような気分を味わえるスポーツ。ジャンプするプレイヤーの姿をカメラがとらえ、正面のモニターのゲーム画面に自分のキャラクターが映しだされる。

VALO CLIMB(ヴァロ・クライム)
フィンランド生まれのARボルダリングスポーツ。エアホッケーとボルダリングを組み合わせた2人用の対戦型ゲーム(クライムボール)や壁にどんどん現れるコウモリをやっつけるゲーム(ワック・ア・バット)、スピードを競うクライミングゲーム(フラッシュ)など楽しみ方はいろいろ。

CYBER STADIUM(サイバー スタアジアム)
センサー×プロジェクションマッピングの次世代体感型アトラクション。ホッケー、ブロックゲーム、リズムゲーム、脳トレの4種類のゲームを搭載。エクササイズの要素はもちろん考えながら遊ぶことで教育にも効果的で、幅広い人が楽しめるアトラクション。

CYBER BOCCHA S(サイバー ボッチャ エス)
パラスポーツの「ボッチャ」をテクノロジーで拡張。VISUALIZE+SENSING+SOUND+マルチリンガルナビで よりダイナミックに、エンターテインメント性がアップ。世界的に人気が拡大しているパラスポーツ「ボッチャ」を気軽に楽しむことができる。

TOWER TAG(タワー タグ)
VR空間で激しい戦いを繰り広げるガンシューティング。近未来の街を舞台に、最新技術が生みだす圧倒的な没入感を満喫。VR空間の上空までそびえたつ無数のタワーがフィールドとなり、相手チームと銃撃戦を繰り広げるスリルと迫力がケタ違いのガンシューティング。

SPIRIT OVERFLOW(スピリット オーバーフロー)
近未来の東京を舞台にしたインドア・サイクリングの陣取り合戦型esports。未来型のバイクに乗り、それぞれ独自のスキルと戦術を持つ個性的なヒーローを操って競い合うテリトリーバトル(陣取り合戦)。本格的なesportsと高強度のバイクワークアウトが融合した新たな体験を届ける。

SISYFOX(シシーフォックス)
大玉を転がして、スピードを争う対戦コンテンツ。スピードを争う「ダウンヒル」を対戦モードで用意。バランス感覚、持久力、筋力を鍛えることが可能。狭い山道、暗い洞窟、乾いた川を乗り越えて、全力全速でゴールを目指して競争する。

関連情報:https://tokyotower.red-brand.jp/

構成/Ara


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。