小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フェンダーがディスコ&ファンクの巨匠、ナイル・ロジャースのシグネイチャーギターを発売

2022.04.07

ナイルが作曲に使用するストラトキャスターギターを再現したモデル

フェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーションは、3度のグラミー賞受賞者にして、ロックンロール殿堂入りを果たした音楽レジェンド、ナイル・ロジャースのシグネイチャーモデル『Nile Rodgers “Hitmaker” Stratocaster』の販売を2022年4月6日(水)よりフェンダー公式オンラインストアおよび正規取扱店にて開始すると発表した。

このモデルは、デヴィッド・ボウイ、ダイアナ・ロス、マドンナ、ロバート・プラント、ジェフ・ベック、ヴォーン・ブラザーズ、クリスティーナ・アギレラ、レディー・ガガ、サム・スミス、ファレル・ウィリアムス、Daft Punkなど、数々のアーティストのヒット曲に使われたナイル本人のアイコニックなギターを再現したものだ。

ナイルの輝かしいキャリアにおいて一つの欠かせない存在、それが彼の1960年製ホワイト フェンダーストラトキャスターのギターだ。

ナイルがこのギターの明るくエネルギッシュなサウンドを使い、数え切れないほどの名曲を生み出したことから、このストラトキャスターは「Hitmaker(ヒットメーカー)」と呼ばれるようになった。

何十年もの間、「Hitmaker」には独自のサウンドがあるとナイルは主張している。密接な連携によって忠実に再現された今回のシグネイチャーギターは、世界中のプレイヤーが音楽界における最も普遍的なギターの一つを体験できるギターとなるはずだ。

今回のローンチに際して、ナイル本人は次のようにコメントしている。

「”Hitmaker”は20億円のギターだと言われているそうです。Chic、ダイアナ・ロス、マドンナの楽曲、、、私はこのギターを使って、いくつかの史上で最も売れた曲制作に携わってきました。私にとってこのギターは約50年間の不変な相棒なんです。毎日毎日、何時間もこのギターを弾き続けてきました。自分以外のプレイヤーがこの”Hitmaker”を手に入れられるようになったことはとても嬉しく思います。フェンダーチームは私のオリジナルギターの特徴を細部まで完璧に再現しました。そのユニークなギターサウンドを私の楽曲以外で聴くことになるなんて、不思議な体験になります。(笑)」

名盤「Le Freak」でもHitmakerサウンドを聴くことができる

1973年にマイアミの小さな楽器店で「Hitmaker」を購入したナイルは、このギターを使って多くのジャンル、年代、トレンド、世代を定義する楽曲を作り出した。

アメリカ議会図書館により文化的に重要として指定され、保管されるほどのディスコ時代の名盤、「We Are Family」、「Le Freak」、「Rapper's Delight」でもこのギターのサウンドを聴くことができる。

これらの曲は、ラップ音楽をメインストリームに乗せ、「Hitmaker」の名をヒップホップとラップ音楽に定着させたと言われている。

ナイルは、ラップやヒップホップにギターを取り入れられるように道を切り拓き、これらのジャンルのアーティスト、プロデューサー、クリエイターがそれまで以上にギターを音楽制作に使用するようになった。最近のスーパーボウルLVIのハーフタイムショーなど、その影響は未だ続いている。

今日でも、ナイルのギターはラップのジャンルで最も多くサンプリングされているサウンドの一つであり、ノトーリアス・B.I.G.、ウィル・スミス、LL Cool J、スリック・リックなどのヒット曲でも聴かれている。

ポップソングライターとしての比類なき名声を持つナイルは、ヒット曲の制作にメジャーアーティストが頼りにしている存在でもある。

1983年のデヴィッド・ボウイのビルボード1位「Let's Dance」もナイルが手掛けていた曲で、その40年後、Daft Punkはナイルの協力を経て、ビルボード1位の 「Get Lucky」をリリース。「Hitmaker」は、この2曲と、ナイルが手掛けたプロジェクトのほぼ全てに使用されている。

「Hitmaker」は多くの特徴を持ち、1960年代スタイルのストラトキャスターボディに’59年式のネック、ハードテイルブリッジは美しい響きを与え、ミラーピックガードはステージ上の照明を美しく反射する。

ナイルが得意とするチャッキングスタイルで弾く際は、世界的に有名なナイルのソングライティングに欠かせないサウンドを体験できる。

フェンダーはこの「Hitmaker」の開発にナイルと緊密に協力し、オリジナルの細部まで再現する設計に成功した。

具体的には、まず「Nile Rodgers "Hitmaker" Stratocaster」は、オリジナルに合わせたカスタムコンター加工を行った、より薄いアルダーボディで作られている。

美しいオリンピック ホワイトのラッカー仕上げに、9.5インチラジアスの指板を持つワンピースメープルネック、3基のカスタムNile Rodgers Hitmaker Single-Coil Stratピックアップ、5ウェイスイッチ、ミラークロムメッキブラス製ピックガード、当時と同仕様のベントスチールサドルを備えたハードテイルブリッジ、Sperzel ロッキングチューナーとカスタムHitmakerネックプレートを装備。

さらにHitmakerの刺繍がほどこされたヴィンテージスタイルケースと正規製品証明書も付属している。

 

製品概要

 

製品名/Nile Rodgers “Hitmaker” Stratocaster(ナイル・ロジャース ヒットメーカー ストラトキャスター)
希望小売価格/363,000円 (税込)
販売日/2022年4月6日(水)

関連情報

https://youtu.be/-MR2E56ipOU(インタビュー動画)
https://youtu.be/OTpVI43wmdo(デモ動画)
https://www.fender.com

構成/清水眞希

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。