小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性の飲酒率が10%近く増加している台湾でスイートな女性向けビールの開発が過熱

2022.04.05

女性の飲酒率が10%近く増加、女性向けビール開発に乗り出す

台湾のビール市場で、女性にターゲットを絞ったビールの人気が高まっている。

台湾衛生局「國民健康訪問調查」の2010年と2020年のデータを比較すると、女性の飲酒率が各年代で10年前より10%近く伸びており、女性向けの商品開発に力を入れるメーカーが増えてきた。

現在人気のある商品は「瀇鋐有限公司」の「浮光愉悦柚香小麦(Float Light Happy Yuzu Ale)」130元(約480円)。柚子と麦の香りと、さわやかなフルーツの酸味が特徴のビールだ。

そして「金色三麥」の「青春百香啤酒(PASSION FRUIT BEER)」130元(約480円)。こちらは、パッションフルーツとピンクペッパーを使用したフルーツビールで、自社のビアレストランのほか、コンビニやスーパーでも購入できる。

女性向けビールは、ライチ、オレンジ、パイナップルなどのフルーツを使ったものが多いのが特徴だ。

蜂蜜を加えるなど甘いテイストで、アルコール度数が5%前後の低アルコールのものが好まれている。また、デザイン性の高いカラフルなラベルの商品が多い。

ビール専売制度の廃止以降、クラフトビールの人気が高まる

台湾のビール市場は、「中時新聞網」2020年12月25日の記事によると、ここ数年で300億元から500億元(約1,110億円~1,850億円)規模に成長している。

暑い時期の長い台湾では、以前からビールはよく飲まれていたが、COVID-19の流行以降、家でビールを飲む人が増えたため、新たな商品が続々と生まれている。

これまで台湾のメーカーは、フルーツを使ったビールや缶チューハイをあまり出していなかったが、女性の飲酒率が上がっていることもあり、女性にターゲットを絞った商品を出すようになった。

以前は、台湾省タバコ酒類公売局が台湾ビールの独占権を持っていたが、2002年1月1日よりお酒とタバコの専売制度が廃止になった。

その後、ビールの醸造所が次々と設立されるようになり、若者を中心にクラフトビール人気が高まった。現在では、クラフトビール店がコンビニエンスストアと提携し、ファッショナブルな瓶や缶のビールを販売するようになってきている。

コンビニエンスストアでは、「ビールフェア」のプロモーションが多く行なわれており、台湾ビール、輸入ビールともに販売に力を入れている。

参考記事:https://tnc-trend.jp/taiwan28/

アジア各国のトレンドを紹介するサイト「TNC アジアトレンドラボ」(http://tnc-trend.jp/)からリアルな「今」のアジア情報を発信!

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。