小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【最新ビジネス解説】やみつきになる食材の組み合わせをAIが導き出すデータアーティストの「味覚設計プロセス」

2022.04.04

データアーティストは、三重県の製菓会社マスヤの新商品「AIせんべい」に対して、AIによる「味覚設計プロセス」を提供した。「おにぎりせんべいAIせんべい」は、2022年3月22日に全国のローソン店舗(一部店舗を除く)で先行発売される。

8万以上のレシピから導き出した7つの「やみつき」食材とは?

テレビ東京のビジネス開発バラエティ番組で、「やみつきになる究極の味」をAIで生成するプロジェクトが発足。「味覚設計プロセス」はそのなかで採用されたAIエンジンだ。元になるデータ群と任意のコンセプトを掛け合わせ、最適な答えを導きだす。

今回のデータ群は、レシピ投稿サイトなど、WEB上に存在するレシピ情報。レシピ名に「やみつき」と記載される8万2000個ものレシピの食材をAIが学習する。

その中から、「やみつき」に該当する食材の組合せを1兆回以上もシミュレーションし、次の食品リストを導き出した。

AIが弾き出したやみつき度は99.8%。マスヤの研究スタッフが最終的にフレーバーに落とし込み「おにぎりせんべい AIせんべい」が誕生した。

リストに「ミョウガ」が入っているのは少々意外だが、これは偶然でもAIのバイアスでもない(異なるAIエンジンを試したところ、すべてミョウガは入った)。現代日本において、ミョウガは普遍的な「やみつき」の要素なのだ!

実際に食べてみたが、ミョウガの爽やかだが主張の強い香りが後味となって、最後に独特の印象を残す。人間には考えられそうもない食材の組み合わせを、AIが鮮やかに導きだしている。

ほかにも、「最もロマンチックな味」「最も都会的な味」「最もドキドキする味」など、元のデータ群さえあれば、さまざまな味覚を解析し、最適な食品の組み合わせを導けるという。

AIが商品開発へ活用される新たなステージへ

データアーティストは食品テクノロジーの企業ではなく、あくまで汎用的にマーケティングに活用できるAIを開発する会社。Webやソーシャルメディアのデータ群にコンセプトをかけあわせ、「最適な組み合わせ」を導き出す手法は、あらゆるビジネスに応用できる。

マーケティングのプロセスは、何を誰に届けるか、に集約される。「従来は、主に商品を『誰に』というターゲティングに、AIが活用されてきた。今回の取り組みは『何を』にあたる、新しい商品開発の手法をうみだした(代表山本覚氏)」。味覚設計プロセスは、バラエティ番組の企画以上に、次世代のAI活用の大きな端緒となったという見立てだ。

同社は今後、プロセスの「パッケージ化」を目指す。幅広い企業にAIエンジンを公開し、元のデータ群とコンセプトを入力するだけで、組み合わせを導きだせる仕組みだ。

未来の技術と思われたAI活用は、今後さまざまなビジネスに浸透していく。AIせんべいは、そのスピードが加速することを、予見させるプロジェクト。乗り遅れることのないよう、ビジネスパーソンはテクノロジーの進化と社会への実装をウォッチするべきだ。

●プレスリリース
”やみつき” になる究極味のせんべいをAIが開発

取材・文/ソルバ!
人や企業の課題解決ストーリーを図解、インフォグラフィックで、わかりやすく伝えるプロジェクト。ビジネスの大小に関わらず、仕事脳を刺激するビジネスアイデアをお届けします。 
https://solver-story.com/

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。