小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高さ2m超!世界初の立体映像を楽しめるガシャポン自販機「GASHAPON ODYSSEY」が登場

2022.03.30

バンダイのベンダー事業部は、『ガシャポン』発売45周年プロジェクト「答えはガシャポンだ」の取り組みとして、世界初となる立体映像を搭載した『ガシャポン』自販機の『GASHAPON ODYSSEY(ガシャポンオデッセイ)』を開発。

3月28日から2023年2月28日までの期間限定予定で、「ガシャポンのデパート」の2店舗(池袋総本店、キャナルシティ博多店)に1台ずつ設置する。

自販機の中でキャラクターが誕生していく様子を楽しめる

「未来のガシャポン自販機のコンセプトモデル」として開発された『GASHAPON ODYSSEY』は、高さ2.1メートル、幅2メートル、奥行き2.3メートルの巨大なガシャポン自販機で、正面から側面につながる約3.9平方メートルの大型LEDディスプレイにより、奥行きのある立体映像を楽しめる。

名称は「オデッセイ=長い冒険旅行」に由来し、次の50年、100年も「ワクワク」を届ける「冒険旅行」を意味している。

そこから本体デザインは「宇宙を旅するスペースシップ」をコンセプトに採用。ハンドルを船のかじをイメージしたデザインにしている。

コイン投入口にコインを入れると、画面に奥行きのある近未来的な研究室が映し出され、付属の大型ハンドルを回すことで画面の中にキャラクターが誕生し、その後でそのキャラクターがカプセルに入った状態で商品搬出口から出てくる仕組み。

構想自体は2018年頃から立ち上がり、2021年3月に本格的な開発がスタート。『ガシャポン』45周年という節目に作る『ガシャポン』自販機として、「大型LEDディスプレイを利用した立体映像とガシャポン自販機を融合させる」というアイデアを実現した。

ピラミッドフィルムクアドラ社と共同開発を行い、プロジェクト全体として1億円以上の製作費をかけているという。

本体に取り付けられた大型LEDディスプレイは、縦1.08メートル、横3.6メートル、面積約3.9平方メートルのサイズで135 枚のLEDパネルで構成。大きく湾曲していることで視差効果によって映像が立体的に見えるようになっている。自販機の中でキャラクターが誕生していく様子が映し出されるなど、奥行きと立体感のある映像を楽しみながら『ガシャポン』の「ワクワク・ドキドキ」を感じることができる。

大きな円形のハンドルをかじを切るように回転させることで、映像が先に進む仕組みになっており、自らの手で映像を操っているかのような体験を得られる。

自らの手でキャラクターを生み出し、そのキャラクターが立体フィギュアになって搬出

内部には複数の『ガシャポン』自販機が内蔵されており、映像とリンクした商品が搬出される仕組み。大型LEDディスプレイ内に広がる空間の中で自らの手でキャラクターを生み出し、そのキャラクターが立体フィギュアになって手元に搬出されるという、同社が説明する「お客さまご自身で商品を誕生させる」体験を実現している。

『GASHAPON ODYSSEY』のオリジナル商品『MATERIALS of the EARTH(マテリアルズ・オブ・ジ・アース)』(1回1000円(税込み)/全5種)を4月28日から発売する予定だ。

地球を構成する5つの要素「火・水・空・風・地」をイメージした精霊のフィギュアで、キャラクターデザイナーの吉井宏氏がデザインを手掛けている。吉井宏氏は、広告や出版向けのイラスト、企業向けマスコットやアニメーションのキャラクターデザインのほか、多数のオリジナルキャラクターを制作。代表作にNTTドコモ「ひつじのしつじくん」、ショップジャパン「WOWくん」、スワロフスキー「HOOT,THE OWL」シリーズなどがある。

『MATERIALS of the EARTH』は、デザイン当初から立体化を意識した3Dデザインを行うことで、映像の中のキャラクターと実際に搬出されるフィギュアの統一感を強めてある。

それぞれのキャラクター(FIRE、WATER、SPACE、AIR、EARTHの5種類)には性格や特徴があり、『GASHAPON ODYSSEY」のハンドルでランダムに現れる要素を混ぜ合わせることで誕生する。フィギュアの造形や彩色もこだわりを追求し、クオリティの高い商品になっている。

https://gashapon.jp/news/gashapon_odyssey/

構成/KUMU

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。