小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これなら落とさない!失くさない!フィルターとレンズが一体した超便利なiPhoneケース「Supwell」

2022.03.31PR

スマホカメラレンズの能力を向上させ、ハイクオリティでプロフェッショナルかつナイスな映像を撮影するのにもはや必須である「クリップ式外付けレンズ」。

今では様々な種類のものが売られておりますが……。

・持ち歩くのが面倒!
・落としやすい!
・なくしやすい!
・着脱に時間がかかる!
・外付けレンズを着用するための服がない!

……と途方に暮れてしまう人が続出することはよく知られているところです。

お役立ちガジェット全盛のこの時代、スマホ用の外付けレンズをなくさずにすむ商品は存在しないのでしょうか?

インターネットで探してみたところ、クラウドファンディグサイト「GREEN FUNDING」にて出品を開始したSUNONEより、もう落としてなくさない! 一瞬で交換完了! CPLフィルター&レンズ一体型iPhoneケース「Supwell」を大発見いたしました!

そこでこのたび、さっそく入手して使ってみることに致しました!

「Supwell」を試用してみました!

もうレンズを落としてなくさない! レンズ一体型iPhoneケース「Supwell」の開梱の儀です。

化粧箱はスマホケースより一回り大きいサイズ。

今回は筆者所有のiPhone 12 Pro用のケースを試用することとしました。箱の裏面にはそれぞれのバージョン用のケースの絵が書いているのでわかりやすいですね!

間違った機種のケースを購入すると、装着できないので要注意です。

ケース材質はアルミニウム合金+プラスチックとのことなので、もう少しズッシリ重いのかな、と思ったのですけど、小型軽量でした。

恐らく、レンズの枠だけがアルミニウム合金なんでしょうね。触感的には一般的なスマホ用プラスチックケースです。

レンズの部分はスライド式。ちょうどiPhoneのカメラの位置に合うように設計されています。

フタをカパッと開くとフィルターとレンズ一式が現れました。ケースの背面に4種類のレンズとCPLフィルターを搭載しているのが大きな特徴です。

内蔵されているレンズやフィルターは以下の通りです。

・10倍マイクロレンズ
・180°魚眼レンズ
・20倍マイクロレンズ
・2倍望遠レンズ
・CPLフィルター

iPhone 12 Pro専用ケースにiPhone12 Proがピッタリはまりました。特にキツいこともなく、すんなりはまります。瞬時に脱着が可能です。

レンズはスライドして移動します。それぼど力はいらないので、調子に乗って押し込みすぎると「スッポン!」……と外れて飛んで出ていってしまい行方不明になってしまうこともありえるので、注意しましょう。

手に持った時のフィット感はとても良いです。「なんなんだこの肌に吸い付くようなフィット感は……」

レンズ部分をスライドするだけで、魚眼レンズ撮影もマクロ撮影も思いのまま! これはベンリですね!

にもかかわらず、「Supwell」使用のための特別なアプリを入れる必要や、別途消費電力がかかることもありません。

さすがにカメラを起動するためのスマホの消費電力はこれまで通りかかるかもしれませんが。

様々な美しい映像の撮影が、このケース一つあれば実現可能。

言い忘れましたが、このレンズ一体型iPhoneケースはようするに、

・照準合わせが不要!
・レンズカバー付きでポケットの中でも傷つかない!
・弾力性あり!
・スムースに脱着可能!
・iPhone 11〜13の全シリーズ専用仕様!
・スマホケースを買う為の服が見つかる(かもしれない)!

と言った耳寄り情報もあるので見逃せません。いますぐ参考サイトをチェック!

筆者「このレンズ一体型iPhoneケース欲し~い! 買ってイイ?」

奥さん「駄目です」

……いつものスティンク・フェイスで、レンズと一体化させられました。

参考サイト(GREEN FUNDING)

※詳しいスペックや機能などはコチラをご参照ください。
https://greenfunding.jp/sunone/projects/5796

「Supwell」を使いたい場合はiPhoneを先に入手してからにしてくださいね! あとケースの型番を間違えないように注意!

【FURUやんの本音ジャッジ】
レンズの種類の多さ ★★★★★
デザイン      ★★★★
エコロジー度    ★★★★★
衝撃吸収度     ★★★★
しおらしさ     ★★★★★

※クラウドファンディングには、立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクもまれにあります。出資にあたっては、ご自身でご判断頂きますようお願いいたします。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、自称漫画家 兼 実質ライター。 電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中!→https://amzn.to/2XxEJQS
YouTubeチャンネル開設中→https://www.youtube.com/user/furucyan/videos?sub_confirmation=1
記事の内容について(おことわり)→https://tinyurl.com/2nvk2j4w

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。