Men’s Beauty

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

なめらか肌を手に入れる男の洗顔きほんのき

2016.12.06

洗顔には、単に顔の汚れを落とすだけでなく、最も身近でベーシックなスキンケアという側面がある。そんな洗顔について正しいやり方とテクニックをおさらいしていこう。

 

Check1 クリーミーな泡で洗う

 

MB60A-009

 

皮脂や毛穴の汚れはこすって「落とす」のでなく、洗顔料の泡で「絡めとる」のが基本。そのためにもツノが立つぐらいクリーミーな泡で洗いたい。

泡立てネットを使えば超カンタン

 

MB60A-008

 

とはいえ、泡を上手に作るのは意外と難しい。そこで活用したいのが泡立てネット。ネットに洗顔料と適量の水を加え、両手で揉むようにするだけで簡単に泡を作ることができる。

 

NG! 少ない泡で洗う

 

MB60A-006

 

泡が少ないと洗顔成分が毛穴の奥まで届かないうえ、手と顔の皮膚に摩擦が生じてしまい、肌ストレスを起こす恐れがある。

 

Check2 ヘアバンドで髪を留める

 

MB60A-001

 

前髪が気になると、生え際周辺までしっかり洗うことができない。できればヘアバンドを使いたい。

 

Check3 スタートはTゾーンから

 

MB60A-011

 

まずは額から鼻にかけての、いわゆるTゾーンから。ここは顔でも最も皮脂が多い部位だけに、たっぷりの泡でしっかり洗おう。

 

Check4 続いて頬と口元に移動

 

MB60A-012

 

手は上下ではなく、緩やかな円を描きながら、頬の凹凸に沿わせるように動かしていく。小鼻の周囲や鼻の下など洗い残しに注意しよう。

 

NG! 上下にゴシゴシする

 

MB60A-013

 

上下に動かすと、鼻や目の周囲で洗い残しが生まれやすい。また摩擦も生じて、肌への負担となるため、顔の凹凸に沿った円運動を心がけよう。

 

Check5 デリケートな目元は最後にやさしく

 

MB60A-014

 

目の周囲は皮膚が薄く、毛細血管も走るデリケートなエリア。それだけに「洗う」というより、やさしく「マッサージする」感覚で。

 

Check6 すすぎも念入りに

 

MB60A-003

 

洗顔料はアゴ先や髪の生え際などに残りがち。これが過剰な刺激となり、肌トラブルを起こす場合もある。顔全体を最低でも10回はすすぐこと。

 

Check7 タオルドライもソフトに

 

MB60A-004

 

どんなに丁寧に洗っても、最後にタオルでゴシゴシこすっては、せっかくの洗顔も台なしに。タオルはやさしく肌に当てて包み込むように水分を拭き取ろう。

 

POINT 肌に剤が残っていないか確認

 

MB60A-005

 

肌トラブルを避けるため、前髪部分を中心に洗い残しやすすぎ漏れがないかチェックしよう。気になる部位は指で軽く触れて確認したい。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。