小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

どんなクルマに仕上がるのか?トヨタのBEV「bZ4X」プロトタイプ試乗レポート

2022.03.27

■連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 2022年年央に発売が予定されているトヨタ初の本格的EV(電気自動車)「bZ4X」のプロトタイプに袖ヶ浦レースウェイのコース上で短時間試乗することができた。「bZ4X」は、トヨタがスバルと共同開発したEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を用いて開発されたEVだ。

 バッテリーを床下に配置し、前後1基(出力109ps)ずつ2基のモーター(出力218ps)を搭載し4輪を駆動する4WD版と、1基のモーター(出力204ps)で前輪を駆動する2WD版の2車種が用意されている。EVで気になる満充電あたりの航続距離は、4WD版が約460km、2WD版が約530km。都市部在住で、自宅や職場で夜間に充電できるならば十分な距離だろう。

 高速道路のサービスエリアやディーラー、商業施設などの外出先での充電に関しても、国内ではまだ数が少ないが今後の普及が求められている150kw級の急速充電にも対応が可能だ。

機械として優れているか? ★★★★ 4.0(★5つが満点)

 ボディーサイズは、同じトヨタの「RAV4」より95mm長く、全高は60mm低い。全幅は20mm広いが、ホイールベールが160mm長い。車内のサイズは、前席と後席のヒール段差が「RAV4」よりそれぞれ55mmと40mm減じられているのは、フラットなフロアによるEV専用プラットフォームの恩恵だ。加えて前後シートの間隔も55mm伸ばされて広くなっている。

 4WD版と2WD版をそれぞれ3ラップずつ走らせて印象に残っているのは、4WD版の安定感の高さと加速の上質感。2WD版の加速の軽快感だった。4輪で駆動するか、2輪で駆動するかの違いはコースでも感じることができた。回生ブレーキや、今まではスバル各車に装備されていた走行モード「Xモード」などは試すことができなかった。

商品として魅力的か? ★★★ 3.0(★5つが満点)

「bZ4X」には、内装の新機軸が折り込まれている。最初に眼に付くのは「トップマウントメーター」と呼ばれるメーターパネルで、ハンドルのずっと奥に位置している。開発者によれば、ドライバーの視点を遠方かつ上方にメーターパネルを設置させることによって、運転中の視線移動量を軽減させ、運転への集中しやすさと先進感を表現したものだという。

 狙いは理解できるのだけれども、遠くなった分だけそれぞれの表示が小さくなり、見えにくくなってしまっている。同じようなメーターパネルにプジョー各車やアウディ「e-tron GT」のものなどがあるが、どちらも円形のステアリングホイールの円の上縁の一部分を切り取った形状にしていて、どうせならば「bZ4X」も異形のステアリングホイールを採用して徹底すれば良かったのではないか。

 また、メーターパネル自体はフルデジタルパネルによる表示だが、用途によって切り替えることができない。2022年に発表されるクルマ(それもEV!)としては古すぎるのではないか。他のトヨタやレクサス各車などのメーターパネルは切り替えられて、用途に応じた的確な大きさの表示を行なっているのだ。ACCなどの運転支援機能をONにしてみても、画面上には自車を表すアイコンが小さなままなのは見にくく、とても使いにくい。

 その一方で「bZ4X」には、トヨタの継続的な開発が実を結んでいる機能もある。オプションのソーラー充電システムだ。屋根に装備されたソーラーパネルで、駐車中には駆動用バッテリーを充電し、走行中にも12Vバッテリーに充電し、駆動用バッテリーの消費を軽減することができる。「プリウスPHV」のオプションとして2世代にわたり開発が続けられ、性能を向上させて「bZ4X」に設定された。
 
 太陽光エネルギーで充電するわけだから、ランニングコストはゼロ。メインテナンスフリー。充電設備のないどんな場所でも、日照さえあれば充電可能。災害などの停電時でも電源確保が可能と、いいこと尽くめだ。

 どれくらいの充電性能があるかというと、名古屋市の日照データを元にしたシミュレーション値によると1年間で1750km相当を走行できる。もし年間1750km以下しか走行しないというドライバーだったら、理論上、コンセントにプラグを差し込む充電は不要となる。それは極端な例としても、ソーラーパネルによる充電は、完全なグリーンエネルギーによって走行エネルギーを自給自足できるわけだから、さらなる性能向上を期待すると夢が広がっていく。

 EVに限らず、最近のクルマは高機能&多機能化が著しいが、その反面、独自の機能や方法を持つクルマが少なくなっている。そんな時代にあっても、このソーラー充電システムは「bZ4X」の独自の個性になっている。今後も開発を続け、大切に育成してほしい。

「bZ4X」のプロトタイプコースを走って感じられた第一印象は良好だった。EVとして堅実にまとめられているが“EVという商品の新しさ”の魅力をもっと打ち出しても良かったと思った。パワートレインがエンジンからモーターに変わった以上の、存在としての新しさが表現されているEVを期待したい。

■関連情報
https://toyota.jp/info/bz4x/new/

文/金子浩久(モータージャーナリスト)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。