PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

猫好きなら行ってみたい全国の猫スポット5選

2022.03.28

旅行情報誌『じゃらん』の「猫が好きですか?」というインターネット調査によると約75%が「好き」と回答するなど、いまや多くの人を魅了する存在となった猫。近年では、そんな猫にまつわるスポットが全国各地にたくさんある。『じゃらん』では、そんな猫スポットから「一度は行ってほしい猫スポット」として5つの場所をピックアップして紹介。季節を問わず楽しめるので、いつかのおでかけの参考に活用してほしい。

「免の石」(熊本県南阿蘇村)

岩壁の割れ目が猫のシルエットに見える、猫好き大注目のパワースポット。”落ちない石”といわれ、宙に浮いたように崖の間に挟まっていた大きな岩「免の石」が、2016年の熊本地震の時に落ちたことにより、まるで首の鈴がとれたような猫が出現した不思議なスポット。人気のガイド付きのトレッキングツアー(3日前まで要予約)もある。

「ねこの博物館」(静岡県伊東市)

世界の珍しい猫など約20種類、40匹と触れ合うことができる世界で唯一といわれる「ねこの博物館」。絶滅したネコ科の動物や野生の猫に関する情報や標本だけでなく、猫をモチーフにした人形や絵画なども展示。猫と触れ合いながら奥深い世界を体感できる猫好きにはたまらない施設。

「招き猫ミュージアム」(愛知県瀬戸市)

数多くの招き猫コレクションを展示する招き猫ミュージアム。館の前で出迎えてくれる巨大涅槃猫(ねはんねこ)も招き猫! レトロモダンな館内には、素材やデザインもさまざまな数千点のコレクションが展示され、建物の細部や思わぬところに施されている猫のデザインも見どころ。自分だけのオリジナル招き猫が作れる染付体験もオススメ。

「御誕生寺(ごたんじょうじ)」(福井県越前市)

長年、行き場のない猫たちの保護活動をしていることから“猫寺”として親しまれている「御誕生寺」は猫の遭遇スポット。境内では、自由気ままに過ごす猫たちの様子を愛でることができる。猫好きなら入手したい猫柄の御朱印帳や2019年末に本堂前に設置された全長7メートルの石仏に彫られた2匹の猫もお見逃しなく!

「猫の細道」(広島県尾道市)

猫の細道は、艮(うしとら)神社の東側から天寧寺三重塔にかけて約200メートル続く石段の細い路地。尾道在住の招福絵師、園山春ニさんが描いた大小さまざまな「福石猫」が多数あり、探しながら散策するのも楽しい。本物の猫に遭遇することも多く、ゆっくり近づけば一緒に写真が撮れるかもしれない。近くにある空き家を再生して作られた「招き猫美術館」もある。

「じゃらん 一度は行ってみたい猫スポット」

※紹介している内容は2022年2月9日時点の情報です。おでかけの際には、自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。また新型コロナウイルス感染症の拡大の防止に十分ご配慮いただくようお願いいたします。

【調査概要】
インターネット調査
調査時期:2022年1月18日~1月24日。
調査対象:全国在住20代~50代
有効回答数:1528名/単一回答

構成/KUMU

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。