小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

肺活量や肺機能を強化!毎日5~10分のトレーニングで呼吸筋を鍛えるトレーニングデバイス「エアロフィット・プロ」

2022.03.26

個人のレベルに合わせて負荷を調整することができる

アオイロは、デンマーク生まれのスマート呼吸筋トレーナー「エアロフィット・プロ」のプロジェクトをクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて開始した。

「エアロフィット」は、「運動をしていて筋肉の限界よりも先に肺機能に限界を感じる」「最近階段を登ったり、少し走ったりすると息切れがする」「ジムではなかなか鍛えられない肺活量をもっと効率よく鍛えたい」など、パフォーマンスを上げたい、コンディションを整えたいと願う人のために開発された手のひらサイズのスマート呼吸筋トレーナー。

本体のマウスピース部分を口にくわえて、息を吐いたり吸ったりすることで、呼吸筋を鍛えることができるというもので、5〜10分のトレーニングを毎日続けることで、肺活量を向上させ、スポーツのパフォーマンスだけでなく、生活の質を高めることも期待できるという。

吸気(IN)側にはAからF、呼気(OUT)側には1から6の各6段階の抵抗ホイールを備えているので、個人のレベルに合わせて、筋トレの際にダンベルの重さを変えるように、負荷を調整することができる点が特徴だ。

専用アプリとの連携で肺活量や肺機能の変化を確認

また、専用アプリと連携することで、肺活量や肺機能の変化を確認することが可能。アプリが、呼吸筋トレーニングを開始するとき、そして毎週1回、肺活量と呼気吸気力を測るおよそ10秒程度の肺機能測定テストの実行を要求するので、成長の度合いを可視化することができるのだ。

さらに、アプリでは、呼吸のエキスパートと協力し、開発したという17種類のユニークな呼吸トレーニングセッションを利用することが可能なうえ、測定結果、年齢、サイズ、性別を考慮し各トレーニングセッションを最適に調整したパーソナライズされたトレーニングプログラムも提供。

リアルタイムで息を吸う・吐く・止めるタイミングをガイダンスしてくれるうえ、トレーニングセッションごとにインストラクション動画も用意されているので、スムーズに正しくエクササイズすることができる。

なお、専用アプリは日本での出荷開始時には日本語に対応する予定とのことだ。

本体のマウスピースはエアロフィット用に専用設計されたもので、歯で固定できるので、両手を空けた状態でトレーニングすることが可能。

素材には食品容器にも使われているTPE(熱可塑性エラストマー)を採用。手入れは、毎回、使用後にぬるま湯ですすいだうえで、週に一回食器用洗剤で洗えばOKだ。

バッテリー容量は25mAhで、駆動時間は10時間。本体サイズは幅77×長さ70×厚さ27mm、重量は約45g。

プロジェクトは6月13日までで、3月23日現在、38,492円~支援受付中。配送は7月上旬の予定。

製品情報
https://greenfunding.jp/lab/projects/5788

構成/立原尚子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。