小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1990年代以降のモデルを15台集めたドイツ在住OPELマニアのコレクション拝見

2022.05.31

ウルフ・シュピラーさんウルフ・シュピラーさん

オペルとともに成長し、OPELの魅力に取り憑かれた、ドイツ・マインツ在住のOPEL・コレクターを訪問。あふれ出る〝OPEL愛〟は、彼の仕事にまで及んでいた。

ウルフ・シュピラーさんProfile

1972年生まれのウルフ・シュピラーさんは、自身もリュッセルスハイムで用品開発を行なうオペルの社員。あまりに知識が豊富なので、同僚からも「オペル博士」と呼ばれるほどのOPEL・マニアだ。運転も好きで、これまでにニュルブルクリンク・ノルトシュライフェを2000ラップ以上走行しているという。膨大な数のスニーカーも集めている。

OPELマニア

父親からオペル好きのDNAを受け継いだ男

 リュッセルスハイム近郊の街、マインツ在住のウルフ・シュピラーさんは、歴代オペルのコレクターとして有名な存在。なぜなら自身がオペルの社員でありながら、プライベートでオペルをコレクションしているからだ。

 1972年生まれで現在49歳のシュピラーさんは、オペル・ディーラーで働く父親の影響で幼少期からオペルとともに育った。小学校の入学式前日、父親が試乗車の『MONZA』に乗って帰ってきた時に、あまりのカッコよさに大興奮したのを覚えているという。それほどオペルにのめり込んでいた。

 初めてのマイカーは18歳の時に母親からもらった『KADETT C』。その後、1993年に中古の『CORSA』に買い替える。01年に友人から『KADETT E GSI』のカブリオレを譲り受け、初めて2台持ちとなる。02年には『ASTRA G OPC』を新車で購入。その後は売ると後悔するため、できるだけ売らないようになり、気がつけばコレクターに。

 その間、マインツ大学で経営学を学ぶ傍らオペルのディーラーで働き、2000年にオペルに入社。商用モデルの製品マネージャーや、国際マーケティングチームのアクセサリー担当製品マネージャーなどを務め、現在はオペルの純正用品を開発している。1年中オペルのことだけを考える仕事に就いているのは、まさに「夢がかなった気分」だという。

 コレクションは年々増え続け、シュピラーさんは現在、90年代以降の『CORSA』や『ASTRA』『KADETT』『SENATOR』『VECTRA』『OMEGA』など、計15台を所有している。ハイパフォーマンス・バージョンであるOPC(オペル・パフォーマンス・センター)モデルも3台ある。

 特筆すべきは『OMEGA』で、セダン4台とステーションワゴン2台の計6台もある。うち2台は、ニコ・コヴァチ元監督が現役時代に、また〝皇帝〟フランツ・ベッケンバウアー名誉会長が監督時代に、FCバイエルン・ミュンヘンで使用していた車両そのものだというから驚きだ。

 現在は長年憧れている『MONZA』とロータス『OMEGA』を探しているというシュピラーさん。いつかプライベートミュージアムを建てるかもしれない。

ウルフ・シュピラーさんウルフ・シュピラーさんウルフ・シュピラーさん

シュピラーさんのコレクションは、自宅周辺のガレージで保管されている。上は白いクルマが92年型『ASTRA F』のGSi 16Vで、ブルーのクルマは02年型『ASTRA G』のOPC II。中段は今やドイツでもかなり珍しい90年型『SENATOR B』3.0i。普段は11年型の『CORSA D』OPCニュルブルクリンク・エディションを足に使っている。

KADETT C

シュピラーさんが90年に母親から譲り受けた、アンバーゴールドメタリックの『KADETT C』。その後売ってしまい、今は後悔しているという。

KADETT C

小学校の入学直前の78年8月に、自宅前に並ぶ母親の『KADETT C』と父親が乗ってきた『MONZA』。『MONZA』は今でも憧れの1台だそうだ。

生来のOPEL好きが高じて趣味を仕事にすることに成功!

20年以上OPELに勤めるシュピラーさんは、アクセサリー担当製品マネージャーとして、純正用品の開発を行なっている。すべてのニューモデルに携わることができ、フルスケールのクレイモデルも見られる、「まさに夢のような仕事!」だそうだ。

生来のOPEL好きが高じて趣味を仕事にすることに成功!

取材・文/竹花寿実 撮影/吉田タイスケ

160年の歴史を持つオペルのすべてがわかるブランドMOOK「&OPEL 未来を創るクルマ。」発売中

 1862年の誕生以来、不断の進化によっていつの時代も時代も最先端のポップカルチャーであり続けたOPEL。そのブランドDNAとその魅力を、チーフデザイナーへのインタビューや歴史的名車の検証などをもとに解き明かすムック本「&OPEL」が発売されました。

 ドイツの自動車メーカーOPELは、160年の歴史を持つ老舗ブランドです。日本との縁も深く、戦前から輸入され、2006年までは日本国内でも販売されていたので、ご存じ方はもちろん、実際に乗った/所有したことがある方も多いのではないでしょうか。

 そして今、OPELが再び、日本に上陸するといわれています。今度、日本にやって来るOPELは、私たちがしばらく見ないうちに、すばらしくモダンで、ポップな佇まいに変身していました。ドイツ車としての信頼感と堅実さはそのままに、ガジェット感あふれるデザインやカラーリングからは、「どんな人生を愉しみたい?」と、クルマが語りかけてくるようです。そんな、ニュー・ジャーマン・カーで実現するライフスタイルのテーマは「リラックス」。

 本書では、暮らしをアップデートするモダンジャーマンなクルマづくりの魅力を、160年の歴史とともに余すところなく、紹介します。

160年の歴史を持つオペルのすべてがわかるブランド大図鑑

『&OPEL(アンドオペル) 未来を創るクルマ。』

定価1650円(税込)A4変形判/132ページ

小学館刊

https://www.shogakukan.co.jp/books/09104254

■本書のコンテンツ紹介

PART 1  OPELが提案するRELAX LIFE

●人気モデル「CORSA」「MOKKA」「GRANDLAND」徹底解剖!

PART 2 PopFuture OPELの秘密

  • チーフデザイナー・Mark Adams インタビュー
  • ファッションデザイナー・Marcel Ostertag インタビュー
  • 「ASTRA」「MANTA」「COMBO LIFE」最新モデルの魅力
  • OPELと相性抜群のライフスタイル名品セレクション

PART3  Just like an OPEL

  • 注目のクリエイターが語るNEW OPELの魅力
  • アンバサダーを務めるリバプールFC監督・ユルゲン・クロップ氏とOPEL

PART 4   ドイツから特報!元気なOPEL

  • MOKKA」「CORSA-e」「GRANDLAND」現地試乗レポート詳報
  • オペルCEO Uwe Hochgeschurtz氏インタビュー

PART 5   Republish of Historic car impression

革新的な挑戦を続けてきた自動車ブランドOPELの歴史

  • 老舗自動車専門誌の編集者が語るOPELの魅力
  • OPEL in Motorsports
  • CORSA」「ASTRA/KADETT」「VECTRA」「OMEGA」「SPEEDSTER」「GT」「MANTA」「CALIBRA」「ZAFIRA

PART6 「OPEL」 Square

  • FUN collection
  • OPEL FUN in Japan
  • OPEL Engineering History
  • Logo transition of OPEL
  • OPELディーラーの斬新なCI

【オンライン書店で購入する】

Amazonで購入する

www.amazon.co.jp/dp/4091042546

楽天ブックスで購入する

https://books.rakuten.co.jp/rb/16892406/?l-id=search-c-item-text-02

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。