小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

歴代モデルで振り返るOPELを象徴するスペシャルティークーペ「MANTA」の魅力

2022.07.10

従来のアメリカナイズされたデザインから一転、『MANTA』(初代)は欧州市場の嗜好を汲み取ったプレーンなスタイリングをまとった。

MANTA マンタ

1970-1988

1960年代でフルラインメーカーとして成長を遂げたOPEL。その70年代はスペシャルティーカー『MANTA』の発表で幕を開けた。

さらなる発展に向けてのラインアップ再編

 オペルはひとつのプラットフォームから様々なバリエーションを造り出すという手法で、ラインアップの拡充を図ってきた。その結果、1960年代はベーシックからアッパークラスまでをカバーする豊富なモデルを取り揃えるに至ったが、さらなる成長を遂げるべく、ラインアップの再編に乗り出した。その中で『KADETT』と『REKORD』の間を埋めるスペシャルティーモデルとして生み出されたのが『MANTA』である。

 このモデルの役割はそれだけにとどまらず、当時、ヨーロッパで幅を効かせていたドイツ・フォードのスペシャルティークーペ『CAPLI』の対抗馬としての活躍が期待されていたのである。

 エクステリアデザインを手がけたのは、アメリカ人デザイナーのチャック・ジョーダン。チーフの彼は、ヨーロッパ市場の嗜好を加味したシンプルかつプレーンな面構成の、存在感のあるスタイリングを『MANTA』に与えた。

 FRの駆動方式を採るスペシャルティークーペのパワーユニットには『KADETT』『REKORD』用の1.6Lをベースとした68PSと80PS仕様のほか、90PSの1.9L直列4気筒を設定。のちに、1.2Lの廉価版やインジェクション仕様の高性能版1.9Lを追加するなど、着々とバリエーションを広げていった。

ラリーシーンにも広がる活躍の場

 2代目『MANTA』は1975年のフランクフルトモーターショーでデビュー。FRの基本構成やスペシャルティークーペという立ち位置はそのままに、ボディーをひとまわり拡大しつつエッジを効かせた好戦的なスタイリングへと生まれ変わった。先代の基本形式を継承した足回りに改良を加えて乗り心地を向上、ルーフ部分にはロールバーを組み込んで安全性を高めるなどの熟成を図った。加えて77年にはボディー後半部分にハッチゲートを備えて実用性を高めたファーストバックスタイルの『CC』(コンビ・クーペ)を追加。この登場と同時期に1.9Lが2Lに拡大されたほか、79年には廉価版も1.3Lへ置き換わっている。

 また1981年には世界ラリー選手権のホモロゲーション取得用モデル『MANTA 400』を設定。イギリスのコスワース社がチューニングを施した2.4Lのユニットは340PSを発生するに至った。実戦への投入は83年からとなり、アリ・バタネンやヘンリ・トイボネン、ジミー・マクレーといった名手のドライブにより、同年のアクロポリスやサンレモ、イギリス(RAC)ラリーで上位に食い込むなどの活躍を見せた。

 そんなスポーティーなイメージにも後押しされた『MANTA』は、88年までの長きにわたって愛され続けるモデルとなった。

MANTA

新たなスペシャルティークーペのデザインには、チャック・ジョーダンをチーフに、日本人デザイナーの児玉英雄氏も参画した。グレード展開はノーマル/L(デラックス仕様)/SRの3タイプを用意。SRグレード(左写真グリーンのモデル)はボンネットがマットブラックに塗られる。

MANTAMANTA

サイズ的に見れば『ASCONA』のクーペ版とも言える『MANTA』は、スタイリッシュなデザインで存在感を主張。

MANTA

2代目『MANTA』はボディーサイズが拡大され、細い前後ピラーやエッジの立ったプレスラインなどが与えられ、印象が大きく変わった。

MANTAMANTA

1977年にラインアップに加わった『CC』(コンビ・クーペ)は、当時流行だったファーストバックスタイルを採用。リアのオーバーハングを短縮し、ハッチゲートを備えて実用性を高めた。

MANTAMANTAMANTA

FWD化された『ASCONA』に代わって世界ラリー選手権参戦用のベース車両となったのが『MANTA 400』だ。エンジンはそれまでの2.4L直列4気筒にDOHC16バルブヘッドとインジェクションを採用。最高出力は144PSを発生する。空力特性に優れたボディーとの組み合わせにより、最高速は210km/hにまで高まった。

取材・文/桐畑恒治

160年の歴史を持つオペルのすべてがわかるブランドMOOK「&OPEL 未来を創るクルマ。」発売中

 1862年の誕生以来、不断の進化によっていつの時代も時代も最先端のポップカルチャーであり続けたOPEL。そのブランドDNAとその魅力を、チーフデザイナーへのインタビューや歴史的名車の検証などをもとに解き明かすムック本「&OPEL」が発売されました。

 ドイツの自動車メーカーOPELは、160年の歴史を持つ老舗ブランドです。日本との縁も深く、戦前から輸入され、2006年までは日本国内でも販売されていたので、ご存じ方はもちろん、実際に乗った/所有したことがある方も多いのではないでしょうか。

 そして今、OPELが再び、日本に上陸するといわれています。今度、日本にやって来るOPELは、私たちがしばらく見ないうちに、すばらしくモダンで、ポップな佇まいに変身していました。ドイツ車としての信頼感と堅実さはそのままに、ガジェット感あふれるデザインやカラーリングからは、「どんな人生を愉しみたい?」と、クルマが語りかけてくるようです。そんな、ニュー・ジャーマン・カーで実現するライフスタイルのテーマは「リラックス」。

 本書では、暮らしをアップデートするモダンジャーマンなクルマづくりの魅力を、160年の歴史とともに余すところなく、紹介します。

160年の歴史を持つオペルのすべてがわかるブランド大図鑑

『&OPEL(アンドオペル) 未来を創るクルマ。』

定価1650円(税込)A4変形判/132ページ

小学館刊

https://www.shogakukan.co.jp/books/09104254

■本書のコンテンツ紹介

PART 1  OPELが提案するRELAX LIFE

●人気モデル「CORSA」「MOKKA」「GRANDLAND」徹底解剖!

PART 2 PopFuture OPELの秘密

  • チーフデザイナー・Mark Adams インタビュー
  • ファッションデザイナー・Marcel Ostertag インタビュー
  • 「ASTRA」「MANTA」「COMBO LIFE」最新モデルの魅力
  • OPELと相性抜群のライフスタイル名品セレクション

PART3  Just like an OPEL

  • 注目のクリエイターが語るNEW OPELの魅力
  • アンバサダーを務めるリバプールFC監督・ユルゲン・クロップ氏とOPEL

PART 4   ドイツから特報!元気なOPEL

  • MOKKA」「CORSA-e」「GRANDLAND」現地試乗レポート詳報
  • オペルCEO Uwe Hochgeschurtz氏インタビュー

PART 5   Republish of Historic car impression

革新的な挑戦を続けてきた自動車ブランドOPELの歴史

  • 老舗自動車専門誌の編集者が語るOPELの魅力
  • OPEL in Motorsports
  • CORSA」「ASTRA/KADETT」「VECTRA」「OMEGA」「SPEEDSTER」「GT」「MANTA」「CALIBRA」「ZAFIRA

PART6 「OPEL」 Square

  • FUN collection
  • OPEL FUN in Japan
  • OPEL Engineering History
  • Logo transition of OPEL
  • OPELディーラーの斬新なCI

【オンライン書店で購入する】

Amazonで購入する

www.amazon.co.jp/dp/4091042546

楽天ブックスで購入する

https://books.rakuten.co.jp/rb/16892406/?l-id=search-c-item-text-02


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。