小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界のEVラリーを盛り上げるOPELのコンパクトEV「CORSA-e」

2022.05.08

CORSA-eドイツの地方選手権「ラリー・ヒンターラント」は、フランクフルトから100kmほど北上したダウトフェタールという町で開催。グラベルとターマックが混在したステージは難易度高し!

モータースポーツも電動化の時代がすでにスタートしている。OPELが開催する「ADAC OPEL eラリーカップ」を観戦しに行った!

ADAC OPEL eラリーカップ

『CORSA-e Rally』のワンメイクで行なわれる世界初のEVラリーシリーズ。昨シーズンはドイツ国内6戦とチェコの1戦の計7戦で争われた。当初は2020年にスタート予定だったが、コロナ禍で1年延期された。昨シーズンは7戦中6戦で優勝したフランス人ドライバー、ローラン・ペリエがチャンピオンを獲得。2022年はドイツ国内4戦と、オランダおよびオーストリア各1戦の計6戦で争われる。

『CORSA-e Rally』が全開で爆走する姿は、一見の価値あり!

CORSA-e

 オペルはモータースポーツの世界でも、世界的な知名度を誇るブランドである。特に70〜80年代に参戦したWRCでは、1982年にワルター・ロールがドライブする『ASCONA 400』が総合優勝。欧州選手権でも計7回のチャンピオンを獲得するなど、輝かしい歴史を有する名門だ。

 そんなオペルがADAC(ドイツ自動車連盟)と共同で開催する、世界初の電気自動車によるラリー選手権が「ADACオペルeラリーカップ」。2021年はドイツ国内6戦とERC(ヨーロッパラリー選手権)チェコ戦のサポートイベントとして全7戦で争われたこのシリーズは、『CORSA-e』のラリー仕様『CORSA-e Rally』のワンメイクである。

 このラリーカーは、『CORSA-e』をベースに、ロールケージなどFIAのR規定に沿った安全装備を備えており、専用サスペンションを装備するためホイールベースが2㎜長い。バッテリーと電気モーターはベース車と同じだ。

 ヨーロッパ各国から若手ドライバーが参戦するこのシリーズ。取材で訪れたドイツの地方選手権「ラリー・ヒンターラント」には、11台がエントリーしていた。

 競技の合間に急速充電器で30分間の充電が必要であるため、ステージ数は少ないが、走りは迫力満点。特に加速がすさまじい。『CORSA-e』の高いポテンシャルや走りの楽しさが感じられる、非常におもしろいイベントだった。

 

ADAC OPEL eラリーカップ

「ADAC OPEL eラリーカップ」の参加者には、専用のホスピタリティーが用意され、ケータリングサービスも利用できる。

ADAC OPEL eラリーカップ

スタート前のサービスパーク。メカニックがマシンを入念にチェックする側で、ドライバーとコドライバーは戦略を練る。

ADAC OPEL eラリーカップ

サービスパークには移動式の急速充電器が用意される。ステージ間に行なわれる30分間の充電で約80%まで充電可能だ。

取材・文/竹花寿実 撮影/山本佳吾

160年の歴史を持つオペルのすべてがわかるブランドMOOK「&OPEL 未来を創るクルマ。」発売中

 1862年の誕生以来、不断の進化によっていつの時代も時代も最先端のポップカルチャーであり続けたOPEL。そのブランドDNAとその魅力を、チーフデザイナーへのインタビューや歴史的名車の検証などをもとに解き明かすムック本「&OPEL」が発売されました。

 ドイツの自動車メーカーOPELは、160年の歴史を持つ老舗ブランドです。日本との縁も深く、戦前から輸入され、2006年までは日本国内でも販売されていたので、ご存じ方はもちろん、実際に乗った/所有したことがある方も多いのではないでしょうか。

 そして今、OPELが再び、日本に上陸するといわれています。今度、日本にやって来るOPELは、私たちがしばらく見ないうちに、すばらしくモダンで、ポップな佇まいに変身していました。ドイツ車としての信頼感と堅実さはそのままに、ガジェット感あふれるデザインやカラーリングからは、「どんな人生を愉しみたい?」と、クルマが語りかけてくるようです。そんな、ニュー・ジャーマン・カーで実現するライフスタイルのテーマは「リラックス」。

 本書では、暮らしをアップデートするモダンジャーマンなクルマづくりの魅力を、160年の歴史とともに余すところなく、紹介します。

160年の歴史を持つオペルのすべてがわかるブランド大図鑑

『&OPEL(アンドオペル) 未来を創るクルマ。』

定価1650円(税込)A4変形判/132ページ

小学館刊

https://www.shogakukan.co.jp/books/09104254

■本書のコンテンツ紹介

PART 1  OPELが提案するRELAX LIFE

●人気モデル「CORSA」「MOKKA」「GRANDLAND」徹底解剖!

PART 2PopFuture OPELの秘密

  • チーフデザイナー・Mark Adams インタビュー
  • ファッションデザイナー・Marcel Ostertag インタビュー
  • 「ASTRA」「MANTA」「COMBO LIFE」最新モデルの魅力
  • OPELと相性抜群のライフスタイル名品セレクション

PART3 Just like an OPEL

  • 注目のクリエイターが語るNEW OPELの魅力
  • アンバサダーを務めるリバプールFC監督・ユルゲン・クロップ氏とOPEL

PART 4  ドイツから特報!元気なOPEL

  • MOKKA」「CORSA-e」「GRANDLAND」現地試乗レポート詳報
  • オペルCEO Uwe Hochgeschurtz氏インタビュー

PART 5   Republish of Historic car impression

革新的な挑戦を続けてきた自動車ブランドOPELの歴史

  • 老舗自動車専門誌の編集者が語るOPELの魅力
  • OPEL in Motorsports
  • CORSA」「ASTRA/KADETT」「VECTRA」「OMEGA」「SPEEDSTER」「GT」「MANTA」「CALIBRA」「ZAFIRA

PART6 「OPEL」 Square

  • FUN collection
  • OPEL FUN in Japan
  • OPEL Engineering History
  • Logo transition of OPEL
  • OPELディーラーの斬新なCI

【オンライン書店で購入する】

Amazonで購入する

www.amazon.co.jp/dp/4091042546

楽天ブックスで購入する

https://books.rakuten.co.jp/rb/16892406/?l-id=search-c-item-text-02

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。